どら焼きは、どこに行った

子供の頃、どら焼きが好物だったが、特に皮が好きだった。皮の味が特に良かった。もっちりしている食感もよかった。ドラえもんの好物だったこともあって、子供の頃はどら焼きがあると特に喜んだものだ。子供だから、餡の方はそれほど重要ではなかった。どらやきの皮が好きだったのだ。餡と皮では、餡の方が好きだったどら焼きだが、大人になった今、餡の方が好きになっている。それは冬のおやつ「あじまん」についても同じだ。

あじまんは、今川焼きと似ている。皮にたっぷりと餡が詰まっている。焼きたてだ。今川焼きよりも厚みがある。餡も多い。(あじまんよりも餡が多く入っている、厚みもある今川焼きもあるかもしれないが)あじまんは、手作りで冬だけ様々な大型店の前で売っている。あじまんは、コーヒーによく合う。

あじまんを少しずつゆっくり食べるにはどうしたらよいか?それは、皮と餡を一緒に食べるという感覚ではなくて、「餡」を少しずつ食べるようにすると良い。

せっかく買ってきたあじまんが、冷めてしまったら?そんな時は、電子レンジで温めると焼きたての美味しさが戻ってくる。

話もどら焼きに戻そう。どら焼きは、ドラえもんの大好物でもあったから、子供の頃の私は余計に食べたくなっていたのだ。どら焼きは、現在、様々などら焼きがある。私が子供の頃は、バター入りどら焼きが流行していた頃だ。頂き物にバター入りどら焼きが続いていて、一時期、毎日のようにバター入りどら焼きを家族からすすめられていた。美味しいのだが、毎日では。

バター入りどら焼きを飽きるほど食べても、また次の週、一か月後くらい、半年後ぐらいにバター入りどら焼きがある。私はその頃、バターが入っていないどら焼きが恋しかった。この世からバターが入っていないどら焼きが消えたような感覚だった。

大人になってからのバター入りどら焼きについては、バターと皮の相性が良くて、その美味しさにびっくりだ。餡と皮だけのシンプルなどら焼きももちろん美味しい。(なくなっていなかった)

今は、バター入りどら焼きとシンプルなどら焼き、どちらも美味しい。

噂の栗どら(自家製あん・バター・大粒栗2個)栗どら 5個×2箱


噂の栗どら 5個入り×2箱セット
大正9年創業「御菓子処 餅信」の人気No.1「噂の栗どら」
栗が丸ごと2個分入ったうまいどら焼き!

丸ごと2個分の栗をどら焼きの皮で挟んで、餡(あん)と一緒に美味しく食べられる秘密は、栗がとても軟らかいこと。

北海道産小豆、新鮮なバターなど素材にこだわり、ボリュームもたっぷりの大人気の栗どら焼き!

「噂の栗どら」の美味しさの秘密

栗どらの美味しさの秘密は、1つ1つの素材にこだわっていること。

  • 北海道産小豆を柔らかく炊き上げて作る自慢の自家製餡(あん)
  • やわらかい大粒栗を約2個分
  • フレッシュバター、純国産鶏のもみじたまご使用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加