小さいけれど糖の吸収を抑える。植物の力でおだやかに。

メタバリアS【現在はメタバリアEX】という機能性表示食品のイチオシしたいと特に思った印象的なところは、糖の吸収を抑えるだけではなくて、腸内環境を整えるというところ。腸内環境を整うのならば、安心して好きなものを食べることができる。(少しの運動ちょっとした心がけの食事制限は必要)

※リンク先は、いきなり動画が再生されているページですので、表示に時間がかかります。


頑張らないあなたに メタバリアS(リニューアル版「メタバリアEX」)

メタバリアSは、食前に飲むと頼もしいサプリメント

メタバリアSに含まれているサラシアは、スリランカやインド南部に自生している。

メタバリアSの体験談

食べる食事の量に合わせてメタバリアSの粒数を決める。
おもしろいところだ。

メタバリアSの袋とタブレット

夕食の時、カレーをたくさん食べる際に食前に4粒を飲んだ。

ブランチの時は、2粒にした。

飲むときに、少しだけ独特の匂いと味がした。
少し苦みがあるが、舌で味わおうとしない限りそんなに気にならない。

○○は口に苦し、のようでサラシアと言う植物由来の素材には、伝統と歴史のようなものを感じる。

それでも小さな粒なので飲みやすい。

メタバリアSと食事量

夜食。上の食事量ならメタバリアSは、2粒が適量かな。

サラシア由来のサラシノールには、腸内環境を整える機能がある。
善玉菌を整える腸内フローラのバランスをとるには、ヨーグルトや納豆やキムチなどで乳酸菌をとる必要があるが、メタバリアSを摂取後、ビフィズス菌の割合が約5倍になったとのデータもあるので、乳酸菌が豊富な食べ物を食べられない時でも安心できる。

メタバリアS(リニューアル名「メタバリアEX」)の特徴

食べる前に飲むサプリメントだというところ。
食べる前に飲むというところと、1日の摂取目安量1回あたり、どれぐらい飲むかの目安が食事の量に合わせるというのも興味深いところ。

食事の内容やボリュームに合わせる
メタバリアの3つのおもしろさ
  1. 食べる量に合わせて粒数を決める
  2. 粒が小さい
  3. 食べる前に飲む

メタバリアSは、機能性表示食品として消費者庁長官に届出されている。

※特定保健用食品ではありません。

特定保健用食品とは消費者庁長官に個別審査を受けた食品のこと。メタバリアSは、機能性表示食品【届け出番号 B218】

メタバリアSは、サラシアの安定化に関する特許取得している。

食事の量に合わせて、食前に飲み始めて3日ほど

飲み始めて10日ぐらい腹八分などを心がけることなく食べていた。
2、3日、頂き物が多くて食べ過ぎている。1日に2回、目安を4粒にして飲むこともあった。
約10日経過、体重は73キロあったのが、72キロを切ったぐらいになった。(71キロ台に入っていた。)

食事制限はしない状態で、メタバリアSを食事量に応じて、2粒から4粒を目安に飲んでいたことになる。

メタバリアSを飲みはじめるまでは、食べ過ぎる日が続いてしまうと、すぐにお腹、ウエスト周りが出てしまうようになっていた。
現在は、気にしないで食べているが、お腹、ウエストは太くなっていない。(運動は少ししている。)

メタバリアS(リニューアル名「メタバリアEX」)は、小さな粒のサプリメントなので飲みたい時に素早く口に入れて飲むことができる