にぎやかに行きたい

ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「サモア独立国」

サモア独立国(サモア)は、ニュージーランドの北~北東に位置している島々の国家。ポリネシア、オセアニア(南太平洋)に属する地域にある。

サモアのテレビ放送、サモア放送の「オレラリ」というテレビサモアの番組は、90%の視聴率を誇る。サモアでは人口の8割が肥満であるが、近年肥満は健康に良くないということが分かり、ダイエットが大流行している。

ラグビーサモア代表について
マヌを助けたヴィシュヌ神

サモア独立国のヴィシュヌ神

ラグビーサモア代表は西サモアという国名の頃、フィジーと1924年8月18日に初国際試合を行った。
1991年には、ラグビーワールドカップに初出場した。1991年以来連続でラグビーワールドカップ出場していて、ベスト8に入ったことがある。ラグビーサモア代表チームにも、ニュージーランドのハカ、フィジーのシンビ、トンガのシピタウにあたるウォークライ(鬨の声)があり、サモアの戦いの前の舞踊はシバタウと呼ばれている。ラグビーサモア代表チームの愛称は「マヌ・サモア (Manu Samoa) 」
サモアの大自然の恵み マーマレードジャム


送料込み【サモア産】パパイヤとターメリックのマーマレード 290g

サモアの小さな村で大自然に囲まれて育った果実のみを利用している。
南国サモアから輸入したココナッツ、パパイヤ、ターメリック。
珊瑚礁の国から大自然に育った新鮮な果実を一気に煮詰めて瓶詰に。パン、ヨーグルト、クラッカー、料理などに。
サモアの小さな村で大自然に囲まれて育った果実のみを利用している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする