ノーサイド精神のラグビーW杯 日本2019「アルゼンチン共和国」

アルゼンチン共和国のアルゼンチン代表ラグビーチームには、ロス・プーマスという愛称がある。
ロス・プーマスには、伝統的に強いフォワードと意外性のあるバックスが存在する。

試合観戦において楽しみなところだ。

アルゼンチンは、1910年に初国際試合。1999年のラグビーワールドカップでは、ゴンサロ・ケサダが得点王になった。1999年のチームはベスト8という成績だった。

2007年のワールドカップでは、開催国であったフランスに同大会で2回勝利した。2007年のラグビーワールドカップで3位になった。アルゼンチンにとってフランスは相性が良い相手と言える。

ジャガー

プーマだと思ったが、本当はジャガーだった。

アルゼンチンのラグビー

  • 強いフォワード意外性のあるバックス
  • 相性によっては確実に強い

アルゼンチンは肉料理が多いので、赤ワインがよく飲まれていて品質も良い。マテ茶を飲む習慣がある。

アルゼンチンといえば「モーターサイクル・ダイアリーズ」「ゲリラ戦争」「ゲバラ日記」のエルネスト・チェ・ゲバラがいる。
音楽では、サンバ、アルゼンチン・タンゴがアルゼンチン生まれである。

有機先進国であるアルゼンチン、スペインのにんにく使用


有機(オーガニック)にんにく使用 発酵黒にんにく

アルゼンチン、スペインは、厳格な基準の日本の農水省の有機JAS基準と同等以上とされる有機栽培(オーガニック)先進国。
農地が広くて気候によって年2回収穫できるアルゼンチンとスペインのにんにくを使用して、発酵させて作った黒にんにく。合成着色料、保存料、添加物は使用していない。
黒にんにくの黒い色は、ニンニクの持つ自然の力で発酵されてできたもの。アルゼンチン、スペインの有機栽培にんにくをじっくり低温発酵させて、長期熟成させた黒にんにく。

アルゼンチンの養蜂家さんから分けてもらった蜂蜜

アンデス山脈の環境保護区域など、豊かで美しい自然の中で採取した蜂蜜。アルゼンチンの養蜂家の皆さんから分けてもらった非加熱の良質な蜂蜜のみを使用したマヒカハニー。
非加熱蜂蜜にこだわる養蜂家が年々減少する中で、マヒカハニーの専門のバイヤーがアルゼンチンの養蜂家を一軒一軒訪ねて直接仕入れた良質の蜂蜜と蜂蜜を使用したローヤルゼリー。

手作業、品質管理、生きている酵素、完熟はちみつのマヒカハニー
【マヒカハニー+生ローヤルゼリー】が生のまま常温保存できる秘密は、生ローヤルゼリーにマヒカハニー(マヒカハニー|アルゼンチン産非加熱はちみつ...
蜂蜜があれば生ローヤルゼリーは長期常温保存できる
マヒカハニー+生ローヤルゼリーを実際に食べた 業界唯一!そのまま食べれる100%純生ローヤルゼリー ローヤルゼリーは、どんな味なのか...