ステーキでお腹いっぱい!たっぷりステーキ

おいしい肉、たまに食べたい肉といえばステーキ!柔らかいヒレ、ロース、モモなど美味しい部分をレア、ミディアム、ウェルダンなど、お好みの焼き加減で焼いて食べる。ビールにもよく合う。ご飯も進む。きめの細かい脂肪がいっぱいの柔らかい霜降り肉も、たまにはいいだろう。

赤身肉は、脂肪が少なくて鉄分・亜鉛・タンパク質が豊富。

ステーキの作り方は、肉を包丁の背でたたいて、塩・コショウを振って焼くだけ。ソースはステーキ用の専用ソースをフライパンに残った肉汁に混ぜて温めてステーキにかける。

ステーキソース以外では、大根おろしと醤油、ポン酢、天然塩などで食べるのもオススメだ。誰でも家で簡単に料理できる。

ステーキ本来の旨さ 分厚いステーキ 450g (1枚)


ステーキ肉 1ポンドステーキ
牛肉の美味しさは赤身にある。赤身の美味しさが特徴の分厚いステーキ「1ポンドステーキ」。

カナダ AAA グレード100%のリブアイロール。さらに熟成させた「熟成ビーフ100%」
ロースの中でも肉汁がいっぱいで柔らかいのが、真ん中の部分「リブアイロール」。
たっぷりの肉汁を肉に含ませて食べるには、肉に厚みが必要になる。

極上の赤身肉のステーキが1ポンドの厚みで、さらに美味しいステーキに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加