ヒアリングマラソンのレビュー No.6 そのうちできるようになる

教材だけでなく、映画、音楽、ラジオ、洋書、それに英字新聞など様々な英語をトータルで聞いて、読んで英語を聞くのに慣れる1000時間ヒアリングマラソン。

楽しみ、社会問題、時事に触れながら学習をすすめることができる。


アルクの人気NO.1講座ヒアリングマラソン

アルクの1000時間ヒアリングマラソンのバックナンバー2018年7月号の英語スケッチング(レベル★☆☆ 初級)とスピーキング魂(レベル★★☆ 中級)をしました。

ヒアリングマラソンのレビュー 第6回

英語スケッチング

英語スケッチングは、新鮮なものでした。頭の中のイラストに聞き取った内容を書いて行くのです。
それぞれの登場人物ごとに聞き取った内容を書き込んでいきます。
実際に行なってみると、細かいところはなかなか聞き取ることが難しかったのですが、ストーリーの大意(大局)をイメージすることはできました。

アメリカの大学生2人がイギリスのロンドンに住むおじの家を訪ねていくのですが、イギリス英語とアメリカ英語での会話で新鮮でした。いきなりの冗談や男女二人で泊まりに来たと言うことに対する感覚、おもてなしなどがおもしろかったです。

スピーキング魂

スピーキング魂は初対面の挨拶でした。アメリカのあるオフィスのサポートに2人がニューヨークから行きます。

贈り物のチョコレートロールプレイがありました。
登場人物の人となりが感じられる音声で、自然に役になりきることができたというよりも、本当に話しているような気分で、その場にいるような気持ちで行うことができました。

はじめのうちは、早口の部分などなかなか聞き取りにくい部分もありました。発音しにくいところもありましたが、何度も何度も繰り返し聞いて、口に出して発声しているうちに早口のところまで、ちゃんと単語の音が見えてきました。

この3人の会話を英文を見ないでシャドーイングするというのは、なかなかの挑戦となりましたが、こなすことはできました。

少なくともテキストに書いてある時間をフルに使って、英文の意味を聞いて理解して、考えながら話すことができれば、とりあえずは良いと思います。

英語に限らず、いきなりパーフェクトにできてしまうことは、ありえないでしょう。とにかく前向きに進んで学び続けたいものです。

1年間で1000時間英語を聞くことで英語が聞き取れる! 耳のブレークスルー体験

職場で外国から来た方と英語で話す。留学の準備。海外旅行などで英語でやり取りする。映画・海外ドラマのセリフを字幕なしで英語で聞く。翻訳の人を通さないで英語そのままで文章を読む。ビジネスで使う。

35年以上の歴史あるアルクのヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンのレビュー 第1回
https://www.fabre.asia/real-eigo

ヒアリングマラソンのレビュー 第2回
https://www.fabre.asia/eigo-start/

ヒアリングマラソンのレビュー 第3回
https://www.fabre.asia/eigo-workout/

ヒアリングマラソンのレビュー 第4回
https://www.fabre.asia/eigo-kaku-kiku/

ヒアリングマラソンのレビュー 第5回
https://www.fabre.asia/kurabenai-kisowanai//

ヒアリングマラソンのレビュー 第6回
https://www.fabre.asia/sakini-susumu/

ヒアリングマラソンのレビュー 第7回
https://www.fabre.asia/tonikaku-susumeru/

ヒアリングマラソンのレビュー 第8回
https://www.fabre.asia/eigo-shadowing/

ヒアリングマラソンのレビュー 第9回
https://www.fabre.asia/eigo-goal/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする