冷蔵庫を開けると、水まんじゅうが入ってる

夏の風鈴 スイーツ・菓子

冷たくして食べる水まんじゅう。水分が多くて、つるっとした生地に餡が入っている。

冷蔵庫を開けると水まんじゅうが入っていると夏だなぁと思う。夏の贈り物としてもらう水まんじゅうは、新しい夏の風物詩になっている。

まんじゅうは、冷房の効いた部屋にしばらくいない限り、夏にぴったりというスイーツではない。しかし、水まんじゅうにすると、夏にぴったりのスイーツになる。

水まんじゅうは全て似ているようだが、店によって、餡(あん)によって全く味が違う。

水まんじゅうの皮もそれぞれだ。

水まんじゅうの皮は、水に寒天と葛(くず)を入れて作る。材料がシンプルで水分が多いから「水」によっても味に違いが出る。

美味しい水で作られた水まんじゅうを食べたいものだ。

水まんじゅうは、寒天が主な原料の低カロリーな水菓子だから、糖分が気になる方にもおすすめだ。

夏の楽しみ 贈り物に 伊豆の水まんじゅう


水まんじゅう(夏限定)6個入

伊豆の自然の恵みをお菓子に。上品で滑らかな口あたり。
生地は吉野葛と寒天。餡(あん)は、こしあん。手作りの水まんじゅう。
静岡県熱海にある菓子舗間瀬(明治5年創業)から冷蔵で届く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました