にぎやかに行きたい

ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「アルゼンチン共和国」

アルゼンチン共和国のアルゼンチン代表ラグビーチームには、ロス・プーマスという愛称がある。
ロス・プーマスには、伝統的に強いフォワードと意外性のあるバックスが存在する。

試合観戦において楽しみなところだ。

アルゼンチンは、1910年に初国際試合。1999年のラグビーワールドカップでは、ゴンサロ・ケサダが得点王になった。1999年のチームはベスト8という成績だった。

2007年のワールドカップでは、開催国であったフランスに同大会で2回勝利した。2007年のラグビーワールドカップで3位になった。アルゼンチンにとってフランスは相性が良い相手と言える。

ジャガー

プーマだと思ったが、本当はジャガーだった。

アルゼンチンのラグビー

  • 強いフォワード意外性のあるバックス
  • 相性によっては確実に強い

アルゼンチンは肉料理が多いので、赤ワインがよく飲まれていて品質も良い。マテ茶を飲む習慣がある。

アルゼンチンといえば「モーターサイクル・ダイアリーズ」「ゲリラ戦争」「ゲバラ日記」のエルネスト・チェ・ゲバラがいる。
音楽では、サンバ、アルゼンチン・タンゴがアルゼンチン生まれである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする