ABPSを料理に その1 キノコと茄子のスパゲッティ 姫松茸風味

きのこと野菜を使ったスパゲッティに姫マツタケの味(【国産姫マツタケ:ABPS】)を加えてスパゲッティを作ることにしました。


純国産ヒメマツタケ使用の姫マツタケ多糖体顆粒のサプリメント ABPS

ABPSを料理に取り入れると良さそうな料理で、まず何が思い浮かんだかといえば、きのこなどを入れたスパゲッティの味付けに使えば美味しいのではないかと思ったからです。

秋の味覚、しめじ、エリンギ、しいたけなどは簡単に手に入ります。それに季節の旬の野菜などを入れれば、体にも嬉しい美味しいスパゲッティが出来上がります。

OKサインを出している女性

キノコと茄子のスパゲッティ 姫マツタケ風味のレシピ

キノコと茄子のスパゲッティ 姫松茸風味

  1. スパゲッティを茹でます。
  2. その間に熱したフライパンにオリーブオイルを入れてから、みじん切りにしたニンニクを入れます。にんにくとオリーブオイルの香りができるように、ニンニクのエキスがオリーブオイルに溶けたら、輪切りにした茄子と獅子唐と食べやすい大きさに切ったエリンギとシメジを入れます。(ここで塩を加えて具材に味をつけても美味しいです)
  3. フライパンに入れた具材に十分に火が通ったところで、茹で上がったスパゲッティを入れます。塩で味を整えます。ここで姫マツタケのABPSを入れた後、スパゲッティの茹で汁をスプーン2杯ほど(大さじ2杯くらい)入れます。
  4. スパゲッティと具材とABPSを絡めて出来上がりです。
今回使用した材料
ナス・シシトウ・エリンギ・シメジ・オリーブオイル・ニンニク・塩・スパゲッティ・ABPS(ヒメマツタケ多糖体顆粒)

フライパンに茹でたスパゲッティと具材を入れてからの「キノコと茄子のスパゲッティ 姫松茸風味」の作り方

1、具材とスパゲッティを絡めたところでABPSを入れます。

2、ABPSを入れました。姫マツタケの香りがします。本物の本格的な出汁のような味が出るので楽しみです。

3、ABPSをスパゲッティのソースにする感覚

顆粒のABPSをソースにするような意味合いでの茹で汁なので重要な茹で汁です。

スパゲッティについた色は、ABPS(ヒメマツタケ多糖体顆粒)の色です。

姫マツタケ風味のキノコと茄子のスパゲッティを作って食べました

エリンギ、しめじ、なす、ししとう、にんにく、オリーブ油・塩・ABPSで作ったスパゲッティを食べました。
姫マツタケの香りがとても良いです。スパゲッティの味も姫松茸の味がします。塩は具材を熱した後には加えたものの、スパゲッティを入れてからは塩を加えませんでした。
それでも姫マツタケの濃いだし汁のようなABPSの味がほんのりとちょうどよくして、その味だけでもいけるという味でした。ほんのり薄味のきのこのスパゲッティです!

香りが香ばしくて味があります。姫マツタケを乾燥させて粉末状にしたABPSは、水分を加えれば姫マツタケのダシとも言えるのではないでしょうか。
まさに天然の調味料です。美味しくいただくことができました。

次回、キーマカレーに続きます。

※サーバー移転の際、実際に作って食べた料理の画像(写真)がなくなってしまいました。ご了承くださいませ。

ABPSを料理に

その1 キノコと茄子のスパゲッティ 姫松茸風味
https://www.fabre.asia/himematutake-spa/

その2 姫松茸風キーマカレー
https://www.fabre.asia/himematutake-dry-curry/

その3 姫マツタケ風味のたまごサンド
https://www.fabre.asia/himematutake-sand/

その4 姫マツタケ風味の手作り沖縄黒砂糖パン
https://www.fabre.asia/himematutake-pan/

その5 姫マツタケ風味の焼きそば
https://www.fabre.asia/himematutake-yakisoba/

その6 姫マツタケ風味のご飯
https://www.fabre.asia/himematutake-rice/

その7 玉子焼き姫松茸風
https://www.fabre.asia/himematutake-tamagoyaki/

その8 バジルのリゾット姫松茸風
https://www.fabre.asia/himematutake-risotto/

その9 姫松茸味の中華スープ
https://www.fabre.asia/himematutake-china-soup/