ソーセージは茹でるか、焼くか

ソーセージを焼いている ポーク

ソーセージは茹でるか焼くかという選択があるが、私は学生の頃、おかずとして食べていたソーセージは茹でていた。かむとパリッとした皮からあふれ出る肉汁が美味しいのだ。

ボイルしたほうが、皮が割れないから旨味が封じ込められて、旨味を十分に堪能できる。そして、油分、脂肪分においてもボイルした方が健康的である。100%ソーセージそのものを美味しく食べる始まるという点においては、ボイルして食べるのが良いだろう。

ボイルしたソーセージに何かつけて食べたいのならマヨネーズだ。ソーセージ専用のマスタード、粒マスタード、薬味などもあるようだが、ほとんどが強すぎると思う。ボイルしたソーセージには何もつけないか、マヨネーズで食べるのが手軽で良い。

ソーセージとなれば、ケチャップとの相性もいいはずだが、それはソーセージを焼いた場合だ。(グリルしたソーセージは、マヨネーズでも美味しい)

ボイルした場合はマヨネーズが良いと思う。おろし生にんにくとマヨネーズを混ぜたものを時々作って、ソーセージをつけて食べたことがあったが、これは生ニンニクの辛さで少し辛かった。

マヨネーズをソーセージにつけて食べる場合、何本かは何もつけないで食べると決めていても、ちょっとマヨネーズをつけてしまうと、ほとんどのソーセージにマヨネーズをつけて食べてしまうことがよくある。

ボイルしたソーセージは温かいうちが最高だ。(それでも火傷しないぐらいに冷めてから。)冷めると美味しさが格段に落ちる。

グリルしたソーセージは、冷めてもうまい。香ばしさ、少し焦げている部分が上手い。また、焼いたソーセージにはケチャップがとてもよく合う。

最近では、ソーセージは茹でるよりオーブンで焼く場合が圧倒的に多い。お酒を飲む時に焼いて、少し割れた皮、少し焦がしたところなど、焼いたソーセージを食べるのがワイルドで良いのだ。

焼く際に油がソーセージの表面につく、焼いて燻された香りもする。

国産 ソーセージ おまかせ4種類 1kg


ウインナーソーセージ 4種 1kg

ご飯のおかずに、焼いたり茹でたり、サンドウィッチ、揚げ物の具、天ぷらにしても美味しい。4種類以上のウィンナーが50~60本入っている。様々な味わいのウインナーソーセージだから飽きない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました