ブラッドナイトの弱点は火属性

レベル51の宝の地図の洞窟のボスは、ブラッドナイトだった。レベル79の主人公ジョジョ以外の仲間のレベルは、20前後。倒せるかどうかと迷ったが、アタックすることにした。
すぐに頼りは主人公ジョジョのみとなり、ブラッドナイトの弱点である火属性も思い出せずに、光が弱点かと思って光属性の攻撃を行った。ゾンビ系に効く「黄泉送り」を連発した。ブラッドナイトは、いてつくはどうを使うから、すごく時間がかかった。
幸い2人の仲間が、けんじゃの石を持っていたから全員無事だった。(つうこんの一撃で、一度一人チカラつきたが。)

来るバラモス戦に備えて、ミラーシールド(もしくは、マホカンタ)、といきがえしの「におうだち」ができるように、転職してはレベルを上げている。

ジョジョはレベル80になった。宝の地図の洞窟のボスは、またもやブラッドナイト。
火属性の攻撃をして、時間をかけず倒すことができた。しかも、やたらとスイスイと最下層まで行けたのだった。

バラモス(レベル7)を8ターンで討伐することができた。討伐するのに余裕があったから、経験値をあげて、バラモスのレベルをアップさせることにした。
バラモスはレベル8になった。まさか、バラモスに「いてつくはどう」を覚えられるとは思わなかった。

この日は、名探偵コナンの95巻を読んだ。


名探偵コナン 95

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)