気泡がしるし。はなまるの出来、ケフィア。夏は涼しい場所で置く。

ロシアでは一般的によく食べられているヨーグルトでケフィアの種菌で作る。ケフィアの種菌を牛乳や豆乳に入れるだけ。

美味しいケフィアヨーグルトが出来上がる。4種類の乳酸菌と3種類の酵母が入っていて、お腹スッキリ、ダイエットに。


ご家庭で作る、カンタン手作りヨーグルト

ケフィアとは

ケフィア(ケフィアヨーグルト)とはケフィアグレイン(ケフィアの種菌)を牛乳や豆乳などに入れて発酵させたもの。ケフィアグレインには酵母数種類の乳酸菌が共生している。
そして、ケフィランという多糖類を産生して、互いに結びつくようにグレインが形成されている。
牛乳を発酵させたものとしてはヨーグルトが一般的だが、ヨーグルトは1~2種類の乳酸菌の発酵でできており、酵母は入っていない

ケフィアに苺にイチゴジャム
暑くなったり、極端に寒くなったりの日が続いている。

異常な暑さのあとの冷気や、極端に冷えた空気のおいしさと肌への気持ち良さ。新しい気候の感覚が出てきた。

ケフィアヨーグルトを作る際には、ウォーマーがあると良いと思う。

ケフィアウォーマーとは

ケフィアウォーマーはケフィア用の保温器。牛乳パックを包むだけで、ケフィアにとって最適な発酵温度である25°前後が保たれる。ケフィアヨーグルトを作るには、気温が18°以下の日などは保温する必要がある。

※夏は、30度以下の涼しいところに置いて作る。

ケフィアウォーマーの使い方
牛乳パックにケフィアウォーマー

いつでも適温が保てる専用ウォーマー

1、牛乳パックにオリジナルケフィアの種菌を入れて、菜箸などで(長めの箸)でかき混ぜる。(牛乳パックのふたを閉めて上下に振ってもいいが、上手に振らないと少しこぼれてしまう。)ケフィアの種菌が牛乳とよく混ざればいい。

2、牛乳パックをクリップなどで閉じた後、ウォーマーで牛乳パックを巻いてマジックテープを合わせる。

※あまりきつく締めると、パックの中の牛乳が飛び出してしまうこともあるから注意が必要。

3、電源プラグをコンセントに差し込む。スイッチはついていない。コンセントに差し込むだけ。約24時間後、ケフィアヨーグルトが出来上がる。

出来上がったら、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。

人の体温は、約36度くらいだから、ケフィアウォーマーを触っても温かく感じることはない。25度前後に保てるように、温度設定がなされている。

牛乳パックは温かく感じられる。

実際に作ったケフィアヨーグルト

ケフィアヨーグルトの基本的な作り方は、1ステップのみ。牛乳にケフィアの種菌を入れて、かき混ぜる。そして、24時間待つ。

午前中、ケフィアの種菌を仕込んだのができているようだった。

牛乳パックの中を覗いてみると、生きているケフィアの種菌が牛乳をケフィアヨーグルトにしてくれていたようだった。牛乳パックからケフィアを出して、他の容器に入れて冷蔵庫に移すことにした。

出来上がった牛乳パックの中のケフィアヨーグルト

表面の気泡が固まっている

出来上がったケフィアヨーグルト。気泡がプツプツと出ているように固まっている。ケフィアヨーグルトにしては、十分に固まっているということで大成功。

見事に出来上がっていた。気温が低めだったり時間が短かったりすると、気泡が出たようには固まらないで、表面がつるつるになっている。

十分にできたと言える。

食感は飲むヨーグルトと普通のヨーグルトの中間ぐらい。ゆるめのプレーンヨーグルトといった感じだが、フレッシュさが体にすっと入り込むような、おいしさがある。

楽天市場でレビュー多数・高評価


オリジナルケフィア 1袋(16包入)【ケフラン 楽天市場店 】