イカは、生で焼いて、漬けて揚げて

イカはとてもバリエーションが豊富な食べ物だ。ご飯に乗せて、おかずとして、お酒のあてとして人気がある。

イカを揚げたスナック菓子のような「いかフライ」は大人気だ。イカと言えば、するめ(あたりめ)は定番のおつまみだ。軽く炙って食べると、香ばしさに感動する。うまみもジュワッとくる。

イカの身は高タンパクで脂肪が少ないから、脂肪が気になるとき嬉しい食べ物だ。

イカの身を焼くだけで出来るイカ焼きには、マヨネーズをつけることが多い。イカ焼きに使うイカにスルメイカの一夜干しがある。スルメイカの一夜干しには定番的な美味しさがある。特に産地の一夜干しは、何とも言えない味がある。

イカの刺身「イカ刺し」の特に好みの味は、甘いイカ刺しだ。甘さが意外で面白い。甘いイカ刺し、イカそうめんは、いくらでも食べられそうな美味しさがある。

白い生のイカに衣をつけて揚げる「さっくりとしているイカの天ぷら」のことを思い出した。固めた練り物?加工している?というくらいイカの天ぷらの「サクッ」には驚きがある。

イカの天ぷらには、イカゲソ、げそ天もあるが、そばに合う食べ応え、食べやすさがある。そばつゆにあっているのだ。

イカの天ぷらでは、イカリングも美味しい。しばらくぶりにイカリングを食べると感動する。丸い形も面白くて、いくつでも食べたくなる。

面白いといえば、イカスミのパスタが流行した時期があった。今はさほど注目されているわけでもないが、イカのスミとイカの身、内臓を入れたソースが、イカスミのソースだ。口の中、歯などが真っ黒になる。口の中が真っ黒になるのだが、イカの旨味がソースに凝縮されているような味で美味しいのだ。

イカの旨味が染みている「いか飯」は、イカの身にご飯を詰めて蒸したものだ。イカの旨味がご飯に染みていて美味しい。

ご飯に乗せておいしいイカとなれば「イカの塩辛」だ。また、ご飯におなじみの納豆は、イカにもよく合う。

イカの塩辛は、つまみとして、ご飯に乗せて、食べたいものだ。

イカの塩辛は、それぞれ商品によって味がさまざまである。イカのワタやそれぞれ独自の調味料、ダシなど使っているから、それぞれの塩辛には個々の魅力がある。

イカは、生で、揚げて、焼いて、漬けて、美味しく食べられている。さらに高たんぱく、低脂肪で栄養ある食材だ。

仕込みにひと手間!いか一夜干し塩辛 120g瓶


一夜干し塩辛(120g)
イカ本来の旨味を凝縮させた一夜干しのイカを使用している。手間暇かけた塩辛に、さらに仕込みを加えた一夜干しイカの塩辛!ギフトにもおすすめのパッケージ。

イカは栄養豊富で旨みを多く含んでいる。ご飯のお供、お酒のあてに。じゃがいもにのせて食べるのもおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加