餃子・キノコ一覧

食事に水餃子 お酒に焼き餃子

お店の餃子、手作り餃子は皮が特にうまくて、中身もオリジナルさがあっていいものだ。市販の餃子も美味しいものがある。皮が手作りのような厚さ、パリパリ間でうまい。具(餡)のボリュームがアップすれば言うことはない市販の餃子もある。自宅で餃子となると焼き方にやり方があって、コツがいることを知ることになる。コツとはいっても、焼く、蒸すの手順と時間、タイミングだけなのだが、これがあるから餃子作りはやめられないのかもしれない。ギョウザパーティーなるものもあるようだから。

私は、焼いた餃子で記憶に残るほど失敗した記憶はない。最近では、お取り寄せの手作りギョーザはうまくいった。しかし、真剣にやらないと、うまくいかない。説明書きの通りにする。まずは、マニュアルの餃子の作り方、焼き方に忠実に従うことだ。

餃子の具(餡)は、好みが分かれる。にんにくたっぷりが良い。ニラいっぱいがいいなど。皮はモチモチがいいなど。食べた餃子の皮が美味しいと「本物のうまい餃子を作りたい」という作り手の気持ちを感じる。

餃子というものは、餃子だけでお腹いっぱいになるまで、飽きるまで沢山食べたいものだ。ラーメンと一緒ならば、一人前は数個で十分かもしれないが、餃子だけを食べて幸せな気分になるためには、十二分に餃子の個数は用意しておきたい。少なくとも一人分 10個~20個とたくさん餃子の個数を用意しておきたい。

餃子の好みにおいては、具材はともかく、餃子は、焼き餃子がいいか、水餃子がいいかというところで好みが分かれることがよくある。自宅で食べるとすれば、作り方と言うか、温め方と言うか、焼き方と言うか、食べる準備は、焼き餃子は工夫がいるが、水餃子ならば鍋に入れるだけだ。水餃子の方が簡単だ。水餃子用の餃子(水餃子専門の餃子)は、皮は破れにくく、水餃子に向いている皮と具材のはずだから、水餃子の方が早い。

水餃子は、どことなく食べている姿や食べた後などに上品さを感じる。焼き餃子は食べている最中、食べた後にも上品さなどは感じられない。水餃子にするか、焼き餃子にするかということだけで、不思議なものである。

どちらかと言えばであるが、もちろん個々人の好みで色々だろうが、水餃子は食事に向いている餃子であり、焼き餃子は酒のあてに向いている。

特に「自分は餃子といえば水餃子」「餃子といえば焼き餃子」と特に決めていたり、こだわりがなければ「食事中心であれば水餃子」「お酒中心、もしくはお酒を好きだけ飲む」のであれば、焼き餃子がいいだろう。

水餃子は水分が多いから、食事は水餃子だけでも良くなり、ご飯もすすみやすい。水餃子は水分が多いから、お酒はそれほどすすまない。

焼き餃子は水分が少ない分、ラーメンに合っている。焼き餃子は水分が少ないから、お酒もすすむ。

たっぷり食べたいあなたに 包みたて生ギョウザ 96個


黒餃子48個  本餃子48個! 96個
美食点心ぎょうざ館のこだわりの食材で作る包み立て生餃子を冷凍でお届け!

美味しさ3つの秘密
  1. その日の気候に合った水と塩の量を加減している。最高の食感の「自家製餃子の皮
  2. 産地から美味しいキャベツを選んで、大きくカット「うまい食感のキャベツ
  3. 専門店にしかできないこだわりの味。保存料を一切使わず、「出来たてを急速冷凍
黒餃子と本餃子
  • 黒餃子は、肉汁の溢れる豚肉とニンニクの旨味、全粒粉使用の皮で食物繊維・ミネラル豊富、ビタミンがとれるから、旨くてヘルシー!
  • 本餃子は、野菜たっぷり!生姜入りが特徴で、バランスのとれた野菜と肉でおいしい!

わさび、おやき!キノコ入り食品

きのこは、一年中、美味しく栄養のある食材。独特の食感と味、ジューシーさ、香りなど素晴らしいものだ。

しめじ、舞茸、椎茸、エリンギ、なめこなどキノコを使ったフード!

わさび屋で一番売れている しいたけわさび 200g(100g×2袋)


しいたけわさび  100×2袋
椎茸の食感と香り、茎わさびの辛さとシャキシャキ感の相性の良さで大人気のワサビと椎茸の逸品「しいたけわさび」!

世界農業遺産に認定されている静岡水わさびの伝統栽培。わさび沢でとれる生わさびの専門店で一番人気の商品。

賞味期間は常温で10ヶ月間