見る生活、目と目に関連する部位のほど良いほぐしと栄養で続けたい

目の疲労感の緩和に。40代半ばからの手元のピント調節機能のための目の機能性表示食品「えんきん」首肩への負担が少なくなったなどのデータが確認されている。


目の機能性表示食品「えんきん」

えんきんは、ルテインアスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAが含まれているという届出表示がされている機能性表示食品。
手元のピント調節機能サポートするとともに、目を使うことによって生じる一時的な首肩への負担を和らげる。
さらに、ルテインには、ぼやけの緩和により、はっきりと見る力を助けることが報告されている。

パソコンとスマホを見ることからくる目の疲労に

目の使い方は、管理人の場合、目と手を休ませるためにパソコン作業は、2日おきに昼頃から7時間程度にしているのだが、早朝3時間程度にしてみたところ調子がいいので毎日パソコン作業を早朝3時間程度していた。

しかし、朝型にしてから調子がいいのだったが、夜中ふと意識が覚めると目を開けていられないほど眼輪筋(目の周りの筋肉)が疲れているのがわかった。

PC作業は約3時間程度なのだが、日中は常にスマホで得られる情報が気がかりで、暇さえあればスマホの画面を見ているような状態だった。
朝型にする以前は、目自体がヒリヒリするように感じていたが、全くなくなっていたのだが、眼輪筋の疲れがでたようだった。

理由があった。PC作業かスマホの画面を見ている以外の時間は、ファイルの整理を1日中していた。そして夜遅くから外で迷いネコ探しをしたのだ。

ヒリヒリはしないものの、目の疲れが酷い。PC作業は、また2日置きに戻すか、しばらく休みを取って様子を見るか、という状態だった。


【ファンケル】もれなくもう1袋付き!目のサプリメント「えんきん」

えんきんは、目を酷使してしまっているときに使いたい。
そして、こだわりたい体内への効率をよく考えてくれているサプリメント。

ビタミンや様々な栄養素が豊富に含まれていても、体内に吸収されないのであれば、飲んでも仕方がないから。

手元のピント調節力を助ける。目の使いすぎによる一時的な首肩への負担をやわらげる。ぼやけの緩和に。パソコン・スマートフォンを使う人向けのサプリ(機能性表示食品)。

成分が吸収される率が高いということは、体内で溶けるスピードが早いということ。

目の疲れをやわらげる方法

目のストレッチや目の疲れを取る方法を紹介。

ブルーベリーの実

ブルーベリーなどに含まれる「見るために必要な栄養」

目の疲れを取る方法
・眼球を上下左右斜めに動かすストレッチ(無理しない。気持ち良い程度。
・瞬きを30回から50回行う(気づくと目を開けたまま、が一番良くない
・おしぼりを電子レンジなどで温めて、閉じた瞼と目の周りに置いて、あたためる。
・景色を眺める。背景が特に青空などで山、森、林、木の緑の葉・芽・花など。
・目の周りや顔全体・頭のトリガーポイント(ツボ・経絡の流れ)を押す。セルフマッサージする。胸鎖乳頭筋など特に。

あとは、目のヒリヒリ、目の周りの疲れが緩和されると思われるサプリで栄養を補給して、サポートする。

ルテイン、アントシアニンについて

目のぼやけ、一時的な首肩への負担、はっきりと見る。光の刺激・コントラスト感度に。
ルテインなどが含まれる食品について調べた。

食べ物からアントシアニンをできるだけ取りたいもの。アントシアニンが比較的多く含まれている食品を紹介する。 アントシアニンが比較的多...
 楽天市場で高評価レビュー多数の「えんきん」


えんきん<機能性表示食品> 約30日分【FANCL 楽天市場店】

目の疲れのためのサプリを飲み続けていたら、いつのまにか、目の疲れを取る方法をするのを忘れてしまっていた。
目の疲れを取る方法、食べ物、サプリの組み合わせで、もっと目の疲れが緩和されることでしょう。