濃すぎた、冷めたメタボメ茶。二番煎じで平均化すれば美味しく飲める

美味しくて香り高い、飲んで満足。黒豆から生まれたメタボメ茶。
メタボメ茶という名前のブレンド茶は、黒豆茶を中心にウーロン茶と杜仲茶をブレンドしたもの。美味しくて内容の濃いお茶。あなたと家族のダイエットの味方、健康を目的としたタボメ茶。


気になりだしたその体重にメタボメ茶!970円

体の健康のために飲み物はメタボメ茶にしよう。メタボメ茶は、黒豆茶、烏龍茶、杜仲茶、プーアール茶のブレンドティー。

ティーバッグを茶器にいれて、お湯を注いで蓋をして注ぐだけ。

焙煎した黒豆の香りのする野草茶(メタボメ茶)は、飲むたびに美味しい不思議な充実感のあるブレンド茶だ。

お腹まわりを気にしている

こんなふうに、気になりだしたら

あったまるメタボメ茶を飲んで1か月

メタボメ茶のいれ方ですが、ポットに入れて10分ほど待つというのが基本的なメタボメ茶の入れ方。そして、飲むタイミングや時間など失敗した場合の対処法など。

コーヒーサーバー&急須でいれる

お茶やコーヒーのように、その場で何杯か温かいメタボメ茶をすぐに飲みたいこともあるかもしれない。

2~3杯、お茶を飲むようにメタボメ茶を飲みたいという場合は、普通の急須にメタボメ茶のティーバッグを入れるだけで、うまいメタボメ茶を出すことができる。

急須でメタボメ茶をいれるやり方だと、2回目、3回目は、お湯を入れてからの待ち時間を少し長くすると美味しく飲めるようだ。

メタボメ茶が冷めてしまった場合

何かしていたり、何かに気を取られて温かいメタボメ茶が冷めてしまったり。メタボメ茶のティーバッグをコーヒーサーバーや急須に入れてからの待ち時間が長くなってしまって、濃くなってしまった。

  1. あったかいメタボメ茶を飲みたかったけど、冷めてしまった。
  2. 急須で出した1回目、2回目のメタボメ茶が思ったより濃かった。

などという場合でもメタボメ茶を捨てないで、後でいれた(2番煎じ)温かいメタボメ茶と混ぜて飲むと美味しく飲める。

1には、温かいメタボメ茶。2には、薄いメタボメ茶。

などを入れれば平均化する、というわけだ。


気になりだしたその体重にメタボメ茶!970円

メタボメ茶を飲んで1カ月経過

約1ヶ月、メタボメ茶を飲んだ。
僕の場合、コーヒーの代わりに飲んでいて、またコーヒーを飲む日でもコーヒーは一杯だけにして、後はメタボメ茶にしたり、寝る時にはペットボトルにメタボメ茶を用意して、目が覚めた時の水分補給に使った。

水分補給に飲みたいほど、香り高く甘くすっきりしていて、おいしかったと記憶している。

健康のためにウォーキングなどもしているが、食事を制限することを考えなくとも、体重は安定しているようだ。