ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「トンガ王国」

トンガ王国はフィジーの東、オセアニア地域のポリネシアにある。オーストラリアの東から北東。ニュージーランドの北から北東にある。島々が国を構成している。
トンガ王国では、日本の商社が持ち込んだかぼちゃが輸入品の9割を占める。

トンガ王国では、ラグビーが人気のあるスポーツになっている。2006年からパシフィック・ネーションズカップ1)パシフィック・ネーションズカップとはラグビーユニオンの国際大会に参加している。

白い鳩が飛んでいる

トンガ王国のラグビー代表チームの愛称はイカレ・タヒ(海鷲:うみわし)。鳩とオリーブのエンブレムを付けている。2011年のニュージーランドで開催されたラグビーワールドカップでは、フランスに勝っている。

トンガのラグビー代表チームには、民族同士の戦いの前に相手を威嚇して自分達を鼓舞する民族の舞踊に端を発するニュージーランドのハカの「カマテ」、フィジーの「シビ(シンビ)」にあたる、ウォークライ(鬨の声)の「シピタウ」がある。

国と国との試合ラグビーワールドカップでのシピタウを見たいものだ。

無添加トンガ産モズク使用・低分子化フコイダン(海藻ドリンク)


シーフコイダン ノーマルタイプ900mlx2本

1997年から20年以上の歴史を持つシーフコイダン。シーフコイダンのフコイダンとは、昆布やモズクなどの海藻のぬるぬる部分。ぬるぬる成分は、健康維持、美容のために食品や健康食品で注目されている。
シーフコイダンは、フコイダンの栄養を誰でも体に取り入れやすくシーフコイダン独自の技術で、分子量を低分子にして効率よく吸収できるようにしたもの。
フコイダンは、天然100%トンガ産のもずくを使用している。トンガ王国の海は、水質汚染がなくて重金属類の有害物質が検出されないミネラル豊富な海。

トンガ王国産フコイダンで洗ってうるおう生せっけん


グレースアイコ もずく生せっけん お試し3日分

もずく生せっけんに利用しているフコイダンは、モズクなどの海藻類に多く含まれる天然成分の一種。
フコイダンには、高保湿、潤い持続、シミ・シワ抑制、ハリを保ち、弾力維持、外的刺激から保護、キメを整える成分がある。グレースアイコのモズクは、トンガ王国産天然モズク100%使用している。

食卓に用意することの多いモズクは、養殖が一般的。
希少種であるトンガ王国産天然モズクは、特にフコイダンの含有率と品質が優れているとされている。
美しいミネラル豊富な南太平洋のサンゴ礁の海で育ったモズクを現地で丁寧に収穫して、日本国内の工場で高分子抽出されて商品化している。

トンガ王国のモズクの「フコイダン」使用シャンプーのレビュー

頭皮環境を整え、フケ・かゆみを抑える「フコイダン」
晴れた日の太陽からの日焼け、紫外線対策に。冬、寒い日などの乾燥に。保湿はとても大切。モズクには、ワカメ(葉部分)の約16倍ものフコイダンが含有されている。

コバルトブルーの海に囲まれているトンガ王国で、ダイバーによる手摘みで丁寧に収穫されたミネラル豊富なモズクから抽出したフコイダン「リムベール」を配合。

床屋が作ったシャンプーM3040。フコイダン、カキタンニン、フローラルハーブなどを配合したノンシリコン・無添加のプレミアムスカルプシャンプー...

脚注   [ + ]

1. パシフィック・ネーションズカップとはラグビーユニオンの国際大会