生のタコなど食べてみよう

タコといえば、たこ焼き、酢だこ、タコの唐揚げなどがよく知られている。
さっぱりとしたタコの風味、甘い味、食感は、刺身でもおいしく食べられる。

タコがおいしい旬の時期は、12~2月の時期。冬の寒い時期に獲れたタコは、身が引き締まって充実していて栄養があって美味しい。

旬の時期の新鮮なタコを急速冷凍した「しゃぶしゃぶ用のタコ」が特に人気がある。

北海道の稚内産のタコ、国内で最高級とされる明石だこ。どちらも海の幸をたくさん食べて育つ。
稚内産のタコは寒い海の中で育つから、身が締まっている。明石だこは強い潮の流れの中で、踏ん張っているから筋肉がよく付いている。

タコが育つ海の環境によって、タコの食感や味も違ってくるなど、産地によって特徴がある。
タコの産地などにこだわってみるのもオススメだ。

柔らかさと旨みが楽しみ 生タコのしゃぶしゃぶ 500g


稚内産たこしゃぶ500g 業務用
発祥の地の元祖たこしゃぶ!!水ダコの漁獲量日本一の稚内から産地直送で稚内産たこしゃぶ!

宗谷湾で水揚げされるタコは「マルソウのタコ」というブランドタコとして知られている。

稚内では活きたままの大蛸の足を薄くスライス。野菜と一緒に食べる「タコのしゃぶしゃぶ」が郷土料理だった。

タコのしゃぶしゃぶの柔らかいタコの歯ごたえと甘みが楽しみ!

昭和15年創立の老舗から「北海道稚内産水だこ」の「生水だこ足スライスしゃぶしゃぶ用」をお届け!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加