ヒアリングマラソンのレビュー No.8 英語を聞いて真似して発音

英語を聞き貯めることは、とても大切なことです。
英語圏で暮らしながら英語を勉強していれば、誰でも英語を聞き取って話すことができるのと同じように、英語の映画、海外ドラマ、ラジオ、音楽の歌詞など、意識して聞くようにして、ヒアリングマラソンを続けることで、シャドーイング並びにディクテーションがスラスラできるようになって、英語のエンタメなども自然に英語で聞くことができるようになることでしょう。


アルクのオンラインショップ

シャドーイング並びにディクテーションなど

ディクテーションとは、聞こえてきた英語の音声をそのまま書き取るものです。
ヒアリングマラソンを続けていく上での英語のドラマ・映画・ラジオ・ニュース・番組・新聞などで、英語の音声や単語を目にしていないと、初めのうちは難しいものですが、続けていけば楽にこなせるようになります。

ヒアリングマラソンのレビュー 第8回

女性がストレッチ、ヨガをしている。

ヒアリングマラソン3週間目にして、英文を見ないでシャドーイングが出来ました!
もちろん文章の内容と話している人の話し方にもよります。それでも、なんとか続けているうちに、できるようになっていたとも言えるでしょう。

シャドーイングとは、英語の音声に続いて、その音声を聞いて続いて発音するトレーニングです。最初は、音声を聞きながら英文を見ながら行います。そして意味を理解して、できれば気持ちを込めながら、続いて発音していきます。
さらに上級、マスターと言えるような状態では、英文を見ないで、音声だけ聞いて真似て発音できるようになると100点です。
1000時間ヒアリングマラソンを続けていけば、それほど難しくはないものになるでしょう。

シャドーイングについては、英語を学ぶ上でのレベルなどは、あまり関係ないかもしれません。
シャドーイングをする単語と話し方で決まるでしょう。

そして、English Journal、ヒアリングマラソン本誌ともに英語の勉強のみならず、文章の内容自体が永久保存版の内容(本文)と言えます。

初級レベルでもシャドーイングしにくいのもあれば、中級レベルでも聞き取りやすくシャドーイングしやすいのもあります。

英語をたくさん聞きためている状態であれば、発音を聞いて意識的か無意識に、言葉を推測してわかるようなところもあるのでしょうが、まだ、そんなに聞き貯めていない状態でしたら、聞いて覚えて発音のようなところもあるのではないでしょうか。

35年以上の歴史あるアルクのヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンのレビュー 第1回
https://www.fabre.asia/real-eigo

ヒアリングマラソンのレビュー 第2回
https://www.fabre.asia/eigo-start/

ヒアリングマラソンのレビュー 第3回
https://www.fabre.asia/eigo-workout/

ヒアリングマラソンのレビュー 第4回
https://www.fabre.asia/eigo-kaku-kiku/

ヒアリングマラソンのレビュー 第5回
https://www.fabre.asia/kurabenai-kisowanai//

ヒアリングマラソンのレビュー 第6回
https://www.fabre.asia/sakini-susumu/

ヒアリングマラソンのレビュー 第7回
https://www.fabre.asia/tonikaku-susumeru/

ヒアリングマラソンのレビュー 第8回
https://www.fabre.asia/eigo-shadowing/

ヒアリングマラソンのレビュー 第9回
https://www.fabre.asia/eigo-goal/

通信教育でTOEIC(R)のスコア取得

英語の資格TOEIC(R)のスコア取得テストのための通信講座は、アルクのTOEIC(R)のテスト対策のための通信教育講座がいい。アルクショップから申し込むと、全額返金保証(不合格の場合、受講料が返金される)になる。

TOEIC(R)テストのための通信講座の監修は、TOEIC(R)を知り尽くしたTOEIC(R)テスト満点ホルダーの先生達。

英語の通信教育講座の名門アルクでは、アルクショップから申し込んだTOEIC(R)の対象講座を受講したうえで、TOEIC(R)テストで目標スコ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする