和菓子一覧

ようかんに合う飲み物、トッピング

ようかんの歯ごたえ、食べ応え、広がる甘さ。一口食べただけでも、落ち着き和む。お茶、コーヒーによく合う。ようかんは、小豆を甘くして寒天などで固めたお菓子だ。

小豆の餡は、牛乳に合うと考えられる。それに小豆の餡は、お茶とコーヒーにもよく合う。苦味と甘味で美味しいわけだが、小豆の餡は甘い味の飲み物にも合う。

甘い飲み物では、砂糖を入れたコーヒー・紅茶、甘い白ワイン、カルーアミルクが合うはずだ。

ようかんに合うものとして、あんみつをヒントに考えると、蜜、ホイップクリーム、生クリームと相性が良いだろう。練乳あずきをヒントにすると、羊羹には練乳も良く合うだろう。

羊羹はつい食べ過ぎてしまいがちだ。羊羹を一切れほど食べてみて美味しいと感じた人は、羊羹一本まるごと食べたいと思ったことがあるはずだ。

お茶の時間に嬉しいようかん。少しずつ味わって食べたり、ほおばって食べてしまいたいこともあるようかん。

羊羹(ようかん)は、ティータイムの紅茶、コーヒーにもよく合う和のスイーツだ。

栗入り蒸し羊羹 甘さ控えめ 280g×2本


いでゆむし羊羹 (栗蒸しようかん)2本
北海道産小豆を用いた自家製こしあんを丹念に練り上げて、蒸しあげた羊羹(ようかん)。
戦前より続く、初代が作り上げた製法で作っている。

甘く煮た栗が入っている。蒸しようかん特有の葛のモチモチの食感。甘さ控えめで味わい深いようかんだ。

羊羹(ようかん)は、こしあんと小倉どちらも味わってみたいものだ。

創業80余年 いでゆむし羊羹の伊豆柏屋の組み合わせ自由な「いでゆむし羊羹2本セット」

蒸しようかんとは?

蒸し羊羹は、小麦粉や葛粉を加えて蒸し上げて固める。煉羊羹(ねりようかん)は、寒天で固める。


冷やしておいしい生クリームどら焼き

1枚1枚手作りの生地、自家製アンのどら焼きは食べたいものだ。

どら焼きは、生クリームを入れたり、アンに重ねることで様々などら焼きが登場している。

生地とアンだけのどら焼きももちろん美味しいが、生クリームが入って様々なアンが生まれて、洋風になったバリエーション多彩な生どらは、食べる人を選ばない美味しさがある。

冷凍で届く生クリームどら焼きは、冷凍のままアイスサンドのように食べても美味しい。半解凍でもアイスのようで美味しい。

冷蔵で届く生クリームどら焼きは、冷たくて美味しい。生地がしっとりしていれば、なおさら美味しい。

手作り、国産原材料、手焼き、自家製あんの生クリームどら焼き!

ふわっとした生地 たっぷりアン たっぷり生クリーム 5個入り


純生クリームどら焼き 5個入
ふわっとしてしっとりしている生地、 しっかりと詰まった餡(あん)に程よい甘さの生クリームがたっぷり!国産原材料こだわった増田屋の純生どら焼き。

増田屋の純生どら焼きは冷凍で届く。冷凍のままアイスサンドのように食べても美味しい。冷蔵庫で解凍する場合は、約2時間ほど。


大福がいっぱい。毎日、大福!

豆大福、塩大福、いちご大福、ポテトクリーム大福、とろける生大福など、ネット通販で大人気の大福!!

出来立て、作りたてを専用の急速冷凍しているから、餅(モチ)のつきたて、餡(あん)の作りたての味が味わえる。

うまい塩大福、豆大福などは、特に皿の上に山のように積んで、好きなだけ食べたい。
1つ1つの素材、作り方など、おいしい大福へのこだわりがつまっている。

美味しい大福がお腹いっぱい食べられる 30個入


おやつ大福 30個入(豆大福・草大福)
北海道の「なかむら」では、冷凍、1個ずつ個包装の大福。素材自体の味わいを生かした製法で作っている。(保存料は一切使っていない)
素材の味わいを生かした、作りたてのおいしさそのままの冷凍でお届け!
個包装だから、食べたい時に食べたい分だけ解凍して美味しく食べられる!

うまい豆大福と草大福の大福2種類の「詰め過ぎおやつ大福

出来立てを業務用急速冷凍庫にて、一気に中心点-35度まで冷らせたから、解凍後はつきたての風味に!常温で約1時間の自然解凍がオススメ。


長崎カステラ、いろいろ

しっとり、ふんわりが美味しい定番の甘い菓子カステラ。美味しいカステラは、毎日食べても飽きない。常温保存で日持ちするのも嬉しい。

夏でも半熟カステラ、涼しいうちの午前のスイーツ、深夜のお菓子におすすめ。

厳選された原材料で作り上げるカステラ。長崎カステラの規格外、切り落とし部分など訳あり、長崎銘菓の新しいおいしさ「半熟生カステラ」、選べる長崎カステラセット。ギフト用のカステラ。賞受賞のカステラと多様なカステラ。シンプルな美味しさ、カステラからチョイス!

評判の長崎カステラ 切り落とし 1kg (4パック)


長崎カステラ 切り落とし 1kg
カステラ専門店【長崎 心泉堂】のモンドセレクション金賞受賞の老舗の本場のカステラ!

新鮮な卵と純粋はちみつを使用、伝統製法で職人が作るカステラ。250g以上×4パック(約1kg)。

いつでも好きな時にたっぷりと食べられる量がお得なのは、正規商品を作る際にできる切れ端や規格外のカステラを商品として詰め込んだ訳あり品だから。規格外だから、正規品にはない美味しい部分も入っている。

切り落とし、規格外と言っても味と品質は美味しいカステラ。

開けやすくきちんと閉まる専用パック。

通販で人気のカステラ専門店「長崎 心泉堂」には、さまざまなカステラが用意されている。


音がしないスイーツ 時間をかけて食べやすい

実は和菓子は身近なものだ。羊羹(ようかん)、饅頭(まんじゅう)、どら焼き、最中(もなか)、団子(だんご)、大福など、お茶にはもちろん、コーヒー、紅茶によく合う。甘い味にコーヒー、紅茶の苦味と酸味と渋みがちょうど良い。

しかも、少しずつ食べられて、ゆっくりできる。(長持ちというのかな)

そういった食べ方、時間の過ごし方ができるのが饅頭、どら焼きだ。

饅頭、どら焼きは、手で分けて4等分くらいにすると、ゆっくりと食べながらの時間を過ごすことができる。のんびりカフェタイムを楽しむことができる。

羊羹は切り分けて、薄めに切ったとしても、すぐに食べきってしまう。最中も同じだ。団子、大福も身が柔らかなせいか、すぐに食べてしまう。

家でドラマ、映画など見ながら食べる時(ちゃんと聞きたい時)など、食べる際の音に関しては、羊羹、饅頭、どら焼き、モナカ、団子、大福、どれも音はしないと言える。音を気にする時の食べ物に、甘い和菓子は良い。音が出る食べ物を食べていると、会話の言葉が少しだけでも聞こえにくくなったりもする。

ちなみに和菓子によく使われる小豆だが、アンパンと緑茶は(餡子と緑茶)でよく合う。刑事ドラマの張り込みによくあるアンパンと牛乳(あんこと牛乳)だが、これもよく合う。洋菓子になるが、ドーナツとコーヒーもよく合う。

和菓子のイメージとしては、創作和菓子で茶の湯の抹茶と一緒に出されるような、和室で和服でなければならないようなイメージがある。そのように食べてもおいしいに違いないが、その和菓子を日常の三時のおやつ、カフェタイム、お茶の時間、休日の楽しみに持ってきても、もちろんいいのだ。

洋風の良さはないが、深みのある甘さ、落ち着き、和み、どことない品の良さ。洋菓子よりも少ない量で満足できる。

丁寧に炊き上げた自家製あん 和菓子 9種詰合せ


和菓子 9種詰め合わせ
滋賀県甲賀にある創業140余年の老舗職人がお届けする「和菓子お試し詰め合わせ」。

自家製小倉あんの大人気商品「栗どら焼き」、大彌(だいや)の看板商品「七転八起」をはじめ「忍術屋敷」、「しるべ」、「みなくち」2種、「どんどんにぶ」、「福もなか」、「こうしん」、どれも楽しみな9種を1個ずつ。