冷麺の肉とキムチと果物についての考察

暑い日や焼肉、お酒の後のしめにあると嬉しい冷麺は作り方が簡単、麺は長期保存が常温で可能だ。味だって添付のスープ(つゆ)で美味しいはず。辛さが自分で調節できる辛味のタレも付いているものだ。

具は準備しておかないといけない。(これは自宅で食べるラーメン、つけ麺にも言えることだ。)冷麺は簡単にできるが、具材がないとちょっと寂しすぎる。冷麺については、特に具材にこだわりたい。

冷麺には、少しだけ具が乗っているイメージがある。冷麺の具は、肉、キムチ、フルーツ(梨、スイカ)、キュウリ、ゆで卵が定番だ。

肉については、冷麺に乗せる肉を豚肉(豚バラ、しゃぶしゃぶ用など)にしてしまうと、豚キムチのような味になったりする。豚キムチは美味しいが、冷麺を食べているのに豚キムチはない。冷麺の麺とスープの味と豚肉は合いすぎている。それよりも冷麺の味のアクセントになる牛肉の方が良いのだ。(チャーシュー、蒸し豚、焼豚などは良い)

冷麺の具材となるキムチに関しては、冷麺のスープの辛味を上回る旨みと辛味のあるキムチで箸休めしながら、感動することが必要なのだ。

冷麺には、スープに辛味があるから、辛い味のものを食べて刺激されている舌を休ませるためにも、冷麺のスープと相性の良い甘い果物があると良い。

冷麺との相性がよい果物とは、食感が瑞々しく、ざらざら、シャキシャキするような果物のことだ。スイカ、梨のような味と食感が合いそうだ。スイカやシャキシャキの甘い梨がよいだろう。食感と味からスイカ、梨の代わりに甘いカクテキ、大根でも良いような気がする。

キュウリは新鮮なもの、ゆで卵は半熟ではないもの。

キムチは本格的なもの、牛肉は切り落としが合っている。韓国産のキムチ(こだわりの日本産)、牛肉は、訳ありの黒毛和牛の切り落としなど用意する。

少ない具材でうまい、満足の冷麺ができる。

業務用 韓国冷麺 10食セット


韓国冷麺 10食セット
楽天グルメ大賞2年連続受賞の冷麺。全国100店舗以上で使われている本場の味、とてもうまい韓国冷麺の業務用。小麦ベースのこしのある透き通る透明なシコシコ麺。

茹で時間1分で出来上がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加