ガンを寄せ付けない健康法。よく笑うこと、楽しみ・趣味を持つなど

ガンとは

何らかのきっかけで正常な遺伝子が突然変異を起こしてガン遺伝子になり、ガン遺伝子を持った細胞にある縁があって、ガン遺伝子を持った細胞がガン化し無秩序に分裂・増殖して正常組織にとって変わってしまう病気がガン(悪性腫瘍)です。

ガンは全身のほとんどの臓器に発生する可能性があります

がんは、因・縁・果

因(原因)があるから果(結果)があるという「因果」という言葉がありますが、ガンの場合、「因(原因)」に「」が加わって「果(結果)」になる「因縁果」という言葉の方が当てはまります。

がん遺伝子がで、そこに(がん遺伝子をガン化させるもの)が加わってガン(悪性腫瘍)がになります。

どのような縁があると癌遺伝子は、癌(悪性腫瘍)になってしまうのでしょう
縁とは

どのような縁かといえば、

化学発がん物質や放射線、発がんウイルスなど、いわゆる発がん因子が縁となります。

体の中にある縁には、HTLV-1、肝炎ウイルス、パピローマウイルス、ピロリ菌などが知られています。
体外からの縁には、食塩、喫煙、アルコール、インスタント食品や加工食品に含まれている食品添加物、コレステロール、放射線、大気中の汚染物質、農薬などがあげられます。

しかし、このようながあってもガンになる人ならない人がいます。

私たちの体にはガン抑制遺伝子があります。がん遺伝子を抑える遺伝子があるのです。

それに生まれつき免疫機能を持っています。免疫機能は細胞のガン化を予防するだけではなくて、がん細胞を退治する働きがあります。

がん抑制遺伝子免疫機能を活性化させるためには何をすれば良いのでしょう
因・縁・果にガンの発生と進行をたとえましたが、ガンは体の免疫力が上がれば、がんの消滅などもあります。
趣味の音楽

楽しみを持って前向きに明るく♪

免疫機能を高めるには、ストレスをなくすこと、よく笑うこと、前向きにポジティブな気持ちで生きるなどがあります。

抗がん剤や放射線治療

病院などでのガンの治療といえば抗がん剤や放射線治療がありますが、抗がん剤や放射線治療はどのようなものなのでしょう。

抗がん剤とは

抗がん剤は、ガン化してそのガン化した細胞がガンになってしまったガン細胞だけをなくそうとするだけではなくて、正常な細胞をもなくそうとしてしまうので、困難に違いない副作用を生み出してしまいます。

放射線治療とは

放射線治療も抗がん剤と同様に非常に苦しい状態を生み出します。もちろん極力、抗がん剤や放射線の副作用が出ないようにするために、出来る限り少ない量にするなど配慮されているようですが、抗がん剤の量や放射線の量が少ないと、それだけガンに対する効果も低くなってしまうということです。

生活習慣、普段の生活、毎日の食生活、心(精神)持ちでガンは予防できて、またなくすことができるという医師、著名人の著した本が多数あります。

ガンはこれで治せる!なくせる

  • ブドウ糖がガンのエサになるので、ブドウ糖を断つ!
  • 肉の脂肪は固まるが、魚の油は固まらない。肉食べないで魚食べてサラサラ。
  • 「体を温める」を常に意識する。
  • 加工食品を食べない。細胞を食べる。細胞を食べるとは、自然食品、自然に近い食品。とれたてやとれたてに近い新鮮なものを食べるということ。添加物の入っていない食品、無農薬、有機栽培のものなど。

宗像久男x甲村規夫「医術の自然回帰」で免疫力アップ!講演会ワールドフォーラム 2017年5月

【DVD】宗像久男x甲村規夫「医術の自然回帰」で免疫力アップ!講演会ワールドフォーラム 2017年5月

【DVD】宗像久男 x ジェイ・エピセンター「医術の原点回帰」と心身の元を糺す講演会 ワールドフォーラム2016年9月

  1. ガンは5年以内に日本から消える!  宗像久男 (著) / 小林英男 (著)
  2. ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!  福田一典 (著)
  3. 医者に頼らなくてもがんは消える  内海聡 (著)
  4. ガンが消えていく食事 成功の秘訣  済陽高穂 (著) / 志澤弘 (著)
  5. 京都府立医大のがん「温熱・免疫療法」   吉川 敏一 (著)
  6. がんの芽をつむにんじんジュース健康法 星野 仁彦 (著)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする