にぎやかに行きたい

徹底した温度管理(178℃ 12分)とフレンチの調理技術で丁寧に。

ちょっち充実のスナック。食べていれば太る気しない。

カルシウム、食物繊維、カリウムが豊富でノンフライ、日本国内製造、キヌア、あずき、イヌリン配合の置き換えダイエットスナック Gowvikes( ガウビケス )は、部屋でゆっくりくつろぎ食べながら、ライブ観戦、スポーツ観戦など楽しめる。スマホ見ながら、ネットサーフィンしながらガウビケス。

持ち込み可能な店、会場であれば、持ち込んでスポーツ観戦、カラオケなどにも持って行く。
また、旅行、ドライブ、ハイキング、アウトドア、行楽地にも持って行きたい。

春は花見、夏は海、海水浴に、秋は紅葉狩り。冬はスキー、スノーボードで「リフトに乗ってガウビケス」。

※出かけた先で食べた後の袋、包装などはポイ捨てせずに持ち帰りましょう

チーズチキン&オニオンを実際に食べた

いつもというか、最近はたまになっているが、寝る前にほっと一息つきながら、何か思索しながら1杯くらいアルコールを飲む代わりに、コーヒーを飲みながらガウビケスの蜂蜜エッグタルト味を食べた。甘い味、ハチミツの味と香りが合っていた。

今回は、ガウビケスのチーズチキン&オニオンをトーストの朝食の後に食べることにした。

チーズチキン&オニオン

チーズ、チキン、オニオン味はスナック菓子ではお馴染みの味だ。

ガウビケスのチーズチキン&オニオン味はどうなのだろう?と実際に食べてみると、チーズチキン&オニオンは、一気に1袋食べてしまうような味と香りだった。

チーズチキン&オニオンの中身

チーズチキン&オニオンのスナックの粒

チーズチキン&オニオンとコーヒー

チーズチキン&オニオンとコーヒー

ガウビケスのチーズチキン&オニオンは、一般的なスナックの味に近いというか、オーソドックスなスナックの味と言えるかもしれない。濃いめのコンソメ味に似ている。
味わってみると、しっかりとチーズ味とチキン味がついている。ほのかに、ちょっちオニオンと言ったところかも。

ガウビケスは、ちょっち歯ごたえ1)スナックにしては、ちょっと固いという意味です。固いせんべいのような固さではなくて、軽い感じのスナックよりもちょっとだけ固いという感想です。のあるスナック。

表面がカリカリとしているノンフライのスナック菓子のカリカリさが中までカリカリであるスナック菓子と言った歯ごたえだ。

言い換えると、ちょっとカリカリ気味なスナック菓子といった感じで、例えば、固いせんべいがダメというほどの固さではない。

固い物がダメという、歯に不安があるあなたでも、問題ないくらいの固さだ。

おいしく楽に食べて、合計摂取カロリー減


【スナック菓子でダイエット】

置き換えた分の食費が浮く。ガウビケス1袋は?

ガウビケス単品ならば1袋300円くらい(304円)。1食300円くらい2)2020年1月14日調べとなれば、高くはない。しかも、ガウビケスはまとめて買えば安くなる!

1食分の基本はガウビケス3袋だが、あくまで目安であって人によって様々であるから、1食の代わりのガウビケスは1袋~3袋と言える。間食はガウビケス1袋が目安になっているが、半分くらいがちょうどよいと思う。

カロリー摂取を減らすのが目的である。無理なく抑えられる範囲で、置き換えすれば良いだろう。

脚注   [ + ]

1. スナックにしては、ちょっと固いという意味です。固いせんべいのような固さではなくて、軽い感じのスナックよりもちょっとだけ固いという感想です。
2. 2020年1月14日調べ