洗いあがり肌がうるおう。信じられない無添加で100%植物由来成分

無添加で100%植物由来成分。オレイン酸をひときわ多く含む国産ヒマワリ種子油で洗う。乾燥しがちな敏感な肌を洗顔でうるおす。


太陽の恵みを凝縮!天然成分がやさしく洗い上げるシンプル無添加石鹸
ソルアネーロ『ネイチャーソープ』

ソルアネーロ ネイチャーソープは、オリーブオイル(オレイン酸の含有量68~75%)や椿油(オレイン酸の含有量65~70%)よりもオレイン酸を含むひまわり(オレイン酸の含有量88.8%)から作られている。(普通のひまわりのオレイン酸の含有量は、17~20%

管理人は、小学校5年生か6年生くらいからニキビが出ていたので、洗顔せっけんを使っていまた。洗浄によって、ニキビを防ぐような肌を保つための洗顔用の石鹸を毎日使っていた。色んな洗顔せっけんを使ったものだ。

朝と夜の洗顔せっけんや洗顔フォームによる洗顔

今思えば、朝と夜、洗顔せっけんの香りと洗い上がりに、なかなかさっぱりとして毎日過ごしていたのかもしれない。高校生になるとニキビはなくなりなった。

それでも洗顔フォームで顔を洗う習慣がついていて、洗顔フォームを使わないなんてありえないことだった。

高校生の頃、冬になると顔が白っぽく粉がふき出たようになることに気が付いた。 冬になると肌が乾燥して時々こうなるタイプであるとわかった。

肌が乾燥して、そのようになっても肌に少し突っ張った感が、時々するくらいだから、いつの間にか気にならなくなっていた。洗顔フォームは、普通のものを使っていた。

20代の頃、日焼けをするとすぐに顔の皮が少しむけてしまうようになるのは、日焼けのせいだと思っていた。30代を超えると、乾燥肌に適した肌にうるおいを与えるタイプの洗顔フォームが良いのではないかと、肌にうるおいを与えるタイプのメンズ用の洗顔フォームを使うようになった。

洗顔後には、必ずローションを使うようにした。

30代半ばになると、20代くらいまでには活発だった顔の肌の毛穴からの皮脂や汗は、30代になるとずいぶんと少なくなっているということを知り、洗顔フォームを使うのをやめて、温水だけで洗顔することになった。

どんなスキンケアローションが自分に合うのか試してみるのは面倒なので、精製水とグリセリンだけのシンプルなローションを自分で作って使っていた。

時々、鼻の頭の毛穴の皮脂が気になることがあるので、洗顔せっけんを使おうかな?と考えることもある。

100%植物由来成分で無添加で保湿という洗顔せっけんを見つけた。 100%植物由来成分の無添加ひまわり石鹸≪ソルアネーロ ネイチャーソープ≫

ソルアネーロ ネイチャーソープのパッケージはシンプル。オレイン酸をひときわ多く含む国産ひまわりから取れるヒマワリ種子油が洗浄成分。

ひまわり畑
オレイン酸といえば、オリーブオイルがすぐに思い浮かぶ。ソルアネーロ ネイチャーソープは、特別なひまわりから抽出したオレイン酸だ。

こだわり素材の肌にやさしい洗顔石けん厳選素材でこだわりのある洗顔せっけんの香りに感動した。幸せになる一瞬だった。封を開けてみると透明な洗顔せっけんから、とてもいい香りがした。

しばらく洗顔せっけん、洗顔フォームを使っていなかったので少し緊張感があった。洗い心地は、汚れをおとして一瞬できれいになったという感覚だった。洗い上がりはしっとりとしていた。

ソルアネーロ ネイチャーソープを2回ほど使った、あくる日の朝。
鏡を見てみると、鼻の頭の毛穴の皮脂が見えなかった。
肌は乾燥しておらず、ローション(化粧水)も必要ないほど。水だけぬるま湯だけで洗顔するより、肌がすこやかに保たれているようだった。


太陽の恵みをギュッと凝縮!天然成分がやさしく洗い上げるシンプル無添加石鹸
ソルアネーロ『ネイチャーソープ』

そして、しばらくソルアネーロ ネイチャーソープを使っての感想。

ソル アネーロ ネイチャーソープの乾燥肌、敏感肌にやさしい洗浄成分に感動した。
肌がすっきりとして引き締まっているだけでなくて、肌がきれいにしっとりとみずみずしく保たれていた。

ソルアネーロ ネイチャーソープは、石けんマイスターが作った厳選された植物由来成分100%の洗顔石けん。パラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料、紫外線吸収剤は使用されていない。

2019年7月。最近では、様々なスキンケアグッズを使える機会に恵まれている。色々なスキンケアを試して使っている。シンプルな手作りのローション(グリセリンと精製水のみ)は予備に置いてある。

スキンケアのレビュー記事を、あなたのポジティブな生活のための参考にご覧くださいませ。