惣菜一覧

ネット通販できる調理された食品、すぐにおかずになる、温めるだけのおかずなどを数あるネットショップの中から人気とおすすめをセレクト!

牛丼が食べたい!どこの牛丼にする?

牛丼には玉ねぎが入っていた方が良い。しかし、玉ねぎ嫌い、野菜嫌いの人にとっては玉ねぎは入っていない方が当然に良い。牛丼そのものの味が美味しくても、卵はあったほうがいいし、紅しょうがも少しだけあった方がいい。

業務用の牛丼の素(具)を食べることが多かった子供の頃、最初は美味しいが途中で食べたくなくなることがよくあったが、それは、つゆが多すぎるせいだった。つゆを最初からある程度捨てると、美味しい牛丼、好物の牛丼になった。袋の中のつゆを全部入れるのは、子供の頃の私にとっては多すぎたのだ。

吉野家の牛丼で、「つゆだく」と注文するブームがあった。私も「つゆだくで」と注文していたし、問題はなかった。

吉野家の牛丼は玉ねぎが少なめだ。すき家は、玉ねぎがしっかりと入っている。玉ねぎが目立つくらいだ。どちらも美味しい。

吉野家の牛丼は、安い・うまい・早いで評判となった。

このところ家で肉といえば、豚肉がメインになっている。牛肉を手軽に吉野家、すき家、松屋などで食べるのは、食を楽しむ上での幸せな気持ちになる。

牛肉が安い・うまい・早い。牛肉をたっぷりと美味しく、好きな時に一人でも気軽に食べられる松屋、吉野家、すき家だ。

この中でよく私が行っていたのは吉野家。すき家、松屋も人気がうなずける牛肉が食べられる店だ。牛肉を美味しく、早く、安く。

牛丼にしっかり玉ねぎがほしいのならば、すき家の牛丼。最もベーシックで定番のおいしさ、吉野家の牛丼。牛肉の定食ならば松屋の牛めし。

全国チェーンで評判の美味しい牛丼は、お店に行かないと食べられないはずが、何時でも温めるだけ、お店そのままの味でおいしく食べられる!

うちで好きな日、好きな時に食べたい。子どもから高齢の方まで、冷凍庫にあると便利なうまい牛丼が、うちで食べられる!牛丼の具!!

全国で有名なうまい牛丼の店の「牛丼の具」の出来たてを、急速冷凍。冷凍庫にストックしておけば、好きな時、いつでもご飯に乗せて、牛丼(牛めし)が食べられる!

「吉野家 牛丼の具」世界が認めた日本のおいしい牛丼 10袋セット


吉野家 冷凍牛丼の具  120g×10袋
吉野家 冷凍牛丼の具は、国際味覚審査機構で優秀味覚賞2ツ星を獲得している。

あなたが「美味しい」と思っているだけじゃない。世界が認めた「食べておいしい牛丼の具」なのだ。

「吉野家 冷凍牛丼の具」タレと牛肉がおいしい秘密

牛肉は熟成させると、甘みが出てきてまろやかで深みのある味になる。

牛肉は適正な温度で寝かせると、タンパク質がアミノ酸に変化する。さらにペプチドと言う成分が増える。

吉野家の秘伝のタレは、低温熟成。加熱しないで様々な材料時間をかけて熟成させている。ショウガを生ショウガに、ワインを増量するなどして、まろやかさと香りがアップして、さらに美味しくなった。

吉野家 冷凍牛丼の具は、牛丼以外にも料理の具材として使うのもオススメ。本格的なハッシュドビーフ、肉じゃが、ビーフサンドイッチ

吉野家のお店の味そのままに、うちで牛丼がおいしく食べられる。


京都の漬物いろいろ

ごはんに漬物、お茶に漬物、お酒に漬物、蕎麦に漬物など。漬物はなくてはならないもの。野菜が収穫される時期に漬け始めるから、漬物には季節もある。

浅漬け、ぬか漬けなど様々は漬け方がある。野菜を少しの間、長持ちさせられる。野菜をそのまま食べるより、さらに美味しく食べられる。

酒のあてに、カレーに漬物!お茶に漬物で時間を過ごすのもおすすめ。美味しくて定番の漬物!

京漬物 お試しセット 360g


京漬物ギフト 7種類8個 お試しセット
京都の大原で100年以上受け継がれている技術と味のつけもの。塩分控えめ、合成着色料・保存料を一切使用しない。自然の素材の持つ本来の旨みをいかした味わいの土井志ば漬本舗つけものお試しセット。

土井志ば漬本舗 京漬物お試しセット


納豆はタレのことを考えて

納豆はうまい!納豆にタレと醤油、ネギを刻んでごはんにかけるだけでもおいしいが、チャーハン、パン、そば・うどん・スパゲッティなど麺類、キムチ、ネバネバする食べ物など、いろいろな食材と合う。ひきわり納豆は納豆巻き、手巻き寿司などに使うと特にうまい。

納豆は栄養がすごい。畑の肉と呼ばれる大豆の栄養と発酵してできた栄養をとることができる。納豆の乳酸菌は生きたまま腸に届く。

納豆には、ひきわり、小粒、国産、こだわりのグルメ納豆などがあって、どれも美味しい。納豆を食べていて時々あるのが、同じメーカー、同じ名前の納豆でも味の違いがあることだ。

納豆には毎回美味しくて当たり前という期待感、安心感がある。しかし、期待外れの時もある。

期待通りか期待以上に美味しく納豆を食べるためには、タレを工夫すべきなのだ。1人で準備する毎日の朝食、起きてすぐの朝食(ブランチ)で納豆を美味しく食べるのに、そんなに毎日手間ひまかけていられないから。納豆と相性の良い食べ物を加えても良い。

納豆を間違いなく美味しく食べるには、タレのことを考える、納豆に何かを足す、と決めておく。

納豆添付のタレだけではなくて、醤油をたらす。私は一滴だけでも(いつもほんの少しだが)醤油を入れて、自分の味にして食べている。

納豆に大根おろし。味は薄味になりがちだが、醤油を好みで加えることで濃いめの味にしても良い。納豆と大根おろしで、ご飯をみずみずしく、さわやかに、かきこむことができる。大根おろしの栄養とヘルシーに期待もできる。

納豆にキムチ。納豆とキムチの乳酸菌が相性が良いのだろう。納豆とキムチの組み合わせはとても美味しい。

納豆にだし醤油。納豆にだし醤油は定番になるかもしれない。いつもの料理、めんつゆに使うだし醤油を加える。

納豆に出汁をいれる。納豆パックに添付のタレ(ダシ入り)も良いが、本格的なだしパックのだし汁や自分で取っただし汁を入れてみる。だし汁と納豆だけと言うシンプルな組み合わせも美味しそう。しょうゆに本格的な出汁を入れてもよい。

納豆に入れるタレ、加える味の存在は納豆そのもの以上に大きい。そして、同じ納豆でも納豆そのものの味が違う場合もある。

冷蔵庫にある納豆をそんなに手間ひまかけずに美味しく食べるには、タレのこと、足すことを考えてみることで美味しく食べられるのだ。

納豆専門店 4種類のタレから選べる 水戸納豆 50g×6パック


水戸納豆 豆姫お試しセット

茨城県産大豆100%使用、自社畑で育てた納豆に適した大豆のみを使用した納豆「豆姫」。豆姫は特製のタレと相性の良い小粒大豆だ。

タレは4種類。4種類のタレから選べる。4種類どのタレとも相性の良い納豆であるだけではなくて、そのままでも美味しい独自の製法で仕上げている。

4種類のタレとは「しそのりだれ」「ネギ味噌だれ」「わさびだれ」「甘口昆布だれ」。大正元年創業以来の技術と知識からできた水戸納豆 豆姫(50g×2)の3個セットが送料無料!


ウナギの蒲焼を食べる日

しばらくうなぎの蒲焼(うな丼、うな重)を食べていないと、土用の丑の日には、ウナギを食べないと!となってしまう。

ウナギの蒲焼は、何かきっかけがないと、普段から普通に食べようとは思わない(懐の問題ではなくて)。栄養がある、美味しいとはわかっているのだが、普段から「今日はうな重」とはならない。

その場で焼くウナギの蒲焼、炭火焼、うなぎ専門店のウナ重、ウナ丼などは、ふっくら香ばしく、ジューシーで多くの人が好み、感動するものだ。

しかし、美味しいからと言って。毎日のように食べていたりすると飽きてくる。ステーキもそうだ。(私の現状は、ウナギを食べる頻度はやや多めだ。飽きない、ご馳走的なタイミングで食べているから良いのだろう。)高級と呼称される食事、レストラン、料理も同じだ。

ウナギは淡水魚だ。泥を吐かせて、さばき焼いて、タレをつけて、さらに焼いてなど、とても手間がかかっている。日本の自然がもっと豊かであれば、あちこちでウナギの養殖がされたり、うなぎ漁がさかんで、普段の食事にウナギが当たり前に出るようになるのかな。

しかし、よくよく考えてみれば、うなぎの蒲焼は、ウナギそのものの素材、手間、味の特徴からして、ウナギが日本全国で豆腐や納豆を食べる食習慣のようにはならないだろう。

日本国民には、ウナギの蒲焼を食べる日として、土用の丑の日というウナギを食べる日まで定められている。

たまには、うな重、うな丼。土用の丑の日やたまのご馳走に食べたくなる味。たまのご馳走として食べるから美味しくて好まれるのだ。

特大サイズ 国産 うなぎの蒲焼 約200g×1尾


鹿児島県産うなぎ特大サイズ 約200g×1尾
鹿児島県大隅半島産の安全養殖で育てられた純国産「無頭うなぎ蒲焼」の特大サイズ!

活きのいいウナギを厳選して、職人がさばいて炭火で白焼きにする。ふっくら蒸し上げて、秘伝のタレに漬けて焼き上げること4回。レシピ付きで特大ウナギがいろいろ楽しめる。

送料無料、12:00までの注文で最短翌日お届け。2尾以上の注文はギフト用の化粧箱で配送してくれる。


おいしさと栄養 あったかい卵

卵は安い。学生の頃、月末になり、お金がなくなったり使い過ぎてしまったり、連休の前にお金を引き出すのを忘れたりしてしまって、お金がわずかしか手元になくなっていた時のことだ。いつも行っている食料品店では、卵が1パック50円くらいで売っていた。セールだったのだ。

それからお金がない時の食べ物は卵がいい、となった。生卵、オムレツ、ゆで卵、玉子焼きなど。電気、ガス、水道が使えれば(米、調味料はあった)、お金が手元に入るまでのおかずは卵だけになるのだ。しかし、卵だけでもおいしいし、栄養がある。

美味しくて安いのが卵なのだ。

卵は、毎日の目玉焼き、玉子焼き、オムレツ、エッグサンド、ゆで卵、チャーハンなど食卓には欠かせないものだ。また麺類、丼ものなどにも使う。目玉焼きには、ソースか醤油かという話になることがあるが、私は醤油をかける。何をかけるか迷う時といえば、しょうゆをかける前に塩を振るかどうかぐらいだ。ソースをかけるとお好み焼きを思い出してしまう味になるから、目玉焼きにソースはかけない。玉子焼きは甘いのが好みだ。ゆで卵にはマヨネーズ、もしくは、だし醤油をかける。

ご飯にポークステーキを切ったものと目玉焼きをのせて食べるスタミナ丼の時のみ、目玉焼きには、ソースをかけることにしている。

卵は庭先たまご(平飼い卵)が魅力的だ。庭で飼っているチャボが産んだ「温かい卵」という思い出がある。一日一個食べて心が満足する、体にも栄養満点な気持ちになる。

朝どりの産みたて卵 平飼い 30個


平飼い卵 30個
信州伊那谷(長野県伊那市)のうまい空気、豊かな緑のなかで純国産鶏「ゴトウ」を育てて産まれた卵をお取り寄せ!「昔の卵の味がする」自然の中で育つ鶏の卵!

卵やさんの卵の秘密
  • 高価で新鮮な魚粉を市販の餌3倍~4倍、にんにくは1.5倍など、吟味した手作りの餌を作ってあげている。※抗生物質は使っていない。
  • 地下180mから汲み上げた天然水を飲み水として与えている。
衛生面も安心
  • 発送当日の朝どり卵は、洗浄、殺菌している。
  • 自主的にトリインフルエンザ、サルモネラなど定期検査している。

お届けする卵は、発送する日の朝に産まれた卵の中から厳選の朝どりタマゴ!