コク、脂乗り、色鮮やかなサーモン

サーモンの刺身

寿司ネタとして美味しい鮭の刺身、サーモン。炙りサーモン、玉ねぎを刻んで、マヨネーズも乗っていても美味しい。紅色というのか赤っぽいあの色の魚肉は、ヒグマの好物でもある。ヒグマはたくさんの鮭を生で食べる。ドキュメンタリーなどでヒグマが鮭を食べているところを見ると美味しい鮭をたくさん食べているんだな、満足するに違いない。

鮭の刺身、サーモンは、脂こいのも特徴だ。味わい深くコクがあり、脂が乗っていて生臭くないのがサーモン。刺身として食べてももちろん美味しい。マリネ、カルパッチョ、サラダにもよく使われる。

鮭の刺身、サーモンにおいてどうするか迷うのが、サーモンに薄くスライスした玉ねぎを乗せてマヨネーズをかけたものを醤油とわさびで食べるか、醤油とわさびをつけないか。また、玉ねぎとマヨネーズが乗っていないものを醤油とわさびで食べるか。炙っているサーモンか、炙っていないサーモンか。サーモンは、何個でも食べられる美味しさがある。

刺身用とろサーモン 550g〜750g


お刺身とろサーモン 半身 約650g
アンデス山脈の雪解け水が流れ込む清浄な湖で抗生物質を使わずに育てられたペルー産のトラウトサーモン(別名 天空サーモン)。

骨取り、皮引き済(トリムE)の業務用 半身フィーレだから、解凍して好みの厚さに切るだけ!お店で食べるようなサーモンの刺身が味わえる。約6人前。

コメント

タイトルとURLをコピーしました