人と環境にやさしく好きになれるヒノキと森の香りで衣類を防虫できる

「人にも環境にもやさしい」エコロジーグッズのエコデパジャパンに植物成分の防虫剤がありました。
おそらくアロマの精油に、それと何か植物成分を使って衣類用防虫剤として製品化されたものでしょう。使ってみたいかも、と思いながら見ることにしました。


植物成分のヒノキの香りと森林の香りで衣類に虫を寄せ付けない

エコデジャパンの植物成分防虫剤は30種類以上の精油をブレンドした防虫剤です。植物が身を守るために出しているフィトンチッドの効果を利用しています。

家庭の衣装ケースや洋服ダンス、クローゼットなどに保管している洋服に発生しやすい、イガ、コイガ、ヒメカツオブシに対する防虫テストにおきまして効果を実証しています。


【衣類の防虫】 植物成分防虫剤タンス用4包 森の香り 【お試し用】

香りは爽やかな森の香り。
有効期限は、未開封で約2年も持ちます。使い始めて約3ヶ月~4ヶ月持ちます。(湿度・温度によって多少異なります)
使い終わった後は、燃やせないゴミとして捨ててください。

開発者の先生からひとこと
現在多くの家庭では、化学合成物の防虫剤を使用していますが、効果がある一方、あらゆる有害な成分が室内に広がってゆき、喘息やアレルギー(シックハウス症候群)の一因になるといわれています。植物成分を使っている防虫剤は安全性が高く、やさしい香りで消臭効果も期待できます。(薬学博士 吉野俊雄先生)

見たことありませんか?

ピレスロイド、ナフタリン、パラジクロロベンゼンなどの成分。

エコデジャパンの植物成分防虫剤は、それらの化学物質を一切使用していない防虫剤です。
これだけで体と環境にやさしい防虫剤、と新鮮な感覚を覚えることでしょう。

ヒノキの香りのする桶

ヒノキの香りのするお風呂などヒノキを利用したものは多い。※ヒノキに対してアレルギーの方もいる。

管理人は土にかえすことのできるヒノキのネコ砂など愛用している。

樹木の精油をブレンドした衣類用防虫剤。爽やかな柑橘系と森林の香り・ヒノキの香りなど植物の力で衣類を防虫します。肌が敏感な方、化学薬剤は使いたくない方、妊婦さんと赤ちゃん、小さなお子様の衣類に安心して使うことができます。

衣類害虫の防虫テストにおいて効果実証済みの防虫効果。
三大悪臭についての消臭テストによる効果実証済みの消臭効果。
安全性テストとして急性経口毒性試験・パッチテストなどにより安全性に関して問題なしと確認。
~エコデジャパンの衣類の防虫のページより

衣類を虫から守るためにアロマの精油を用いていました。

化学薬剤の有名な防虫剤でしっかり防虫というのが、当たり前の風潮ではありますが、私はアロマの精油で防虫剤したいので、防虫が必要となる頃にアロマの精油が手元になくなっていると、アロマの精油を買っていました。

ナチュラルアロマのピュアで定評ある精油(エッセンシャルオイル)

植物から精油を抽出し始めて1時間以内のエクストラと呼ばれる精油を基準として販売しているナチュラルアロマ(フランスのパイヤンベルトランド社のエッセンシャルオイルを取り扱っています。)で取り扱っている精油は自然のままの精油です。

精油を薄めたり(希釈なし)、合成香料などは使用しておりません。

衣類をアロマの精油で防虫する方法【手作り防虫剤の作り方】

https://www.fabre.asia/aroma-bouchu/

化学薬剤として、農薬が使われている防虫剤に比べると、効き目が穏やかで2週間~1ヶ月くらいで交換しないといけないので、衣類が守られているかどうか大丈夫?となったりすることがありました。最近、化学薬剤の方に切り替えました。価格が安く、しっかりと効きそうなので。

これまでは、精油で防虫していたけれど、農薬の防虫剤ならば、しっかりと衣類を虫から守ってくれそうです。精油での防虫は、取り替えが面倒だったり、忘れてしまっていたりで、虫が嫌がる成分は化学合成物(農薬の防虫剤)より弱いのです。

それでも、その安くてしっかりと効く化学薬剤を用いた防虫剤を使って保管していた服を着る際、アロマの精油で防虫していた頃と違い、何か抵抗がありました。服に何かついていて、ひんやりとするような感じでした。

農薬(化学合成物)の防虫剤は嫌でも、安くてしっかり効きそうなところから仕方なく使っていたとも言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする