自分に戻れる ほっとする 味噌汁

料理を作っている女性 スープ

ほっとしておいしいのが味噌汁だ。嫌なことを思い出して頭から離れないなど、そんな時でも自分に戻してくれる。優しい味わい。

みそ汁の作り方は簡単。出汁をとるのにコツや熟練さが必要なようだが、実際にやってみると簡単。煮干し、昆布などをお湯に入れて沸騰させる、もしくは沸騰させたお湯に入れる。

ダシのとり方は、沸騰までさせないお湯の温度で煮干しや昆布などをからダシをとる、味噌をお玉などに入れて、お湯で味噌を溶く(結構、味噌の量がいる)などが一般的だ。

簡単に作りたい場合は、ダシ入りの味噌などもあるからみそ汁は簡単に作れる。

具材は、わかめ、野菜をたくさん入れるのが良い。粉末、フリーズドライ、インスタントなどのみそ汁もある。自分で具材を用意して作るのは大変なくらいの多種多様な具材が入っている味噌汁も少なくない。

味噌汁はないよりはあった方がずっといい。食べているうちに好きになる。自分で作ろうと思ってもなかなか作れないみそ汁もある。

味噌汁があると、栄養と味わい、食事として満足するものになる。

食べ始めは野菜から食べるのが良いということを知っているだろうか。太りにくくなるからだ。キャベツなどの野菜をご飯や肉を魚を食べる前に食べると、脂肪分、炭水化物など吸収される量が少なくなる。毎食、毎日続けていると、脂肪がつきにくくなるまた野菜の栄養を毎食、毎日摂取することが習慣になる。

1~2人暮らし、時間をかけられない時など野菜を用意するのが大変な時。野菜を食べたいけど、野菜を食べるのが身体に良いのは分かっているけれども用意できない。そんな時に味噌汁があれば、キャベツやサラダなど用意して食べるのと同じくらいまではいかないだろうが、最初に野菜を食べる食事に近くなる。

味噌汁の具を食事の最初に食べることで、味噌汁の具の野菜、海藻などが、吸収される脂肪・糖質を少なくしてくれる。

ただ、味噌汁に野菜がたくさん入っていることが条件になるが、野菜が少ない味噌汁でも、海藻、豆腐が少しだけでも、野菜を全く食べないよりは、よいのではないだろうか。味噌の栄養も取れる。

美味しくて栄養ある味噌汁をいつでも食事に。具材と味噌の栄養を温かくいつでも体に。

豊富な種類の味噌汁がお湯を注ぐだけで誰でも簡単にすぐにできるフリーズドライのみそ汁は、常温保存できて、軽くて小さいから弁当に合わせて、室内での保管にも便利。一人暮らしでも、時間がなくとも、夜食でも簡単に用意できる味噌汁だ。

豊富な種類のみそ汁の出来立てを瞬間凍結しているから、お湯を注ぐだけで好みの具材の味噌汁がいつでもどこでも食べられる

毎日選べる  フリーズドライ みそ汁 31種


アマノフーズ 味噌汁 1ヶ月セット
毎日でも飽きない。1か月分31種のフリーズドライのみそ汁!いろいろな具材の味噌汁を毎日楽しむことができる。

フリーズドライだからお湯を注ぐだけで簡単にすぐ味噌汁ができる。しかも作りたての美味しさが味わえて、ビタミンなど栄養分が損なわれにくい。

常温で長い間保存できて、持ち運びも楽!お湯とカップさえあれば、どこでもみそ汁ができる!

忙しい時に。弁当に付けて。アウトドア・キャンプに。一人暮らしに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました