ウナギの蒲焼を食べる日

ウナギ重 魚介・水産加工

しばらくうなぎの蒲焼(うな丼、うな重)を食べていないと、土用の丑の日には、ウナギを食べないと!となってしまう。

ウナギの蒲焼は、何かきっかけがないと、普段から普通に食べようとは思わない(懐の問題ではなくて)。栄養がある、美味しいとはわかっているのだが、普段から「今日はうな重」とはならない。

その場で焼くウナギの蒲焼、炭火焼、うなぎ専門店のウナ重、ウナ丼などは、ふっくら香ばしく、ジューシーで多くの人が好み、感動するものだ。

しかし、美味しいからと言って。毎日のように食べていたりすると飽きてくる。ステーキもそうだ。(私の現状は、ウナギを食べる頻度はやや多めだ。飽きない、ご馳走的なタイミングで食べているから良いのだろう。)高級と呼称される食事、レストラン、料理も同じだ。

ウナギは淡水魚だ。泥を吐かせて、さばき焼いて、タレをつけて、さらに焼いてなど、とても手間がかかっている。日本の自然がもっと豊かであれば、あちこちでウナギの養殖がされたり、うなぎ漁がさかんで、普段の食事にウナギが当たり前に出るようになるのかな。

しかし、よくよく考えてみれば、うなぎの蒲焼は、ウナギそのものの素材、手間、味の特徴からして、ウナギが日本全国で豆腐や納豆を食べる食習慣のようにはならないだろう。

日本国民には、ウナギの蒲焼を食べる日として、土用の丑の日というウナギを食べる日まで定められている。

たまには、うな重、うな丼。土用の丑の日やたまのご馳走に食べたくなる味。たまのご馳走として食べるから美味しくて好まれるのだ。

特大サイズ 国産 うなぎの蒲焼 約200g×1尾


鹿児島県産うなぎ特大サイズ 約200g×1尾
鹿児島県大隅半島産の安全養殖で育てられた純国産「無頭うなぎ蒲焼」の特大サイズ!

活きのいいウナギを厳選して、職人がさばいて炭火で白焼きにする。ふっくら蒸し上げて、秘伝のタレに漬けて焼き上げること4回。レシピ付きで特大ウナギがいろいろ楽しめる。

送料無料、12:00までの注文で最短翌日お届け。2尾以上の注文はギフト用の化粧箱で配送してくれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました