赤ちゃんの未来のために 保湿ケア・アレルゲンカットから洗剤まで

天然由来成分100%ドルチボーレ ナチュラルウォッシュは、蛍光剤・漂白剤・着色料・合成香料が入っていない無添加の生分解性を考えた地球環境、水、土、空気、人間にやさしい洗剤。


ドルチボーレ ナチュラルウォッシュ

赤ちゃんと自然環境に優しい濃縮タイプ。薄めて台所用の洗剤として・洗濯用・住宅用の洗剤として使うなど、万能に使うことができる。

赤ちゃんの肌はとても敏感。肌が大人のようになっていないので、外からの影響を受けやすい。
乾燥肌・敏感肌・赤ちゃん肌など、肌が敏感な大人の方もそうだが、肌への負担はなるべく減らしたいものだ。

川、海、生物に入ったプラスチックゴミが、めぐりめぐって人間の体内に入ってしまっているのが問題になっているが、ドルチボーレ ナチュラルウォッシュは、生分解性なので安心だ。

汚染のない自然豊かな地球を、赤ちゃんの将来のために残したいものだ。

赤ちゃんの肌のために「赤ちゃんの保湿ケアは大切」

新生児からの全身保湿について

「新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下する」と2014年の国立成育医療センターから発表されている。

一度アトピー性皮膚炎が発症してしまうと、保湿剤を塗るだけでは不十分なものとなってしまう。

しかし、保湿剤は赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の予防としては良いものだ。

アトピー性皮膚炎が発症してしまう仕組みは、まだ完全に解明されていないが、赤ちゃんの未熟な肌のバリア機能によって、原因となるアレルゲンの侵入を許してしまうことが関係しているのではないかといわれている。

乳児期にアトピー性皮膚炎を発症した場合、将来、食物アレルギーなどの他のアレルギー疾患を発症するリスクが非常に高いのではないかというデータが出ている。

赤ちゃんの頃にアトピー性皮膚炎を発症すると、成長してからアレルギー疾患にかかりやすくなるというデータがある

保湿剤により赤ちゃんの全身の保湿ケアを行うことによって、少なくともアトピーの発症率が30%も低下するということだ。赤ちゃんの保湿ケアは大切なのだ。

参考サイト:国立成育医療センター

肌からの(経皮吸収)アレルギー発症を防ぐ

化粧品に含まれている物質(アレルゲン)によって、食物アレルギーを起こすことがある。

例えば、大豆にアレルギーがある方の場合、成分に大豆が使われている化粧品を使うとアレルギーを発症することがあるというわけだ。

肌や頭皮に用いる化粧品を選ぶ際は、内容成分表示を確認して、目立たない肌の部分、腕の内側など比較的肌が敏感で弱そうなところに、ちょっとだけ化粧品を塗ってみるなどして(パッチテスト)をして、大丈夫かどうか確認したうえで使うことで、化粧品に含まれるアレルゲンなどによる困難な状況になってしまうことを回避することができる。

参考サイト:藤田医科大学医学部「アレルギー疾患対策医療学講座」

アレルゲンカットの保湿ケアで安心
  1. 赤ちゃんは肌のバリア機能が未熟。保湿ケアが必須(保湿ケアでリスクが3割減)
  2. 保湿ケア製品にアレルゲンが入っていると、アレルギー発症につながる可能性がある。
アレルゲンがなるべくカットされている肌ケア製品という条件も合わせて選ぶ
赤ちゃんのお肌を守るために

オーガニック、ボタニカル、無添加だから等、見た目やイメージで選ばない。それが、あなたの赤ちゃんに向いている。安全でパーフェクトなものだとは限らない。

アレルゲンは使われていないのか、配合成分を確認し、あなたの赤ちゃんの肌に優しい成分なのか、アレルゲンとなりやすい成分は使われていないかなどをチェックすることが大切です。

ドルチボーレのポリシー

ドルチボーレは「赤ちゃんのお肌を守る」ために、最善は何かを常に考えながら製品開発を行っている。
オーガニック、ボタニカル、無添加であることに、こだわってはいない。
敏感肌、乾燥肌の大人はたくさんいるが、赤ちゃんはもっと敏感であることが想像できる。
大事な時期である赤ちゃんの肌にとっての最善と、肌トラブル等から守るための必要なケアを研究、提供している。

無添加、ノンシリコン、コールドプロセスのスターブルームの石けん

赤ちゃんと一緒に使える石けん。無添加、ゆっくり仕上げた頼もしい石けん。https://www.fabre.asia/babysoap-review/

洗濯洗剤での肌のトラブルの原因とは?

ドルチボーレ  ナチュラルウォッシュの公式HPを見てみると、肌トラブルの原因は、落としきれていない洗剤の成分のせいかもしれない、ということがわかった。

洗濯洗剤は、分類的には化粧品ではなく雑貨に分類される。法律上、化粧品ほど肌のことを考慮しなくてもよいとされている。
しかし、洗剤にもよるが、洗剤の量とすすぎの回数などにより、洗剤の成分が衣類など残留する場合がある。
肌に直接、身につける衣類やタオルなどに、赤ちゃん肌・敏感肌・アトピー肌などのトラブルの原因になる成分が残っていると、肌に対する刺激や赤ちゃん肌・敏感肌・アトピー肌などの原因になることは容易に想像できる。

蛍光剤や漂白剤などにより、肌が敏感な方や赤ちゃんの生まれて間もないデリケートな肌が、刺激を受けてしまうことも考えられる。

美しい自然のイメージ

ドルチボーレは、洗剤の3つの点に注目して肌にやさしい洗剤を作った。

  1. 生分解性を考慮すること
  2. 化粧品並みに考慮した洗浄成分であること
  3. 漂白剤や蛍光剤などを加えていない無添加であること
どれぐらい使えるの?

ドルチボーレ ナチュラルウォッシュは、濃縮タイプの万能洗剤。生分解性を考慮して、化粧品レベルの肌に優しい洗浄成分であり、漂白剤や蛍光剤不使用の無添加である良い洗剤であるが、経済的であると、もっと良い。

濃縮タイプの万能洗剤だから薄めて使うのだが、1本でどれぐらい使えるのだろう?

洗濯洗剤だけで使う場合、洗濯洗剤とキッチン洗剤に使う場合、洗濯洗剤と掃除用洗剤に使う場合、使い方によっての使用量の目安
洗濯洗剤だけで使う場合

洗濯洗剤 水30Lに9ml:55回分(1日1回洗濯なら約1.8ヶ月)1日あたり69円(税別)

洗濯洗剤とキッチン洗剤、併用して使用する場合

洗濯洗剤   水30Lに9ml:30回分(1日1回洗濯するとして、約1ヶ月分)
キッチン洗剤 20倍希釈:16本分 ※280ml希釈液(専用希釈ボトル使用)

洗濯洗剤と掃除用洗剤、併用して使用する場合

洗濯洗剤  水30Lに9ml:30回分(1日1回洗濯なら約1ヶ月)
掃除用洗剤 10倍希釈:8本分 ※280ml希釈液(専用希釈ボトル使用)

以上、使用例と使用量の目安です。


1本で『洗濯・食器洗い・浴室掃除・野菜&果物の洗浄』の4役!赤ちゃんとママのための万能洗剤

環境のことを考え、生分解性を考慮した天然由来成分100%・化粧品グレードの洗浄成分・赤ちゃんの肌への影響を考えた4つの無添加・洗浄補助で汚れも落ちます!
衣類用洗濯洗剤、キッチン用洗剤、家の中のお掃除、野菜や果物にもお使いいただけます。

天然由来成分100%ドルチボーレ ナチュラルウォッシュは希釈して、台所用の洗剤として使うのが、とても経済的です。希釈するのに嬉しいナチュラルウォッシュ専用の希釈ボトルが付いています!