バレンティーノ・ロッシとYAMAHA YZR-M1 その5

モータースポーツをよく観ている方、モデラー、コレクターの方にとって、誰にでも愛される、しかも本物のライダー「バレンティーノ・ロッシ」とヤマハのYZR-M1のことを知ることができる分冊百科と毎号のパーツ。全92回で完成される精巧な1/4スケールモデル。
将来レアなモデルに。

デアゴスティーニ
週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル【PR】

バレンティーノ・ロッシがヤマハのYZR-M1に乗ってスタートした最初のグランプリレースがMotoGP2004です。

2004年のMotoGP 第4ラウンド「イタリアGP」では、ロッシのマシンは特別速いから、とライバル達に言われても仕方ないような、味方ですらそう思ってしまうようなパス(追い抜きで)で数台パスしてトップに行きます。

第6ラウンド「オランダGP」では、ラストラップでコーナーでパスするロッシが印象的です。

第7ラウンド「リオGP」では、コーナーでロッシが転倒してしまいました。第13ラウンドの「カタールGP」では、抗議によってペナルティで23番グリッド(最後列)からスタート。どんどんと順位を上げていきますが、滑りやすい路面で転倒してしまいます。
世界のトップレーサーでも転倒・クラッシュと速い走りは、テクニックとマシンの状態、路面の状態、相手もいることなので紙一重です。

第15ラウンド「オーストラリアGP」では、最終ラップでジベルナウと競い、多少の接触はありましたが、わずかな相手のミス、スピードを落とし切らずに入ったジベルナウに、ロッシは冷静で確かなコーナーへの進入でパス、オーバーテイクして、オーストラリアGPを優勝して、MotoGP2004のチャンピオンを確定させました。

チャンピオンを決めたロッシはガッツポーズ!!マシンに乗ったまま何人かと握手をして、祝福を受けました。

最高峰でのチャンピオンは4度目です。125cc~500ccクラス時代でのチャンピオンを含めると6度目のチャンピオンになりました。

流線形のフォルム

バレンティーノ・ロッシとヤマハチームが作る考え抜いた流線形のフォルムのボディ

第16ラウンド「バレンシアGP」。 M 1に搭載しているオンボードカメラからの映像で見た「左手で細いレバー操作をするロッシ」が印象的でした。

2016年のロッシは、3位以内10回、優勝2回、ランキング2位と世界のトップレーサーであり続けています。週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデルは、2016年のモデルです。

モータースポーツ2輪の世界の舞台で活躍し続けているグランプリレーサー「バレンティーノ・ロッシ」の栄光の軌跡と、ライダーであるロッシとヤマハの...

2004年からヤマハ YZR-M1に乗って、世界の最高峰の舞台でトップライダーであり続けるバレンティーノ・ロッシ。特に驚くレースの数々からピックアップして、各号紹介しています。

マガジンの各号の内容「バレンティーノ・ロッシについて」
1号 バレンティーノロッシについて
2号 記念すべき初勝利
3号 世界最高峰の舞台から激戦を紹介。
4号 2016年ハットトリック達成について

週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデルの専用バインダーは10月末まで発売中

2輪のモータースポーツ・ロードレースの世界の最高峰グランプリMotoGPで2004年からバレンティーノ・ロッシが乗っているヤマハ YZR-M...

ホンダの完璧なレーシングマシンに乗っていたバレンティーノ・ロッシが選んだヤマハ YZR-M1のことがマガジンで詳しくわかります。可動する超精巧なスケールモデルを組み立てていくので、本当に細かいところまで知ることが可能です。

各号ずつYZR-M1のそれぞれのパーツを徹底解説しています。

マガジンの各号の内容「YAMAHA YZR-M1について」
1号 YAMAHA YZR-M1について
2号 レーシングタイヤ、エンジン2ストロークから4ストロークへの転換について
3号 空気抵抗を考えたボディフォルムについて
4号 ガソリンタンクについて

https://www.fabre.asia/parts-assembly/

週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデルは、ステッカーまで忠実に再現。愛犬、愛猫が後ろに乗っている。(お守りに貼って...

第1号~6号まで組み立てることでフロントの足回りが完成します。

YAMAHAライセンス取得 YZR-M1の4分の1スケールモデルの各号の内容
1号 キャリパーブランケット(左)が完成します。
フロントカウリング、ブレーキキャリパー(左・上)、ブレーキキャリパー(左・下)、センサーステー(左)、キャリパーブランケット(左・上)、キャリパーブランケット(左・下)、加圧チャンバー、伸側アジャスター、圧側アジャスター
2号 フロントカウリングが完成します。
フロントタイヤ、ウィンドスクリーン、エアバルブ、フロントホイール(左)
3号 タイヤとホイールが完成します。
フロントホイール(右)、フロントフォーク、フェンダー取り付けステー(左)、ネジ B 2.3×5P-M/SIL、ネジ C 2.0×5C-S/SIL、六角レンチ(1.5mm)
4号 キャリパーブランケット(右)が完成します。
フロントフォーク、ブレーキキャリパー(右・上)、ブレーキキャリパー(右・下)、センサーステー(右)、キャリパーブランケット(右・上)、キャリパーブランケット(右・下)、加圧チャンバー、伸側アジャスター、圧側アジャスター、ネジ B 2.3×5P-M/SIL、ネジ C 2.0×5C-S/SIL
※仕様・内容・パーツなど変更になる場合があります。

1/4スケールモデルを組み立てるための説明書は、見やすい写真を用いてわかりやすくなっています。それでも組み立てるのが、なかなか分からなかったり、失敗する不安や暇が取れない方のために組み立て代行サービスがあります。

週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデルをデアゴスティーニ直送の定期購読にすると

  • 毎回自宅まで無料配送されます。買い忘れ、品切れがありません。お電話一本で途中解約も簡単です。
  • 全員プレゼントが自動的に届きます。応募する手間がいらなくて、応募忘れの心配もありません。
  • お支払い方法を選ぶ事が出来ます。
  • デアゴスティーニ・クラブオフを利用できます。優待サービスを期間中、何度でも利用することができます。

14号以降のお届けは、4~5回分の冊子と部品をまとめてのエコパッケージになります。

次回、「バレンティーノ・ロッシとYAMAHA YZR-M1 その6」に続く

参考資料:MotoGP2004オンボード

お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル