牛丼が食べたい!どこの牛丼にする?

牛丼には玉ねぎが入っていた方が良い。しかし、玉ねぎ嫌い、野菜嫌いの人にとっては玉ねぎは入っていない方が当然に良い。牛丼そのものの味が美味しくても、卵はあったほうがいいし、紅しょうがも少しだけあった方がいい。

業務用の牛丼の素(具)を食べることが多かった子供の頃、最初は美味しいが途中で食べたくなくなることがよくあったが、それは、つゆが多すぎるせいだった。つゆを最初からある程度捨てると、美味しい牛丼、好物の牛丼になった。袋の中のつゆを全部入れるのは、子供の頃の私にとっては多すぎたのだ。

吉野家の牛丼で、「つゆだく」と注文するブームがあった。私も「つゆだくで」と注文していたし、問題はなかった。

吉野家の牛丼は玉ねぎが少なめだ。すき家は、玉ねぎがしっかりと入っている。玉ねぎが目立つくらいだ。どちらも美味しい。

吉野家の牛丼は、安い・うまい・早いで評判となった。

このところ家で肉といえば、豚肉がメインになっている。牛肉を手軽に吉野家、すき家、松屋などで食べるのは、食を楽しむ上での幸せな気持ちになる。

牛肉が安い・うまい・早い。牛肉をたっぷりと美味しく、好きな時に一人でも気軽に食べられる松屋、吉野家、すき家だ。

この中でよく私が行っていたのは吉野家。すき家、松屋も人気がうなずける牛肉が食べられる店だ。牛肉を美味しく、早く、安く。

牛丼にしっかり玉ねぎがほしいのならば、すき家の牛丼。最もベーシックで定番のおいしさ、吉野家の牛丼。牛肉の定食ならば松屋の牛めし。

全国チェーンで評判の美味しい牛丼は、お店に行かないと食べられないはずが、何時でも温めるだけ、お店そのままの味でおいしく食べられる!

うちで好きな日、好きな時に食べたい。子どもから高齢の方まで、冷凍庫にあると便利なうまい牛丼が、うちで食べられる!牛丼の具!!

全国で有名なうまい牛丼の店の「牛丼の具」の出来たてを、急速冷凍。冷凍庫にストックしておけば、好きな時、いつでもご飯に乗せて、牛丼(牛めし)が食べられる!

「吉野家 牛丼の具」世界が認めた日本のおいしい牛丼 10袋セット


吉野家 冷凍牛丼の具  120g×10袋
吉野家 冷凍牛丼の具は、国際味覚審査機構で優秀味覚賞2ツ星を獲得している。

あなたが「美味しい」と思っているだけじゃない。世界が認めた「食べておいしい牛丼の具」なのだ。

「吉野家 冷凍牛丼の具」タレと牛肉がおいしい秘密

牛肉は熟成させると、甘みが出てきてまろやかで深みのある味になる。

牛肉は適正な温度で寝かせると、タンパク質がアミノ酸に変化する。さらにペプチドと言う成分が増える。

吉野家の秘伝のタレは、低温熟成。加熱しないで様々な材料時間をかけて熟成させている。ショウガを生ショウガに、ワインを増量するなどして、まろやかさと香りがアップして、さらに美味しくなった。

吉野家 冷凍牛丼の具は、牛丼以外にも料理の具材として使うのもオススメ。本格的なハッシュドビーフ、肉じゃが、ビーフサンドイッチ

吉野家のお店の味そのままに、うちで牛丼がおいしく食べられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加