カップヌードルを選ぶということ

ドラゴンボール超の漫画を読んでいると、美味しい食べ物対決でカップヌードルがモデルのカップ麺を食べている場面があった。お湯を注いだだけなのに、美味しい、止まらない。対決の相手もカップヌードルを食べ切って満足してしまうのだ。

美味しく食べたい1食として、食べる時間を良い時間にするために、1食を選択する際に、カップヌードルを選ぶということ。

簡単に済ませたいならば、お湯を注ぐよりもファストフード店(外食)に行くほうが簡単だ。また、食費を安くあげたいのであれば、もっと安くあげることができる。

カップヌードルは、お湯を注いで3分でできるが、カップヌードル(醤油味・レギュラー)は、味と麺の芯までこだわり続けている伝統の食ではないかと思えるほどだ。

カップヌードルを選ぶ理由は、オリジナル性が高いから。カップヌードルが食べたいからそうするのだ

日清カップヌードル (しょうゆ味・レギュラー)


カップヌードル 78g 20食入
独特のつるみのあるめん、おなじみオリジナルスープ。
フタを半分まではがして、熱湯を内側の線まで注いで、フタをして3分で出来上がり!BIGサイズも食べ応えがあって美味しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)