豚肉はいろいろな料理に 牛肉はシンプルに 2

豚肉は、料理、加工に向いている。牛肉はシンプルに料理して食べるのが良い。

美味しくて人気のある、誰もが知っている豚肉を使ったメニューが物語る。

豚肉といえば、とんかつ、カツ丼、カツサンド。とんかつの王道は、衣は薄くサクサク、肉は柔らかく厚く、そして火が通っている。とんかつは、肉の質から揚げ方、何をつけるかなど様々だ。かなりのバリエーションがある。カツ丼は、溶き卵と汁の美味しさ。これもカツ(とんかつ)の質、揚げ具合など多彩だろう。

カツサンドは、それらのバリエーション豊富なカツ(とんかつ)をキャベツとともに、ソースと辛子(マスタード)をつけて、パンに挟む。カツサンドにおいては、パンのしっとりさが必要だと感じている。カツの衣は薄めがいい。 

生姜焼きは、誰でも簡単に作りやすくて美味しいものだ。生姜とタレはたっぷりと用意したい。 

豚肉とキャベツで作る美味しい野菜炒めに回鍋肉がある。 甜麺醤(テンメンジャン)、豆板醤などを入れて作る。

牛肉か豚肉かとなった時、私の場合、回鍋肉だけで豚肉を選びそうになる。そして、とんかつ、カツ丼。そして、ウインナー、焼き豚、チャーシューなど。

焼肉、ステーキとなれば、牛肉を選ぶが、範囲を広げれば、豚には、ベーコン、ウインナー、ソーセージ、ハム(焼豚)があるのだ。豚肉を使った料理には、回鍋肉、とんかつ、カツ丼がある。

餃子の基本は豚肉だ。シンプルな料理を食べるには、ほぼ焼くだけの牛肉がいいかもしれない。豚肉はひと手間かける、加工することで比べられないものとなる。

豚肉はヘルシーだと言われている。さらに、イベリコ豚の脂肪は体にとても良いようだ。

牛肉と豚肉どっちがいい?となると、一人暮らしや自炊のはじめのうちは、牛肉が良い。シンプルに一人分、フライパンで焼肉をしたり、ステーキを焼いたりする。これは簡単で美味しい。

料理に慣れてきたら、豚肉が良いかもしれない。

豚肉でも簡単にできるのが、ボイルか焼くかのソーセージ。カリカリに焼くだけのベーコン。豚肉の味噌漬けもなかなかののものだ。パックに入っていて、軽く焼くだけ(味噌を少し落としてから)。おかずの主役(メイン)に、酒のあてにもいい。

豚肉は一工夫して様々な特徴ある味、好まれる味ができる。

黒豚極みロース一袋 200g 5枚セット


黒豚 上ロース 5枚セット
脂身(白身)の絶妙な入り具合。黒豚一頭から数枚しか取れない希少部位。黒豚の甘みと旨みを味わえる!ステーキ、とんかつがおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加