ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「南アフリカ共和国」

ラグビーが盛んな南アフリカ共和国

南アフリカ共和国では、イギリス統治時代の影響からラグビーの人気が高い

南アフリカ共和国のラグビーユニオンのナショナルチーム(ラグビーワールドカップ代表チーム)は、スプリングボクスという愛称がつけられている。

スプリングボックの子供

ラグビーは人気があって世界的にも強かったが、アパルトヘイト1)アパルトヘイトは、1948年に法制化された人種差別政策をしているとして、ラグビーワールドカップに参加できないでいた。

1994年にアパルトヘイトを撤廃。すぐに参加が認められた1995年のラグビーワールドカップ2)2019年に日本開催のラグビーワールドカップと同じラグビーユニオンの国際チームが参加した1995年の世界大会において、初開催国、初出場、初優勝を果たした。

南アフリカ共和国は、2007年のラグビーワールドカップ フランス大会でも優勝している。前回(2015年ラグビーW杯)は、ニュージーランドに準決勝で敗けている。

2019年ラグビーワールドカップ日本での、ニュージーランドとの対戦が楽しみだ。

南アフリカでは、質の良いルイボスティーが育つ

南アフリカといえば、南アフリカにしか自生していないルイボスの茶葉を用いた有機ルイボスティーが有名だ。

レビュー10万越えの高評価、南アフリカのルイボス茶


選べるノンカフェインのやさしいルイボスティー

すっぴん美人がご愛飲の世界中で愛されているルイボスティー。
蒸気殺菌処理をしているから成分が出やすい。煮出す必要がない。さらに三角ティーバッグでから、茶葉の成分が出やすいティーライフのルイボスティー。

ルイボス茶葉の安全については、水銀が含まれいないかを分析試験成績書で確認。残留農薬についても成分一斉分析結果によって、問題がないことを確認している。

レビュー2万越えの高評価、南アフリカのルイボス茶


オーガニック・ルイボスティー なごみ ティーバッグ 100包

ルイボス茶は、よく「有機」と宣伝しているが元々野生種だから当然、と言う声もあるが農薬や化学肥料を使って栽培しているルイボス茶は少なくない。

アロマ ルイボスnaturalshopなごみのルイボスティーは、有機JASオーガニック認定原料を有機JASオーガニック認定工場で、ティーバッグ加工して袋詰め加工している有機JAS認定オーガニックのルイボスティー

有機JAS認定オーガニックの品質で100包なのに低価格の秘密は、現地で大量に買い付け独自に輸入することでカットできるコストに広告費なども少なくしているから。それに直接販売しているから低価格が実現できている。

分析試験成績書3)日本食品分析センター調べにおいて、成分中に水銀を含まないことを確認している。

当サイトでも、有機ルイボスティーのレビューと楽天で高評価のティーライフの健康茶のレビューがある。

最高品質で量が多い茶葉から出した濃厚なルイボスティー

妊婦さんにやさしいノンカフェインのルイボスティー。十分に煮出すと成分がでるからルイボスティーは煮出すのがおすすめ。

エルバランシアのルイボスティーは、上位1%のスーパーグレードのみを使用している最高品質のオーガニック(有機栽培)・ルイボスティー。「有機JA...
ルイボスティーがレビュー多数、高評価のティーライフの健康茶

芳ばしく香り高くおいしいメタボメ茶のレビュー
https://www.fabre.asia/metabome/

おいしいなた豆茶のレビュー
https://www.fabre.asia/natamame-tea/

ラグビーワールドカップ2019を全試合完全生中継!申し込んで約30分で見られるスカパー!
スカパー!は、ご加入月の視聴料は0円!スカパーの自信の基本プランは、50チャンネルが見放題。毎月無料の日があるのでお試しを。 J SP...

脚注   [ + ]

1. アパルトヘイトは、1948年に法制化された人種差別政策
2. 2019年に日本開催のラグビーワールドカップと同じラグビーユニオンの国際チームが参加した1995年の世界大会
3. 日本食品分析センター調べ