食べ物からアントシアニン、ルテイン。サプリで補助、楽に見る生活

食べ物からアントシアニンをできるだけ取りたいもの。アントシアニンが比較的多く含まれている食品を紹介する。

米ナスとブルーベリー

米茄子とブルーベリーには、アントシアニンが比較的多く含まれている。

アントシアニンが比較的多く含まれている食べ物
桑、ぶどう、紅芋、クランベリー、ラズベリー、ボイセイベリー、りんご(赤い部分)、いちご、カシス、紫キャベツ(赤キャベツ)、椿、小豆、なす、ブルーベリー、黒豆(黒大豆)、赤しそ、黒ごま、プルーン、さつまいも(特に紫芋)、ビルベリー、アサイーなどにアントシアニンが比較的多く含まれている。

桑の果実は、「とどめ」「マルベリー」と呼ばれている。

紅芋は、別名ダイショで紅山芋とも呼ばれている。沖縄県のお菓子・料理が有名だ。
ボイセイベリーは、ジャムやパイなどに利用されていて、広島県呉市での栽培が盛んだ。

秋の味覚として、ブドウは果実を食べたり、ワイン、ジュースとして飲まれている。ワインは古代ローマ時代には当たり前にあった。

りんごは、赤い皮の部分に含まれているので食べられる人は、赤い皮ごと食べるなど。椿はつばき茶などで栄養分を取ることができる。

ブルーベリーは、ブルーベリージャム・パイなどにして。家庭菜園などでも栽培可能だ。2、3本育てば、収穫の時期には毎日食べきれないほど収穫できる。

黒豆は黒豆茶などが一般的だが、柔らかくして食べることもできる。赤しそは、しそジュースなどで。

アサイーを利用した目のためのサプリのレビュー
長時間の液晶画面を見ることによる疲れる目と顔に、目の健康維持に。パソコン・スマホの画面をよく見る方、サッカー、ゴルフのテレビ観戦、映画・ドラ...
ルテイン

ルテインは緑黄色野菜、果物に多く含まれています。

ルテインを比較的多く含む食べ物は、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、豆類、アオサ(アオサノリ)、ケールなどです。

緑黄色野菜、果物をたっぷり食べるようにすると良いでしょう。

果物の糖分「果糖」は、糖分の血中濃度が緩やかな上昇になる。

甘いものを食べるならば、果物(フルーツ)やハチミツがおすすめだ。

黒砂糖のように濃い味のハチミツ オーガニック ジャラハニー
NATURAL ORCHESTRAの「プレミアムオーガニック ジャラハニー」は、良心と質の良さが詰まっている蜂蜜(ハチミツ)。 天...
アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは、1938年リヒャルト・クーンたちによって発見された色素物質。
名前はギリシャ語のyellow flower「黄色い花」に由来するが、アスタキサンチンの色は赤色だ。

フラミンゴのピンク色のもとになっている物質でもある。

藻類の一部やオキアミ、海老、タイ、サケ科魚類の赤色部分や卵(イクラ)などに含まれています。

鮭、海老などは日常の食生活に取り入れやすいので、眼の疲れの緩和、パソコンやスマホ画面からの光(ブルーライト)、紫外線、フリーラジカル対策に美味しく食べたいものです。

DHAとは

DHAとは、ドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)を略した名前で多価不飽和脂肪酸の1つ。

薄い黄色の油状の物質で、広義では必須脂肪酸とされている。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、鱈(たら)、にしん、鯖(さば)、鮭(さけ)、鰯(いわし)、オキアミ、鮪(まぐろ)の油などに、比較的多く含まれている。
近視と遠視・眼の疲れ・眼に必要な栄養について