手作りでも簡単、美味しいパスタ その2

ヒラメは、白身の淡白な味が良い。柔らかくて脂は少ないが旨味がある。魚の美味しさは脂のりとはいうものの、脂は少ない方が好みの方におすすめの魚がヒラメだ。

ヒラメは刺身では、エンガワとして好まれている。

「えんがわ」はヒラメのどの部分?

ヒラメのえんがわは、ヒラメのヒレを動かす筋肉の部分。あまり動かないでじっとしているヒラメだが、「えんがわ」の部分は泳ぐ時によく使うから、身が引き締まり弾力がある。うまみ、脂身もすごい。

エンガワとしては、冷たくして食べると美味しい。ヒラメの刺身は冷やして食べて美味しい。捌いてから一晩冷やすことで、身が締まり新鮮な状態よりも格段に美味しくなった。これも氷温熟成のようなものなのだろうか。 

ヒラメはそのまま焼いたものか、煮たものの皮と骨を取って使う。

フライパンを熱してオリーブオイルを入れて、刻んだにんにくを入れる。輪切りにした茄子を軽く両面に火を通して、刻んだトマトを入れる。塩を振って味に統一感を出す。

次に茹でたパスタをフライパンに入れて、ヒラメを入れる。ヒラメの身は食べやすい大きさにしながら、身がなるべく崩れないようにパスタに絡めるように混ぜ合わせる。

さらに塩をふってオリーブオイルをかけて、軽く混ぜて出来上がり。

ヒラメをパスタの具材として使うと美味しい。

旬の国産ひらめ「えんがわ」100g


国産ヒラメのえんがわ 100gパック
天然ひらめ1匹からわずか5%しかとれない縁側(エンガワ)。弾力のある食感と繊細で濃い旨み、脂濃さが人気。

旬に獲れた国産の天然ヒラメ(寒平目)のえんがわを急速冷凍。

解凍方法は、パックのまま流水で解凍(10~15分)、冷蔵庫内で時間をかけて自然解凍!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加