産地(露店)のメロンとカットメロン

夏のフルーツといえば、スイカに並んでメロンが挙げられる。スイカより小さいが、甘くて美味しい。香り豊かで芳醇なフルーツだ。

メロンは、食べやすい大きさに切って、何等分かに切り分ける。種はまとめて取るから(まとまっているから、すぐに取れる。)食べやすいフルーツでもある。(包丁やナイフは必要)

種を取ったら、スプーンで果肉をすくって食べる。スプーンで取りやすいように、もしくは楊枝やフォークで食べやすいように、一口サイズに切っても美味しさは変わらない。

私は一口サイズにカットされている方が好みだ。

店頭に並んでいる時点で一口サイズに切ってあるカットメロンなどは、1人暮らしでもお風呂上がり、夏のひと時にとても良い時間を過ごさせてくれる。

海に行く途中でスイカと同じように、夏だけ(旬の時期)に露店で売っているのも夏らしくて良いものだ。カットしてあるメロンを普段食べるのも美味しいが、海水浴の帰りに産地の露店で買ったメロンを食べるのもまたおいしい。

一年に一度くらいは、メロンの高級感なども趣があって良い。訳あり、美味しくてリーズナブルで食べやすいメロンなども、とても美味しい。

いつでも見つけた時に食べたい、産地まで行かない場合は、切り分けたカットメロン。

1年に1度など、家族、多人数で海に行く夏だけなど、産地で買ったメロン。

カットメロンは、純粋にメロンの美味しいところだけを手軽に味わうことができる。

産地(露店など)のメロンは、夏の産地の空気感など、メロンそのもの、産地にまつわる美味しさがある。

口に入れると柔らかく甘く、ちょうど良くじわっ~と染み渡るおいしさのメロン。
一年中食べてもおいしいが、特に夏、気温の高い日などに冷やして食べると、とんでもなく美味しいものだ。
お風呂上がりなどに食べたい。休日や午後のささやかな楽しみ、おもてなし、贈り物、手土産に喜ばれるメロン。

メロンの食べ頃の目安

食べ頃の目安は、メロンの表面の皮が薄い黄色~濃い黄色になった頃。メロンの底の部分を指で押してみて、やわらかくなっていたら食べ頃となる。

薄い黄色になってきたメロンは、2つに切って、わたと種をスプーンなどで取り出して、ラップで全体を覆って冷蔵庫で冷やしておくこと。

届いたメロンが熟すまでの置き方

メロンのツル(へた)がついた部分を上にして、そのまま縦にして置いておくとメロンの底の部分だけ先に熟してしまうから、横に置いて熟すのを待つ。

固いうちに切ってしまった

メロンは収穫された後、届いてから美味しく食べるには追熟が必要だが、固いうちに切ってしまった場合でも、種やワタを残してラップに包んで常温に置くと追熟が進む。

ちょうどよく熟したところで美味しく食べられる。

固いうちに切ってしまっても、種を取らないでラップに包んで常温に置くと追熟が進む。

メロン専門店の富良野メロン 朝もぎ直送!大玉1.6kg

 


富良野メロン 大玉Lサイズ1玉詰

昼夜の寒暖差がとても激しい地域「富良野」で減農薬の工夫をしながらハウス栽培している富良野メロン。糖度は15度以上!贈り物におすすめ。

夜の間に旨味をたくさん貯め込んだメロンを朝に収穫している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加