焼き鳥のタレというのは、ありがたい

子供の頃、照り焼きローストチキンなどはよく食べたものだ。今でもご馳走だが、このところ食卓にあげるのは唐揚げが多い。

唐揚げは飽きない甘さで、そのままでも醤油をつけてもうまいものだ。唐揚げと言えば、ローソンのからあげクンはロングセラーだ。10個くらい買って、全部1人で食べたことがある。学生の頃、チリソースをかけた唐揚げとご飯大盛りの弁当が安くて旨くて評判の店に通っていたことがある。一人暮らしをしている頃、出来たての弁当の店には、よく通っていた。

焼き鳥などは、ねぎまが一番好きだ。ねぎまとは、鶏肉とネギが交互に串に刺してある焼き鳥のことだ。塩とタレ、どちらも美味しい。鶏肉の旨味、ネギの旨味が味わえる。つくねの人気はポピュラーだが、わたしにとっては少し意外だ。確かに美味しいのだが、この意外さは、つくねは焼き鳥のジャンルに入るのか?というところから来るものではないかと気が付いた。鶏肉のレバーなどもとても美味しい。

タレの焼き鳥はうまいが、毎日のように何本も食べたり、普段からよくタレの焼き鳥を食べる機会があると、塩の焼き鳥の方が良くなるということがある。

塩で食べる焼き鳥は、シンプルな味で楽しめるから良いのだろう。また、焼き鳥に塩の味付けは自分でもできるから、焼き鳥に塩がしばらく続くと(塩で焼き鳥を食べていると)、タレで食べる焼き鳥がありがたくなってくる。

タレの焼き鳥は、自分ですぐに美味しく作ることはできないからだ。(焼き鳥のタレは売っているかもしれないが)照り焼きローストチキンのタレもそうだが、焼き鳥のタレを塗った焼き鳥は有難いものなのだ。

水郷どり 人気鶏肉料理のお試しセット 5品


噂のトリ逃がすなセット
千葉にある「水郷のとりやさん」から、こだわりの鶏肉「水郷どり(国産)」を使ったグルメ大賞2005受賞の人気鶏肉料理の美味しいセット。

創業80余年の伝統とこだわり!

  1. 本格派やきとり丼
  2. 特上ももやき鳥
  3. もも揚げ鶏のねぎソース
  4. 自然卵たっぷりの衣。むね肉の唐揚げ
  5. 昔ながらの蒸し釜で蒸した水郷どり特選もも蒸し焼き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加