ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「カナダ」

カナダには独自のスポーツ文化があり、アイスホッケーはカナダで最も人気のスポーツで、国技とされている。

アイスホッケーの次に人気のあるのが、フットボール(カナディアン・フットボール)。アメリカン・フットボールにとてもよく似ていて、アメリカンフットボールのプロリーグの優勝決定戦スーパーボールのように、カナダのフットボールのプロリーグの優勝決定戦グレイ・カップは、カナダ最大のスポーツイベントとなっている。

メープルリープス

フットボールと言えば、ラグビーカナダ代表のラグビーチームの愛称は、メイプルリープス。

ラグビーカナダ代表は、ラグビーワールドカップに1987年以来、出場を続けている。1991年大会ではベスト8に進出した。2007年、2011年大会、と2大会連続で日本と同じプールに入り、2回とも引き分けている

カナダについて

カナダには「赤毛のアン」のL・M・モンゴメリがいる。

カナダは、世界最大のロシアに次いで広い国土面積を持っている。カナダの文化は「進歩的、多様で、多文化主義的」と言われている。

国民皆保険、死刑廃止、貧困撲滅への努力、多文化主義の推進、厳しい銃規制などがある国である。

丈夫で長持ち、本物 MADE IN CANADAの手編みカウチンセーター


カナタ KANATA カウチン ジップアップ全5色

ピュアバージンウール 100%のカナダ産の長持ちするカウチンセーター。冬に着るのが嬉しくなることは間違いない。ブランド名はKANATA。KANATAの起源はカウチンセーターの起源でもある。
カウチンバレー一帯に元々住んでいたネイティブカナディアンであるサリッシュ族。サリッシュ族の伝統であるカウチンセーターは、子から孫へと受け継がれるほど長持ちする。着るほどに体にフィットして、あたたか味が出てくる。1つ1つ手の込んだ模様やデザインは今でも多くの人に愛され続けている。

ユニセックス(男女共用)の手編みのカウチンセーター。親から子へ受け継がれるほど丈夫で長持ちする暖かいMADE IN CANADAのカウチンセーター。