一覧

明太子のピザパン

タラコは、子供の頃から食卓に出ていたが、そんなに食べてはいなかったと思う。筋子の方はよく食べていた記憶がある。子供の頃の私の感覚で、タラコの食感や味が好みではなかったのかもしれない。

辛子明太子となれば、辛いから尚更だ。焼いた明太子など、食卓によくあった。なぜか印象深い。

ピザパンに明太子を使ったことがある。食パンにマヨネーズを塗り、明太子をマヨネーズの上に塗るように乗せる。オーブンで焼いて出来上がり。

海苔があれば、調理用ハサミで短冊状に細かく切って乗せる。食パンを使って作るピザパンは、半分に切ると食べやすい。

辛子明太子を使うピザパンの場合、辛子明太子の辛さは焼くことで辛味が飛んでしまう。

辛子明太子はパンにも合う。白いカマボコに挟んでも美味しい。タラコを酒のあてにする場合、辛子明太子の生、半生、しっかり焼いたものなど、何種類か用意すると、お酒がより楽しくなるだろう。

ふくや 選べる たっぷり明太子 540g


ふくや 家庭用明太子 540g
酒の肴、ご飯のおかず、おにぎり、パンにあると嬉しい辛子明太子。

楽天のグルメ大賞連続受賞の家庭用明太子は、135g×4パックの540gのセット。

ご飯一杯に満足の明太子(約20gとして)、約27杯分もある!
1皿に50gの明太子を使う明太子パスタ11皿分!

大人気の家庭用明太子には、形が不揃いなもの、端っこが少し切れている「切れ子」と呼ばれているものを使っているが「切れ子」に合わせた味つけをしている。

訳あり品、規格外ではない正規の商品!

  • 保存に便利な小分けパックだから「開封してしまったら、すぐに食べてしまわないと・・・・」ということはない。
  • 小分け(150gずつ)だから、食べたいときに1パック~食べられる。すぐに食べない分、は冷凍庫に保存するのがおすすめ。
「辛い明太子はちょっと・・・」という方にもおすすめ!

ふくや「家庭用明太子 540g」は選べる5種類の味・色!

無着色が好みの方

  • ふくや明太子の基本の味「無着色レギュラー」
  • 辛さ控えめの「無着色マイルド」
  • 激辛の明太子「無着色どっから」

明太子は赤い方がいいという方

  • ふくや明太子の基本の「味着色レギュラー」
  • 辛さ控えめのまろやか味「着色マイルド」

満足するマグロ。ネギマ、ネギトロ、ツナサンド

マグロにはいろいろある。とろけるような大トロ、トロ、赤身が多くとも生臭さのないとろけるようなマグロ。ネギトロも美味しい。

ネギトロ丼とは、手軽に食べられるものだが奇跡的に美味しいものだ。

刻んだ海苔をご飯にかけて、その上にネギトロをたっぷりのせる。刻んだネギをかける。

わさびを溶いた醤油をかけて食べる。

刻みネギもセットになっているネギトロが売られていることも多い。のりを刻んで、ご飯にかけると更に美味しくなる。簡単に美味しくできる。

私は筋がやたらにあるマグロ、生臭さのあるマグロは好みではない。もしも、筋がやたらにあるマクロ、生臭さのあるマグロを選んでしまった場合、ネギマにすることに決めている。ネギマの作り方は簡単だ。ネギと醤油とマグロを炒めるだけ。

簡単に出来て美味しい。シンプルな味わいで、ワイルドな感じだが、コクのある味に「簡単にはできないメニューのはずだ」と思わせてくれる。

ツナもマグロだが、ツナは私は好きでも嫌いでもないが、ツナサンド、シーチキンからしマヨネーズなどのおにぎりなどを食べると、ツナの美味しさにびっくりする時もある。

シーチキン、ツナ缶は、タンパク源として、とてもありがたいものだ。ツナ缶と言えば、ツナをサラダにかけるだけのツナサラダが知られているが、ツナサンドも簡単に作ることができて美味しい。

ツナサンドの作り方は、マヨネーズ、ツナ、玉ねぎを用意して、みじん切りにした玉ねぎとマヨネーズ、ツナを混ぜるだけ。パンに挟んで食べる。少し手間をかけられるのであれば、切った玉ねぎを水にさらす、塩で揉むなどすると、玉ねぎの辛味などが取れる。

ご飯に生卵をかけるように、油、水気を取ったツナ、マヨネーズ、辛子を混ぜたものをご飯に入れて、海苔で包んで食べると、シーチキン辛子マヨネーズのおにぎりの味で、ご飯が食べられる。大満足すること間違いなし。

ふんわり つぶつぶ 天然マグロ あらびきネギトロ 100g×2パック


天然マグロの粗挽きネギトロ 200g
マグロを粗挽きで仕上げたマグロの食感、味が十分に堪能できる美味しいネギトロ。

解凍は流水解凍で約5分。または冷蔵庫の中に入れて3~5時間。1人分ずつ個包装だから使いやすい。 

どんなマグロを使ってるの?

天然マグロを船上ですぐ-50度で急速凍結された新鮮さ抜群のメバチマグロ、キハダマグロ、ビンチョウマグロの3種類のマグロを使用。便利な小分けパック


アジの刺身は、ショウガかワサビか。

アジの刺身は、いくら食べても足りない旨さで、箸がすすんでしまう。

アジの刺身は猫も大好きだ。アジの刺身を食べる時には、猫が太らないように気を付けるべきだから、少しだけ猫にもあげたい。当然、アジの骨は鋭くて太い見るだけで怖いくらいだ。 猫の手の届くところに置いておかないように注意したい。

どんなものでもなかなか食べなかったり、時間をおいてから食べるウチの猫でも、アジになると、テーブルの上にまで上がってきて、じっと見ているほどだ。近くにひとがいないと当然、取る。アジはマグロとともに猫が好む傾向にある魚だ。サーモンは少し好き嫌いが分かれるようだが。

アジは、醤油に生姜かワサビで迷うところだが、最も印象深いアジの刺身は、ネギをまぶした細切りに切ったアジに醤油にショウガで食べた時だったと記憶している。

今は、ワサビと醤油で食べるのが美味しい。その時、食べたアジを思い出してみれば、醤油は、だし醤油だったかもしれない。しかし、ネギと生姜で食べたのは間違いない。

それからというもの、いくどとなくアジの刺身を食べて、ワサビで食べても美味しい、と好みの食べ方が少し変わった。しかし、アジの刺身は冷たくないといけない。これは変わっていないところだ。

アジの刺身は、最初はネギとショウガとダシ醤油で食べる。食べ慣れてきたら、ワサビと醤油で食べるのがよいだろう。(初心者は、ネギとショウガとダシ醤油。通は、ワサビと醤油。)

アジの刺身は、アジの刺身丼のようにしても美味しい。酒のあてにはもちろん、ご飯にかけるようにして、アジの刺身があれば、ごはんは何杯でもいけそうだ。

真あじフィレ 100g お刺身用


真あじフィレ お刺身用 100g
水揚げ後、刺身用に加工したアジを真空パック、急速冷凍したから、新鮮で美味しい。

解凍後は そのまま刺身として食べられる。好みの大きさに切る、細切りに切るなどしても美味しい。どんぶり、寿司ネタにも向いている。刺身用のアジだから、加熱調理する料理に使ってもかなり美味しい。

自然解凍で冷蔵庫で3~5時間。パックごと流水にさらして約10分で解凍できる。


コク、脂乗り、色鮮やかなサーモン

寿司ネタとして美味しい鮭の刺身、サーモン。炙りサーモン、玉ねぎを刻んで、マヨネーズも乗っていても美味しい。紅色というのか赤っぽいあの色の魚肉は、ヒグマの好物でもある。ヒグマはたくさんの鮭を生で食べる。ドキュメンタリーなどでヒグマが鮭を食べているところを見ると美味しい鮭をたくさん食べているんだな、満足するに違いない。

鮭の刺身、サーモンは、脂こいのも特徴だ。味わい深くコクがあり、脂が乗っていて生臭くないのがサーモン。刺身として食べてももちろん美味しい。マリネ、カルパッチョ、サラダにもよく使われる。

鮭の刺身、サーモンにおいてどうするか迷うのが、サーモンに薄くスライスした玉ねぎを乗せてマヨネーズをかけたものを醤油とわさびで食べるか、醤油とわさびをつけないか。また、玉ねぎとマヨネーズが乗っていないものを醤油とわさびで食べるか。炙っているサーモンか、炙っていないサーモンか。サーモンは、何個でも食べられる美味しさがある。

刺身用とろサーモン 550g〜750g


お刺身とろサーモン 半身 約650g
アンデス山脈の雪解け水が流れ込む清浄な湖で抗生物質を使わずに育てられたペルー産のトラウトサーモン(別名 天空サーモン)。

骨取り、皮引き済(トリムE)の業務用 半身フィーレだから、解凍して好みの厚さに切るだけ!お店で食べるようなサーモンの刺身が味わえる。約6人前。


ウナギの蒲焼を食べる日

しばらくうなぎの蒲焼(うな丼、うな重)を食べていないと、土用の丑の日には、ウナギを食べないと!となってしまう。

ウナギの蒲焼は、何かきっかけがないと、普段から普通に食べようとは思わない(懐の問題ではなくて)。栄養がある、美味しいとはわかっているのだが、普段から「今日はうな重」とはならない。

その場で焼くウナギの蒲焼、炭火焼、うなぎ専門店のウナ重、ウナ丼などは、ふっくら香ばしく、ジューシーで多くの人が好み、感動するものだ。

しかし、美味しいからと言って。毎日のように食べていたりすると飽きてくる。ステーキもそうだ。(私の現状は、ウナギを食べる頻度はやや多めだ。飽きない、ご馳走的なタイミングで食べているから良いのだろう。)高級と呼称される食事、レストラン、料理も同じだ。

ウナギは淡水魚だ。泥を吐かせて、さばき焼いて、タレをつけて、さらに焼いてなど、とても手間がかかっている。日本の自然がもっと豊かであれば、あちこちでウナギの養殖がされたり、うなぎ漁がさかんで、普段の食事にウナギが当たり前に出るようになるのかな。

しかし、よくよく考えてみれば、うなぎの蒲焼は、ウナギそのものの素材、手間、味の特徴からして、ウナギが日本全国で豆腐や納豆を食べる食習慣のようにはならないだろう。

日本国民には、ウナギの蒲焼を食べる日として、土用の丑の日というウナギを食べる日まで定められている。

たまには、うな重、うな丼。土用の丑の日やたまのご馳走に食べたくなる味。たまのご馳走として食べるから美味しくて好まれるのだ。

特大サイズ 国産 うなぎの蒲焼 約200g×1尾


鹿児島県産うなぎ特大サイズ 約200g×1尾
鹿児島県大隅半島産の安全養殖で育てられた純国産「無頭うなぎ蒲焼」の特大サイズ!

活きのいいウナギを厳選して、職人がさばいて炭火で白焼きにする。ふっくら蒸し上げて、秘伝のタレに漬けて焼き上げること4回。レシピ付きで特大ウナギがいろいろ楽しめる。

送料無料、12:00までの注文で最短翌日お届け。2尾以上の注文はギフト用の化粧箱で配送してくれる。