生アガリクス100%エキスをおいしく体に 第2回「麻婆豆腐」

無添加100%・無農薬の培地に無農薬で育った純国産の姫マツタケ(アガリクスの別名)を同じ工場内でとれたて生のエキスを抽出!!
がんとアガリクスに関する研究結果についてアガリクス講座のYouTube版でわかりやすく解説されていますので、是非ご覧ください。


健康を維持したい。自信を持ちたい。無添加・無農薬の国産アガリクス100%エキス

麻婆豆腐は、麻婆豆腐の素と切った豆腐をいっしょに熱するだけで、すんなりとできると思っていましたが、片栗粉を水で溶いたものを火を止めたフライパンのなかの具材にかけるという、料理らしい、ひと手間があります。

料理初心者にとっては、なかなかの手間だと思いますが、そこだけなので生アガリクス100%エキスを使った料理のレパートリーに麻婆豆腐はおすすめです。

生アガリクス100%エキスを料理に利用して美味しく続けよう!

生アガリクス100%エキスを1本の半分(25ml)使用の辛くない麻婆豆腐

アジアか昭和の台所

材料(1人~2人分)

具材

豆腐   1丁の半分(約150~200g)
ひき肉  約50g
生姜   適量
ニンニク 1片(適量)
ネギ   適量
片栗粉  大さじ1

ごま油 大さじ1

タレ

甜麺醤(テンメンジャン)  小さじ1
しょう油・酒・砂糖     小さじ1ずつ
無添加・鶏ガラスープの素  小さじ½
天然塩           適量
水             75ml
生アガリクス100%エキス   25ml(1本の半分)


飲むきのこ【純国産 生アガリクス100%エキス】

手順

1、 テンメンジャン(小さじ1)、しょう油・酒・砂糖(小さじ1ずつ)、無添加鶏ガラスープの素(小さじ半分)でタレを作ります。
生アガリクス100%エキス25ml(1本の半分)と水75ml(合計100ml)で片栗粉大さじ1を溶いておいて、片栗粉の汁を作っておきます。

2、フライパンにごま油を大さじ一杯くらい入れて熱します。そこに、おろした生姜と刻んだニンニクを入れてからひき肉を入れます。ひき肉に火が通ったら切った豆腐とネギを入れます。

3、ひき肉やネギなどと一緒に豆腐を炒めて、豆腐に火が通ったら作っておいたタレを加えて炒めます。天然塩を少しふって味を整えます。

タレが具材になじんだところで火を止めて、水とアガリクスエキス(計100ml)で溶いておいた片栗粉の汁をかけて、かき混ぜて、できあがりです。

長野県で無添加・無農薬栽培(培地も)で育った生アガリクス100%エキス

作って食べてみたレビュー

コクが出ていて美味しかったです。また豆板醤を入れない辛くない麻婆豆腐なので、そのような辛味がないのが、また美味しかったです。

また、アガリクス100%エキスが出汁となり、その味と風味が本格的な料理のようでとても良かったです。その風味を例えるならば、しいたけの戻し汁やきのこから取った出汁のような、きのこをたくさん入れた麻婆豆腐のような風味です。

麻婆豆腐の場合、市販の麻婆豆腐は出来上がっているタレと片栗粉が付いているくらいで、麻婆豆腐を作る手間は、あまり変わりません。お子様や辛いのが苦手な家族、辛くない麻婆豆腐が食べたい時など麻婆豆腐をタレから作るのはおすすめです!

次回、生アガリクス100%エキスをおいしく体に 第3回「ポタージュスープ」に続く