にぎやかに行きたい

ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「ウェールズ」

ラグビーウェールズ代表について

ウェールズでは、サッカーとラグビーが人気のあるスポーツ。

特にラグビーが大人気でウェールズ人にとってラグビーは、自分の一部、自己そのものといわれる程である。

ラグビーウェールズ代表は、世界トップクラスの実力を持っていてウェールズ人の誇りとなっている。

シックス・ネイションズ1)シックス・ネイションズとは、ヨーロッパのラグビーの強い6カ国が参加する国際ラグビー大会。に参加している。

ウェールズという国について

ウェールズの草地と羊

ウェールズは、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの国(カントリー)の1つの国である。

ウェールズは、グレートブリテン島の南西に位置し、北はスコットランド、北~北西に北アイルランド、東はイングランドに接していて、西はイギリスではない隣国アイルランドを臨む。

ウェールズは「歌の国」と呼ばれている。ハープ奏者や男声聖歌隊が有名である。豊かな自然があり、意識も高くて森林、湖、丘陵、海岸など面積の約20パーセントが国立公園に指定している。

自然の中で語るシーンが印象深いC・W・ニコルさん(他界された)はウェールズ出身である。

脚注   [ + ]

1. シックス・ネイションズとは、ヨーロッパのラグビーの強い6カ国が参加する国際ラグビー大会。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする