スイーツ・菓子一覧

ショッピングモール・ネットショップ本店などから人気、評価の高さを目安におすすめのスイーツ・お菓子など紹介!

どら焼きは、どこに行った

子供の頃、どら焼きが好物だったが、特に皮が好きだった。皮の味が特に良かった。もっちりしている食感もよかった。ドラえもんの好物だったこともあって、子供の頃はどら焼きがあると特に喜んだものだ。子供だから、餡の方はそれほど重要ではなかった。どらやきの皮が好きだったのだ。餡と皮では、餡の方が好きだったどら焼きだが、大人になった今、餡の方が好きになっている。それは冬のおやつ「あじまん」についても同じだ。

あじまんは、今川焼きと似ている。皮にたっぷりと餡が詰まっている。焼きたてだ。今川焼きよりも厚みがある。餡も多い。(あじまんよりも餡が多く入っている、厚みもある今川焼きもあるかもしれないが)あじまんは、手作りで冬だけ様々な大型店の前で売っている。あじまんは、コーヒーによく合う。

あじまんを少しずつゆっくり食べるにはどうしたらよいか?それは、皮と餡を一緒に食べるという感覚ではなくて、「餡」を少しずつ食べるようにすると良い。

せっかく買ってきたあじまんが、冷めてしまったら?そんな時は、電子レンジで温めると焼きたての美味しさが戻ってくる。

話もどら焼きに戻そう。どら焼きは、ドラえもんの大好物でもあったから、子供の頃の私は余計に食べたくなっていたのだ。どら焼きは、現在、様々などら焼きがある。私が子供の頃は、バター入りどら焼きが流行していた頃だ。頂き物にバター入りどら焼きが続いていて、一時期、毎日のようにバター入りどら焼きを家族からすすめられていた。美味しいのだが、毎日では。

バター入りどら焼きを飽きるほど食べても、また次の週、一か月後くらい、半年後ぐらいにバター入りどら焼きがある。私はその頃、バターが入っていないどら焼きが恋しかった。この世からバターが入っていないどら焼きが消えたような感覚だった。

大人になってからのバター入りどら焼きについては、バターと皮の相性が良くて、その美味しさにびっくりだ。餡と皮だけのシンプルなどら焼きももちろん美味しい。(なくなっていなかった)

今は、バター入りどら焼きとシンプルなどら焼き、どちらも美味しい。

噂の栗どら(自家製あん・バター・大粒栗2個)栗どら 5個×2箱


噂の栗どら 5個入り×2箱セット
大正9年創業「御菓子処 餅信」の人気No.1「噂の栗どら」
栗が丸ごと2個分入ったうまいどら焼き!

丸ごと2個分の栗をどら焼きの皮で挟んで、餡(あん)と一緒に美味しく食べられる秘密は、栗がとても軟らかいこと。

北海道産小豆、新鮮なバターなど素材にこだわり、ボリュームもたっぷりの大人気の栗どら焼き!

「噂の栗どら」の美味しさの秘密

栗どらの美味しさの秘密は、1つ1つの素材にこだわっていること。

  • 北海道産小豆を柔らかく炊き上げて作る自慢の自家製餡(あん)
  • やわらかい大粒栗を約2個分
  • フレッシュバター、純国産鶏のもみじたまご使用

そうだ、アーモンドチョコを食べてみよう。

コーヒーによく合うチョコレート。チョコレートは子供から大人まで好むスイーツだ。香りとほろ苦さと甘さ、コクと食感が魅力だ。

チョコレートには、甘いチョコレートからカカオがたくさん入ったチョコレート、生チョコ、こだわりのクラフトチョコレートなど、様々なチョコレートがある。ハイカカオ、クーベルチュールチョコ、クラフトチョコなどが人気だ。抹茶、ホワイトチョコレート、ストロベリーチョコ、ピスタチオが練り込まれたチョコなどバリエーションが多彩でもある。

チョコはコーヒーによく合う。コーヒーを飲みながら食べること、少ない量でも大体満足する。コーヒーを飲む際には、小さなチョコレート2個くらいあればいい。しかし、板チョコの場合は、少し多く食べてしまいがちだ。アーモンド、ナッツ類が入ったチョコレートは、くせになる美味しさで、つい何個も食べてしまう。

そのことを思い出させたのがトリュフチョコだ。トリュフチョコには、生クリームが配合してあった。トリュフチョコは、香りからして、とても美味しい。外側がカリッとしていて、中身が柔らかい。ひとつ、口に入れると、すぐになくなってしまうが、2、3個で十分満足する。

小学生の頃、生クリームが配合されているチョコレート「V・I・P」を好んで食べていた。当時、大抵のチョコレートは100円だったが、V・I・Pは200円だった。しかし、おいしいから食べていた。クランキーチョコも好きだった。ホワイトチョコレートのクランキーチョコも美味しかった。つぶつぶの軽い食感が魅力だ。軽い食感と言えば、霧の浮舟 (きりのうきぶね)というエアリーな感じで、口の中で泡が溶けるような口どけのチョコレートもよく食べていた。厚みがあって柔らかめなせいか、割る感じも良くて、手に取ると体温でチョコがすぐに溶けて、手にくっついてしまうが、それも良かった。

毎日のように、アーモンドチョコレートを食べていた時期があった。食べ飽きるくらい食べていた。大人たちは、アーモンドチョコの出来の良さに驚いていた。

大学生になってからのこと。アーモンドチョコレートのCMを見て、小学生の頃以来、食べていなかったアーモンドチョコレートを買って食べたことがあった。やたらと美味しかった。ささやかな楽しみにしたい、毎日食べたいな、と感動の美味しさだった。

訳あり ハイカカオ 割れチョコ・板チョコ・ブロックチョコ 380g


カカオ70 訳あり 380g
チョコレートソムリエ監修のハイカカオ!苦味・渋み・えぐみ・酸味を極力抑えた食べやすく甘いハイカカオチョコレート。

チョコレート会社のこだわりの品質、香り、味のハイカカオチョコレートの訳あり。

A 4サイズより1回り小さいサイズの袋に、割れチョコ、板チョコ、ブロックチョコが入っている。袋は密閉チャック付きだから、すぐに全部食べなくとも保存が楽にできる。

カカオ70%のおいしさにこだわったハイカカオチョコレート。


音がしない洋菓子 クッキーを浸して食べる

コーヒー、紅茶と合うのは、やはり洋菓子。

洋菓子といっても、ケーキ、チョコ、クッキー、フィナンシェ、マドレーヌなど、たくさんの種類がある。私は映画・ドラマなどを見る際に食べている。

食べる際に音が出ると、映画・ドラマの音声が少し聞こえにくくなるから、ケーキ、チョコ、クッキーは、その点で大丈夫なのだ。

チョコ、クッキーは、手にとって食べやすいという利点もある。映画・ドラマを見ながら食べるわけだから、一瞬見るだけで把握できるからだ。

そして、量を食べなくとも、チョコ、クッキー、ケーキは満足する。しかし、チョコビスケットとなると、たくさん食べてしまいがちだ。音も少し気になる。

音がしない洋菓子について考えてみるとケーキ以外にも、ワッフル、アイスクリーム、ゼリー、マシュマロなどもある。シュークリーム、エクレア、フィナンシェ、マドレーヌなども音が出ない。

しかし、シュークリームはクリームがこぼれないか少し気になる。マドレーヌは台紙(カップ)が気になる。そこをクリアできれば美味しいだけだ。

クッキー(ビスケット)は、紅茶・コーヒーに少し浸して食べることで、違った味わい、とろける食感が出てくる。浸す時間は、一瞬でもいい、2秒つけると味が染みて柔らかくなって美味しいが、崩れた部分がコーヒー、紅茶に入ってしまう。

最初からそれが分かっていれば、気にならない。

クッキー浸して食べると美味しいなあ、の延長で飲む感じになるからクッキーが少しくらいコーヒー、紅茶に入っていても良いのだ。

食べやすいサイズの神戸ワッフルセット 13個


お試し神戸ワッフルセット
ワッフルケーキ専門店R.L創業以来の看板商品。1枚1枚ふんわりと丁寧に焼き上げたワッフル生地でクリームやフルーツをサンドしたワッフルケーキ。


ホイップクリーム、生クリームの組み合わせ

ホイップクリームの入っているあんドーナツ、あんぱんなどは好みだ。ホイップクリームと餡(あん)の組み合わせは、黄金率のようなものだ。どら焼きにも、ホイップクリームや生クリームがたっぷり入っているどら焼きがある。

どちらかを選ぶとき、生クリームとバタークリームでは、はっきりしている。しかし、ホイップクリームと生クリームでは、ほとんどどちらでも良いと思っている。

どちらかといえば、ケーキは生クリームのほうが良いが、餡(あん)と組み合わせるとすれば、どちらでもよい。ホイップクリームでも生クリームでも良い。

生クリームではないはずなのに、このふわふわで美味しい味!とホイップクリームの美味しさに驚いたことがある。違いは?と生クリームの良さを考えてみた。

生クリームには、フレッシュな口どけ、みずみずしさがある。

クロワッサンの生地にホイップクリームや生クリームが入っているパンがある。高校生の頃、生クリームパンは、毎回、食べていた。思えば、高校の売店では、生クリームパンは必ず買っていた。このところ、コンビニで見つけた板チョコのようなチョコが入っているデニッシュ(クロワッサンに似ている)が、コンビニで買うパンになっている。

生クリームとホイップクリームをバターとマーガリンに例えると、生クリームはバターであり、ホイップクリームはマーガリン入りのバターのようなものだ。どちらも美味しいことに変わりない。

羊羹(ようかん)とホイップクリームの組み合わせも美味しそうだ。

ホイップクリームと羊羹は、見た目は白黒はっきりしている組み合わせだが、餡(あん)と生クリーム(ホイップクリーム)は、口の中で溶けあって分離しない。白黒はっきりしない。しかし、グレーにもならない。美味しい組み合わせだ。

ニコニコ12個(6種類)お試しセット


ふわふわオムレット 

こだわりの生クリーム使用。生クリームにあった柔らかなふわふわ生地、生クリームにホイップクリームやカスタードクリームなども入ったオムレット。
こだわりの卵を使用、ふんわりとした生地、口当たりの軽い生クリーム。長期冷凍保存もできる。6つの味が楽しめる。


饅頭は、ゆっくり食べるか、好きに食べるか

饅頭(まんじゅう)は、餡(あん)を皮で包んだお菓子だ。

大きな饅頭は嬉しいもので、いくらでも食べたくなるものだ。子供の頃、饅頭は少しで良かった。好きなお菓子や食べ物が他にたくさんあったからか、まんじゅうの美味しさはそれほどでもなかった。このところ、コーヒー、お茶を常飲するようになってから、一緒に食べていて好きになってきたのだ。

テレビドラマの刑事のアンパンと牛乳は、実際に相性が良いというか美味しい組合わせだから、まんじゅうと牛乳も合うはずだと考えた。

とっておきの牛乳を用意して、饅頭を食べて牛乳を飲んだら、と想像したら、それは結構新しいスタイルなのではないかと思いつつ、すぐに平らげてしまうだろう。ゆっくり少しずつ、楽しみたい時、あっという間になくなってしまう饅頭でも、手で割って4等分にして少しずつ食べると長く持つ。

美味しくてすぐになくなってしまうという点では、牛乳と合わせたとき、なおさらだと思う。揚げまんじゅうは特に、牛乳を飲みながら食べると、なくなるのも早いだろう。

ここで揚げまんじゅうの簡単な作り方を紹介する。

フライパンに少し多めに油をひいて、フライパンの上で焦げないように饅頭の両面を熱するだけで美味しい揚げまんじゅうを作ることができる。フライのように油で揚げるのが基本的な作り方だが、揚げ物をするのはなかなか大変な部分もあるから、フライパンで作るのは正解だろう。フライドポテトもこの方法で出来る。揚げたような味わいだ。

揚げ饅頭の見た目と味わい、しっかりと中にも火が通る。甘みが増して美味しい饅頭になっているはずだ。

特にたくさん饅頭を食べたくなるのが、温泉土産の薄皮饅頭、店自慢の味噌まんじゅうだ。甘い物好き、まんじゅう好き、あん好きなら、饅頭は一個では足りなくて、もっと食べたいが2個食べるとちょっと食べ過ぎた、となる。

ゆっくり食べるのと、好きに食べるのはどっちがいいのだろう?

パリのカフェラテ通の飲み方は、店に来て注文したら一気にひと口で飲むのだそうだ。実際に自宅で一気に飲んでみた。

少しずつ飲むのと変わらないような満足感と後味があった。少しずつ飲んでも、一気に飲んでも飲む量は変わらないのだから、変わらないという感覚、は理にかなっている。

少しずつではなくて、(もちろん、やけどしない温度だが)一口でほとんど飲んでしまうような飲み方だと、一気に体が温まるような感覚になる。

私はコーヒーを常飲するようになる以前、時々コーヒーを飲んでいた頃、このような飲み方を普通にしていた。コーヒーそのものを味わうのならば、ほぼ一口で飲む、一気に飲むような飲み方、これは良いはずだ。

ただし、コーヒーを飲みながら、ゆっくりする、読む、考える、見る、食べる、会話するなど、何かしながらならば、少しずつの飲む方が良いだろう。

饅頭にも同じことが言える。饅頭と飲み物、美味しくいただきながら、考える、見る、話をするなど、何かしながらならば、少しずつ。饅頭そのものを味わうならば、好きに食べる。これが良いのではないだろうか。

冷凍でお届け 黒糖みそまんじゅう 10個入


作り立て みそまんじゅう 10個入り
黒糖の甘味と風味の皮、味噌が入った餡(あん)がうまい黒糖みそまんじゅう。もっちりとした食感。作りたての味が楽しめる冷凍で届く。