洋菓子一覧

そうだ、アーモンドチョコを食べてみよう。

コーヒーによく合うチョコレート。チョコレートは子供から大人まで好むスイーツだ。香りとほろ苦さと甘さ、コクと食感が魅力だ。

チョコレートには、甘いチョコレートからカカオがたくさん入ったチョコレート、生チョコ、こだわりのクラフトチョコレートなど、様々なチョコレートがある。ハイカカオ、クーベルチュールチョコ、クラフトチョコなどが人気だ。抹茶、ホワイトチョコレート、ストロベリーチョコ、ピスタチオが練り込まれたチョコなどバリエーションが多彩でもある。

チョコはコーヒーによく合う。コーヒーを飲みながら食べること、少ない量でも大体満足する。コーヒーを飲む際には、小さなチョコレート2個くらいあればいい。しかし、板チョコの場合は、少し多く食べてしまいがちだ。アーモンド、ナッツ類が入ったチョコレートは、くせになる美味しさで、つい何個も食べてしまう。

そのことを思い出させたのがトリュフチョコだ。トリュフチョコには、生クリームが配合してあった。トリュフチョコは、香りからして、とても美味しい。外側がカリッとしていて、中身が柔らかい。ひとつ、口に入れると、すぐになくなってしまうが、2、3個で十分満足する。

小学生の頃、生クリームが配合されているチョコレート「V・I・P」を好んで食べていた。当時、大抵のチョコレートは100円だったが、V・I・Pは200円だった。しかし、おいしいから食べていた。クランキーチョコも好きだった。ホワイトチョコレートのクランキーチョコも美味しかった。つぶつぶの軽い食感が魅力だ。軽い食感と言えば、霧の浮舟 (きりのうきぶね)というエアリーな感じで、口の中で泡が溶けるような口どけのチョコレートもよく食べていた。厚みがあって柔らかめなせいか、割る感じも良くて、手に取ると体温でチョコがすぐに溶けて、手にくっついてしまうが、それも良かった。

毎日のように、アーモンドチョコレートを食べていた時期があった。食べ飽きるくらい食べていた。大人たちは、アーモンドチョコの出来の良さに驚いていた。

大学生になってからのこと。アーモンドチョコレートのCMを見て、小学生の頃以来、食べていなかったアーモンドチョコレートを買って食べたことがあった。やたらと美味しかった。ささやかな楽しみにしたい、毎日食べたいな、と感動の美味しさだった。

訳あり ハイカカオ 割れチョコ・板チョコ・ブロックチョコ 380g


カカオ70 訳あり 380g
チョコレートソムリエ監修のハイカカオ!苦味・渋み・えぐみ・酸味を極力抑えた食べやすく甘いハイカカオチョコレート。

チョコレート会社のこだわりの品質、香り、味のハイカカオチョコレートの訳あり。

A 4サイズより1回り小さいサイズの袋に、割れチョコ、板チョコ、ブロックチョコが入っている。袋は密閉チャック付きだから、すぐに全部食べなくとも保存が楽にできる。

カカオ70%のおいしさにこだわったハイカカオチョコレート。


音がしない洋菓子 クッキーを浸して食べる

コーヒー、紅茶と合うのは、やはり洋菓子。

洋菓子といっても、ケーキ、チョコ、クッキー、フィナンシェ、マドレーヌなど、たくさんの種類がある。私は映画・ドラマなどを見る際に食べている。

食べる際に音が出ると、映画・ドラマの音声が少し聞こえにくくなるから、ケーキ、チョコ、クッキーは、その点で大丈夫なのだ。

チョコ、クッキーは、手にとって食べやすいという利点もある。映画・ドラマを見ながら食べるわけだから、一瞬見るだけで把握できるからだ。

そして、量を食べなくとも、チョコ、クッキー、ケーキは満足する。しかし、チョコビスケットとなると、たくさん食べてしまいがちだ。音も少し気になる。

音がしない洋菓子について考えてみるとケーキ以外にも、ワッフル、アイスクリーム、ゼリー、マシュマロなどもある。シュークリーム、エクレア、フィナンシェ、マドレーヌなども音が出ない。

しかし、シュークリームはクリームがこぼれないか少し気になる。マドレーヌは台紙(カップ)が気になる。そこをクリアできれば美味しいだけだ。

クッキー(ビスケット)は、紅茶・コーヒーに少し浸して食べることで、違った味わい、とろける食感が出てくる。浸す時間は、一瞬でもいい、2秒つけると味が染みて柔らかくなって美味しいが、崩れた部分がコーヒー、紅茶に入ってしまう。

最初からそれが分かっていれば、気にならない。

クッキー浸して食べると美味しいなあ、の延長で飲む感じになるからクッキーが少しくらいコーヒー、紅茶に入っていても良いのだ。

食べやすいサイズの神戸ワッフルセット 13個


お試し神戸ワッフルセット
ワッフルケーキ専門店R.L創業以来の看板商品。1枚1枚ふんわりと丁寧に焼き上げたワッフル生地でクリームやフルーツをサンドしたワッフルケーキ。


クッキーをコーヒー、紅茶につけて食べる

クッキーは、ほのかなバターの味が魅力的なお菓子だ。何度か試してみたコーヒー、紅茶に浸して食べるという食べ方。最近までは、まったく好みの食べ方ではなかったが、今はかなり好んでいる食べ方だ。クッキーの味わい、食感が変化するのがよいのだ。 

クッキーは自分好みのものを用意する。まずは、プレーンタイプが良いだろう。

一口目、ひとかじり。普通に食べる。

二口目、1~3秒ほど浸してから食べる。コーヒー、紅茶の味がするクッキーになって美味しい。

三口目、もう少し長い時間浸して食べる。クッキーの浸されていた部分は溶けそうになっているか、溶けてしまって崩れるようになっているはず。(溶ける時間はクッキーによってかなり違ってくる)トロトロの柔らかいクッキーになっている。

紅茶、コーヒーの味が染み出るようなカンジだ。とろけて崩れそうになっているクッキーを吸うようにして食べてもおいしい。

クッキーをコーヒー、紅茶に浸して食べると、クッキーの溶けた部分がコーヒー、紅茶に少し入ってしまう。しかし、それは仕方ないところだ。

プレーンタイプのクッキーがコーヒーや紅茶に浸すことで、コーヒー味、紅茶味のクッキーになるのが面白いところだ。

自分オリジナルの味で、おいしくクッキーが食べられる。

ホテル・デパートのクッキーをできたて直送 訳あり 180g×6袋


大容量1kg 訳ありクッキー 無選別
ホテルのバイキング、ウェルカムクッキー、百貨店で販売されているクッキーが1kg(180g入×6袋)入っている。

割れ、欠けのあるクッキーも入っている無選別に、余った生地も焼いてクッキーにしたものが入っている。うちで食べるのにちょうどいい美味しいクッキー!

袋ごとに食品表示ラベルが貼ってあるから品質も安心。おいしさと品質は正規品と変わらない。

自社工場で熟練の職人が1枚1枚焼いているクッキーを直接お届け。甘さ控えめ、幅広い年代に喜ばれているナカイ製菓のクッキー。


じっくり味わいたい チーズスフレ

スイーツのスフレでは、チーズスフレ(スフレ・フロマージュ)が大人気。ふわふわの食感なのに、しっとりしている。

スフレとは、卵白をかき混ぜたメレンゲに、さまざまな材料を入れて焼き上げて、軽くふわふわとしている料理。チーズスフレと一口に言っても、ブレンドされているチーズ、特徴などは様々。

濃厚しっかり ふんわり食感 チーズケーキ 16.5cm


幻のチーズケーキ 約2〜3名用
フランス産のクリームチーズとナチュラルチーズをブレンドした濃厚な味。ふわっと消える「ふんわり食感」。口どけと優しい食感が人気の幻のチーズケーキ。

美味しいだけではない。冷凍保存で約3週間保存しても美味しく食べられる。

また、3つの食べ方が美味しいチーズケーキだ。

  1. 冷蔵庫で3時間以上、解凍させて食べる
  2. 冷蔵庫で30~40分解凍させて「半解凍」で食べる
  3. 解凍後、電子レンジで10秒温めて食べる。

オリジナルのチーズケーキのベースに使うこともおすすめだ。生クリームを塗ってフルーツを乗せるなど、オリジナルケーキができる。


プッチンとプレミアム プリンの選び方

プッチンプリンが子供の頃から好きだった。コンビニでも、よく大学生の頃までは時々買っていた。カスタードプリンがやや人気になってくると(店頭で見るようになると)、カスタードプリンもよく買っていた。カスタードプリンも食べてみて美味しかったからだ。

プリンの面白いところは、カップでそのまま食べるか、カップを逆さまにして皿にプリンを開けて盛り付けるか。プッチンプリンの場合は、底を見る度にどっちにするか考えていた。十中八九、そのまま食べるのだが。プリンは、あの黒いカラメルソースの部分が特に美味しいが、カラメルソースをどのように食べるかもプリンを食べる度に考えてしまうことだ。

プリン本体を食べてからカラメル部分を食べるか。プリン本体と合わせて食べるか。

生クリームが乗っているプリンが店頭に並ぶようになると、それも食べるようになった。

プレミアムプリンと呼ばれる部類に属するプリンを食べたことも何度かあるはずだが、すぐには思い出すことができない。

このところ人気のプレミアムプリンはカップ(瓶)などに入ったまま、直接スプーンですくって食べるものが多い。

プッチンプリンは皿に開けて、カラメルソースが上に乗っているのをスプーンですくって食べるのが良かった。スプーンで取るときの感触もなかなかのものだ。

コンビニなどで買える三層のプレミアムプリンはかなり美味しい。めったにない美味しさだ。

プリンを皿に開けて食べるのと、カップ(瓶)にスプーンを入れて食べるのはどちらが良いのだろう。

プッチンプリンを食べるときは迷ったものだ。プリンの容器の下にあるピンを倒すと、容器の底に穴が開いて、プリンがきれいに簡単にするっと皿に開けられる。見た目がプリンらしい。プリンのイメージ通り。

カラメルソースの部分が上にあり、最初に食べることになる。プリンを皿に開けて食べると、カラメルソースがわずかにカップの底に残ってしまうことがない。皿を用意する手間と片付けが出てくるが、スプーンでプリンをすくう感触、わずかに揺れるプリンを見ることができる。

容器(瓶・カップ)にスプーンを入れて作って食べる。途中でカラメルソースの層までスプーンですくって、プリン本体部分と一緒に食べることもするが、大抵、カラメルソースの部分は最後に食べることになる。カラメルソースが少し底に残る。

プレミアムプリンになると、カップを逆さまにして皿に開けて食べることができない場合が多い。スプーンですくって食べるのみだ。

プッチンプリンは、皿に開けて食べるのが良い。プレミアムプリンは、そのままスプーンで食べるのが良い。

おいしいクリーム・カスタード・カラメル 4個入り


神戸魔法の壷プリン(R)4個入
モンドセレクション7年連続最高金賞受賞。神戸セレクション認定。神戸魔法の壷プリン。

ふんわりたっぷりクリーム。超濃厚とろとろカスタード。丹念にじっくりと作ったビターなカラメルソース。

壺の中のクリームの味、クリームとカスタード、カスタード、カスタードとカラメルソース、クリームとカスタードとカラメルソースの味わいが楽しみ。飽きのこない3つの味が楽しみ。