高校野球から全国を知る。東北代表と地域について

青森県代表 八戸市 八戸学院光星

八戸の港の写真

八戸学院光星が決勝を大差で制して優勝した。八戸学院光星は2年連続の出場となる。
八戸学院光星は、優勝候補の青森山田に勝ち、同じく優勝候補と評判の高い聖愛に決勝で勝利した。

八戸市は、青森県の東部にあって太平洋に面する市である。八戸港は工業港、フェリー港、漁港を兼ねている。歴史的に温泉・銭湯が多い。 国宝の赤糸威鎧兜(鎌倉時代)、白糸威褄取鎧兜(南北朝時代)がある。

「三戸のどんべり」と呼ばれる純米にごり酒

「吉田類の酒場放浪記」で紹介された純米にごり酒。毎年11月下旬から限定販売されている。飲みやすく甘い白酒で、女性にも人気。


【ふるさと納税】純米にごり酒 1800ml

岩手県代表 花巻市 花巻東

宮沢賢治記念館の階段

花巻東が大船渡に勝ち、甲子園に出場することとなった。花巻東は、余裕のある点差で勝ち続けて優勝した。 甲子園での活躍が楽しみだ。

花巻市は、宮沢賢治が誕生した地で、花巻市には宮沢賢治記念館がある。岩手県名物「わんこそば」発祥の地は、花巻市であり、温泉が数多く並ぶ花巻温泉郷がある。

理想郷で採れた野菜のセット

花巻市の若手農家さんたちが栽培した、季節に合わせた旬の野菜・果物7~9品セット。新鮮な旬の野菜が食べられる。


【ふるさと納税】いわて花巻産イーハトーヴ野菜セット

秋田県代表 秋田市 秋田中央

秋田港から見える風景

秋田中央が明桜に延長11回でサヨナラと言う試合を見せた。延長戦で勝った方が甲子園、という試合は、応援する人達にとってなかなか緊張感があるものだろう。

秋田市は、秋田県の県庁所在地であり、日本海に面しており秋田港がある。秋田港は、北前船の寄港地として栄えた歴史がある。

秋田県男鹿市の「なまはげ米のよくばりセット」

秋田県の特別栽培農産物認証あきたこまち「なまはげ米10kg」、「男鹿半島沖の海水100%使用の塩3種」。男鹿半島沖の海水100%使用の塩3種を使用した「塩のり」「塩あめ」の詰め合わせ。


【ふるさと納税】男鹿産なまはげ米のよくばりセット

山形県代表 鶴岡市 鶴岡東

鶴岡市由良の海

鶴岡東がほとんどの試合を、余裕のある点差で勝利を収めて甲子園出場を決めた。
鶴岡東は羽黒との一戦は接戦となったが、決勝では日大山形を接戦で制した山形中央に余裕のある点差で勝った。

鶴岡市は、日本海に面している文化と歴史の町である。城下町としてあった町並みが今も続いている。鶴岡市の出羽三山神社には、東北地方で唯一の皇族の墓(蜂子皇子)がある。国宝の羽黒山五重塔をはじめとする国指定の文化財が名所である。

庄内空港からアクセスできる。庄内平野では庄内米とだだちゃ豆の栽培が盛んだ。冬には、日本海寒鱈まつりがある。

庄内平野でとれた米と庄内産大豆、米使用の味噌

庄内米「はえぬき」は、平成6年から22年連続「特A」の評価をされている全国でもトップクラスの品種。田舎みそは、庄内産の米と大豆を使用した麹が活きている味噌。


【ふるさと納税】はえぬき無洗米(5kg)と味噌(1.2kg)セット

福島県代表 伊達市 聖光学院

福島県伊達市の紅葉の霊山

春の県大会優勝の東日大昌平に、1点差で勝ち決勝戦に進出した日大東北との決勝戦を制した聖光学院が、13年連続の夏の甲子園出場を決めた。

伊達市(だてし)は、福島県の太平洋寄りの内陸にある市。江戸時代以降は養蚕業が盛んだった。独特の干し柿「あんぽ柿(つるし柿)」が名産品としてあり、桃の生産は全国有数だ。

伊達市特産のいちごと麦汁のみでつくるフルーツビール

福島県伊達市特産の新鮮なイチゴと麦汁のみで作る全国的でも、なかなかないフルーツビール。
土壌栽培された苺の濃厚な香り、ビールのほろ苦さのバランス。女性にも人気、乾杯酒、食後のデザートにも。


【ふるさと納税】ストロベリーエール350ml×6本セット

宮城県代表 仙台市 仙台育英

仙台市の大崎八幡宮

宮城県の甲子園出場の常連とも言える仙台育英が東北に勝利して、3年連続の甲子園出場を決めた。仙台育英は、接戦まで持ち込ませない点差で勝ち上がった。

仙台市は、東北地方最大の都市であり、太平洋に面していながらも山地、台地なども多い。広瀬川、秋保大滝(国の名勝)などが有名で、秋になると芋煮会が広瀬川など、河原で行われる。芋煮は、味噌による味付けが仙台では一般的である。

宮城県大河原町の「青ざし ずんだ餅」

厳選した枝豆を香り高く深い味わいになるように配合。「みやこがね(宮城県生産)」をもち米からついて作った。急速冷凍で作りたての味を味わうことができる。


【ふるさと納税】青ざし ずんだ餅

高校野球から全国を知る。
四国地方代表と地域について
徳島県代表 鳴門市 鳴門 2019年春の選抜甲子園大会に初出場、春の四国大会では準優勝を果たした富岡西が余裕の点差で勝ち上がって決...
九州地方代表と地域について
福岡県代表 太宰府市 筑陽学園 春の九州大会を制した西日本短大付を、選抜甲子園で8強に入った筑陽学園が破り、夏の甲子園に進んだ。 筑...
東海地方代表と地域について
岐阜県代表 瑞浪市 中京学院大中京 中京学院大中京は、決勝進出まで点差をつけて勝つことができていた。 大垣日大は、準々決勝は土岐...
近畿地方代表と地域について
滋賀県代表 彦根市 近江 近江が2年連続で夏の甲子園出場を決めた。滋賀県大会を春・夏と連続で優勝した。近江の決勝戦の相手校の光泉は...
中国地方代表と地域について
鳥取県代表 米子市 米子東 米子東(よなごひがし)は、春の選抜大会に出場した。2年連続の夏の甲子園出場を狙う鳥取城北。ともに決勝進出ま...
関東地方代表と地域について
茨城県代表 阿見町 霞ヶ浦 霞ヶ浦は、藤代や石岡一との試合は1点差の接戦だった。霞ヶ浦と常盤大の決勝は、14得点をあげて、完封の勝...
北陸信越地方代表と地域について
新潟県代表 新潟市 日本文理 日本文理が決勝戦を含めて大差の勝利で、甲子園出場を決めた。 日本文理は、2018年秋から新潟県内の...
東北代表と地域について
青森県代表 八戸市 八戸学院光星 八戸学院光星が決勝を大差で制して優勝した。八戸学院光星は2年連続の出場となる。 八戸学院光星は...
北海道代表、沖縄県代表と地域について
日本のことを知っているつもりでも、意外と知らないものだ。2019年、令和元年の高校野球「夏の甲子園」出場校から、各都道府県の市区町村の名産品...
朝日新聞デジタル × ABCテレビのバーチャル高校野球


朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」

バーチャル高校野球とは、朝日新聞デジタル × ABCテレビが試合のライブ配信をしている無料コンテンツ。スマホ・パソコンで視聴できる。
高校野球の全試合結果、ニュース、過去の大会、日程と代表校について調べることができる。

8月6日の開会式からバーチャル高校野球では、甲子園での全48試合と開会式、閉会式を見ることができる。

試合に臨む両チームの選手たちのチーム内、家族、監督・コーチ、学校内外での心ある記事がある。高校野球に対するそれぞれの「思い」にも目を向けたいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする