濡れた髪にはヘアドライタオルを使って、やさしく速乾する習慣を

髪の毛にやさしい乾かし方は、素早く十分にタオルで水分を拭き取って、ドライヤーで速く乾かすことです。

ヘアドライ用の吸水性が抜群のふわふわのタオルがあれば、洗髪で濡れた髪の水分を早く拭き取ることができます。すると短時間のドライヤーで乾かすことが可能となります。

今治タオル × amenimoヘアドライタオル

乾かしたアメニモ ヘアドライタオル

一度洗って乾かしたアメニモ ヘアドライタオル

洗髪で濡れた髪はどうしていますか?

適当にタオルで大体拭いて、乾くまでひたすらドライヤーで乾かしていませんか?

このような方法が美しい髪を保っていたいあなたの髪の毛を、いつの間にか傷つけていたり、まとまりにくい髪にしている原因になっているのかもしれません。

タオルでゴシゴシこするタオルドライは、タオルと髪、また髪と髪の摩擦によって、髪にダメージがでる原因になっています。ゴシゴシしないで髪にやさしく水分を拭き取ることが大切です。

髪を乾かすためのドライヤーですが、ドライヤーを長時間使うと、髪が必要以上に乾燥してしまいます。パサつきの原因になってしまいます。短時間のドライヤーにしましょう。

やさしく丁寧に水分を拭き取ってあげるのはできそうなものですが、短時間のドライヤーとなると事前に濡れた髪の毛をできるだけタオルドライしておく必要がでてきます。普通のタオルで丁寧にやさしくタオルドライするのは手間と時間がかかるのではないでしょうか?

そして、できるだけタオルドライできても時間がかかってしまうことは(濡れた髪で長時間過ごすことは)、キューティクルの開いたダメージの出やすい髪のままで長時間いることになります。それに濡れたままの髪は、頭皮の健康にも良くありません。

ヘアドライタオルがあれば、髪にやさしく速くタオルドライして、ドライヤーが短時間ですみます。

今治タオル × amenimo(アメニモ)のヘアドライタオルの使用感
ふんわりするように巻いたヘアドライタオルをプレートの上に乗せた

ふんわりするように巻いたヘアドライタオルをプレートの上に乗せた

ヘアドライタオルのサイズは34cm×87cmです。巻いて畳んでおいたものをプレートの上に置きました。

プレートの上に置いたヘアドライタオル

今治タオル × amenimoを早速、使ってみました。

髪をゴシゴシしないで水分を拭き取るには、やさしく髪にタオルを押し付けるようにして水分をタオルに吸収させて乾かすのが良いでしょう。

髪の毛にヘアドライタオルをつけている瞬間も、軽くて水分がタオルに吸収されているかわからないくらい、いつの間にか速くすっとタオルの繊維(パイル)に吸収されるようです。繊維は中空糸なので、タオルを髪に押し付けて髪の水分を吸収させるときは、繊維の中の空気がぬけたりしてか繊維と繊維がきしむような感触もありました。

タオルでゴシゴシ、髪をバサバサするように速くタオルで水分を拭き取って乾かそうとするより、水分がたくさん取れたようです。見た目にも髪の毛から水分が取れていて、感覚としても頭が軽くふんわりとしているように感じました。

ドライヤーの時間も短くてあっという間にサッとすみました。

※製品の特性として、ほつれなどが発生する場合があります。ほつれが出ているのを見つけた場合は、引っ張らないでハサミでカットしてください。

ヘアドライタオルは天然コットン100%です。繊維の中を空洞にした中空糸を採用。ふんわり柔らかな肌触りで高い吸水力と速乾力を実現しています。(従来のタオルの約5倍の吸収力)
自然環境にやさしい綿100%で化学繊維は一切使用していません。

ヘアドライタオルを洗った後は、普通に畳んでタンスやクローゼット、収納ケースの中などに、置いておくよりも、巻いて畳んでおくと使う際にわふわ感が出て、楽しくやさしく速く水分をとることができます。※パイルの中の空気が抜けないようにする収納法です。

ヘアドライタオルとネコ

アメニモなら早く乾かせるよ

ヘアドライタオルはシャンプーの後、早く乾かしてあげたいネコちゃんの毛にもいいですね。

超吸水5倍で綿100%のヘアドライタオル

アメニモ ヘアドライタオルは、髪も心もストレスフリーな吸水力抜群のヘア用ドライタオルです。髪にやさしく早くタオルドライすることでドライヤーをかける時間を短くすることができます。

今治タオル × amenimo(アメニモ)を使う前に

https://www.fabre.asia/hairdry-sonomaeni/

お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする