高校野球から全国を知る。東海地方代表と地域について

岐阜県代表 瑞浪市 中京学院大中京

瑞浪市にまつわる中山道の宿場らしい囲炉裏

中京学院大中京は、決勝進出まで点差をつけて勝つことができていた。
大垣日大は、準々決勝は土岐商と接戦だったものの、決勝進出まで2019年夏の岐阜県大会優勝校らしい点差で勝ち上がった。中京学院大中京は、大垣日大との決勝戦を2点差で勝利する。

中京学院大中京のある瑞浪(みずなみ)市は、内陸にあり、ゴルフ場が14か所にある。

瑞浪市は、江戸時代は中山道の宿場だった。美濃焼、瑞浪市化石博物館、瑞浪市陶器資料館がある。

「モンドセレクション」3年連続受賞の岐阜鰻たむろ極

炭火で焼いた焼きたてのウナギを真空パック。モンドセレクション2016年度金賞、2017年度最高金賞、2018年度最高金賞、と3年連続でモンドセレクションを受賞した味・安全性を共に追求した岐阜ウナギ・たむろの「極」シリーズ。


【ふるさと納税】ご自宅用 蒲焼き 2尾  岐阜鰻 たむろ ”極”

静岡県代表 静岡市 静岡

静岡市にある景勝地、駿河湾と富士が見える日本平から、春の富士

静岡と駿河総合の決勝戦。駿河総合が先制して回は進むが、静岡が7回裏に3点を挙げ、2点差を逆転。駿河総合との接戦を制した。

静岡市は静岡県の県庁所在地だが、静岡県の最大の人口は浜松市だ。2003年に静岡市と清水市が合併した。

静岡市は、山に囲まれながら駿河湾に接している。富士山を望む静岡浅間神社、海の幸、静岡茶、わさび・わさび漬け、静岡おでんなどの名物がある。また、静岡市ではプラモデルやラジコンなどの玩具産業が盛んだ。

静岡県西伊豆町産の湧き水で育ったワサビ

わさび栽培発祥の地である静岡県の山間地の沢のわさび田から。豊富な湧水に肥料を極力使わずに、湧水に含まれる養分でわさびを栽培する伝統的栽培方法で育ったわさび。新鮮なうちにクール便にて出荷。


【ふるさと納税】伊豆のわさびセット

愛知県代表 小牧市 誉

小牧市のしだれ花桃

誉が甲子園初出場を決めた。決勝は桜ヶ丘との対戦だった。

桜ヶ丘は、決勝進出までの3試合を連続1点差で勝ち上がってきた。
誉は準決勝、中京大中京との試合を1点差で勝った。

決勝は大差で、誉が甲子園出場を決めた。

誉は小牧(こまき)市にある。小牧市は内陸に位置していて、名古屋市の北のほうにある。航空自衛隊小牧基地がある。寺社仏閣が約130、ほたるの里、メナード美術館がある。

愛知県碧南市から「旬の魚を酢で漬け込んで作った逸品」セット

旬の新鮮な原料を米酢を使った秘伝の甘酢で、丁寧に漬け込んだ品。新鮮な魚の良さが活きている。

「いわし酢〆 90g」「しめサバdeカルパッチョ 90g」「なますと食べる黒酢しめ金華さば 120g」「黄金にしん 90g」「お造りしめこはだ 70g」「酢の物三種盛 120g」「海鮮三種盛り 120g」各1パック
※水揚げの状況にて、一部の商品が変更する場合がある。


【ふるさと納税】酢〆専門店こだわりが詰った逸品セット

三重県代表 桑名市 津田学園

 桑名市の九華公園の灯と橋

津田学園と開成の両校は、余裕の点差で決勝まで勝ち上がってきた。決勝は2点差で津田学園が勝利した。
津田学園は、春の甲子園選抜大会に出場。春の東海大会に優勝している。強いまま甲子園に行く。

津田学園は、桑名(くわな)市に所在している。桑名市は三重県北部に位置していて、海を臨んでいる。六華苑、桑名の焼き蛤(はまぐり)など食文化がある。
お伊勢参りで有名な三重県のなかでも、見るべきものが多い市である。
伊勢湾に面していて、伊勢国への玄関口として「一の鳥居」(七里の渡)がある。

桑名市の木曽三川うなぎ3人前

三重県桑名市を流れる木曽三川(きそさんせん)、揖斐川と長良川と木曽川の清流(伏流水)でシラス(稚魚)からJAS認定養鰻場で育った「木曽三川うなぎ」の蒲焼の真空パック。


【ふるさと納税】木曽三川うなぎ3人前(各60g) きざみ蒲焼(60g)付

高校野球から全国を知る。
四国地方代表と地域について
徳島県代表 鳴門市 鳴門 2019年春の選抜甲子園大会に初出場、春の四国大会では準優勝を果たした富岡西が余裕の点差で勝ち上がって決...
九州地方代表と地域について
福岡県代表 太宰府市 筑陽学園 春の九州大会を制した西日本短大付を、選抜甲子園で8強に入った筑陽学園が破り、夏の甲子園に進んだ。 筑...
東海地方代表と地域について
岐阜県代表 瑞浪市 中京学院大中京 中京学院大中京は、決勝進出まで点差をつけて勝つことができていた。 大垣日大は、準々決勝は土岐...
近畿地方代表と地域について
滋賀県代表 彦根市 近江 近江が2年連続で夏の甲子園出場を決めた。滋賀県大会を春・夏と連続で優勝した。近江の決勝戦の相手校の光泉は...
中国地方代表と地域について
鳥取県代表 米子市 米子東 米子東(よなごひがし)は、春の選抜大会に出場した。2年連続の夏の甲子園出場を狙う鳥取城北。ともに決勝進出ま...
関東地方代表と地域について
茨城県代表 阿見町 霞ヶ浦 霞ヶ浦は、藤代や石岡一との試合は1点差の接戦だった。霞ヶ浦と常盤大の決勝は、14得点をあげて、完封の勝...
北陸信越地方代表と地域について
新潟県代表 新潟市 日本文理 日本文理が決勝戦を含めて大差の勝利で、甲子園出場を決めた。 日本文理は、2018年秋から新潟県内の...
東北代表と地域について
青森県代表 八戸市 八戸学院光星 八戸学院光星が決勝を大差で制して優勝した。八戸学院光星は2年連続の出場となる。 八戸学院光星は...
北海道代表、沖縄県代表と地域について
日本のことを知っているつもりでも、意外と知らないものだ。2019年、令和元年の高校野球「夏の甲子園」出場校から、各都道府県の市区町村の名産品...
参考サイト:バーチャル高校野球


朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」

朝日新聞デジタルのリンク先にもあるバーチャル高校野球とは、朝日新聞デジタルとABC放送が運営している無料ウェブサイト。スマホ・パソコンで無料で見ることができる。

バーチャル高校野球では、甲子園での全48試合と開会式、閉会式をライブ配信で見ることができる。
高校野球の試合結果、ニュース、過去の大会、日程と代表校についてのデータを見ることができる。

高校野球選手権大会に向かう両校、両チームの選手たち、家族、応援する人々などの記事もある。夏の高校野球甲子園に向かうそれぞれの「思い、実際にあったドラマ」を読みたいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする