ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「サモア独立国」

ラグビーサモア代表について
マヌを助けたヴィシュヌ神

ヴィシュヌ神

ラグビーサモア代表は西サモアという国名の頃、フィジーと1924年8月18日に初国際試合を行った。
1991年には、ラグビーワールドカップに初出場した。1991年以来連続でラグビーワールドカップ出場していて、ベスト8に入ったことがある。ラグビーサモア代表チームにも、ニュージーランドのハカ、フィジーのシンビ、トンガのシピタウにあたるウォークライ(鬨の声)があり、サモアの戦いの前の舞踊はシバタウと呼ばれている。ラグビーサモア代表チームの愛称は「マヌ・サモア (Manu Samoa) 」

サモア独立国(サモア)は、ニュージーランドの北~北東に位置している島々の国家。ポリネシア、オセアニア(南太平洋)に属する地域にある。

サモアのテレビ放送、サモア放送の「オレラリ」というテレビサモアの番組は、90%の視聴率を誇る。サモアでは人口の8割が肥満であるが、近年肥満は健康に良くないということが分かり、ダイエットが大流行している。

サモア産ノニ使用の飲みやすい Annyノニジュース


ノニジュース アニー

2000年以上の昔から人々から「神様からの贈り物」と呼ばれ、ハーブの女王とも言われるフルーツがノニ。ノニには140種類以上の栄養が含まれている。ノニジュース アニーは沖縄産ノニと、生命力の強い自生しているサモア産ノニをブレンドしている。

サモアで育つノニは、サモア溶岩とサンゴでできた島サモアのミネラル豊富な土壌に自生している。赤道直下の太陽を浴びて、海水を吸い上げて育つ。1年に4回も収穫できるほど実をつける強い生命力を持ったノニ。

安心の国内製造。飲みやすい味に仕上げた。ノニの貴重な栄養・菌を壊さない低温殺菌、天然ミネラル配合で体内への吸収力もアップ。