ポーク一覧

豚肉はいろいろな料理に 牛肉はシンプルに 2

豚肉は、料理、加工に向いている。牛肉はシンプルに料理して食べるのが良い。

美味しくて人気のある、誰もが知っている豚肉を使ったメニューが物語る。

豚肉といえば、とんかつ、カツ丼、カツサンド。とんかつの王道は、衣は薄くサクサク、肉は柔らかく厚く、そして火が通っている。とんかつは、肉の質から揚げ方、何をつけるかなど様々だ。かなりのバリエーションがある。カツ丼は、溶き卵と汁の美味しさ。これもカツ(とんかつ)の質、揚げ具合など多彩だろう。

カツサンドは、それらのバリエーション豊富なカツ(とんかつ)をキャベツとともに、ソースと辛子(マスタード)をつけて、パンに挟む。カツサンドにおいては、パンのしっとりさが必要だと感じている。カツの衣は薄めがいい。 

生姜焼きは、誰でも簡単に作りやすくて美味しいものだ。生姜とタレはたっぷりと用意したい。 

豚肉とキャベツで作る美味しい野菜炒めに回鍋肉がある。 甜麺醤(テンメンジャン)、豆板醤などを入れて作る。

牛肉か豚肉かとなった時、私の場合、回鍋肉だけで豚肉を選びそうになる。そして、とんかつ、カツ丼。そして、ウインナー、焼き豚、チャーシューなど。

焼肉、ステーキとなれば、牛肉を選ぶが、範囲を広げれば、豚には、ベーコン、ウインナー、ソーセージ、ハム(焼豚)があるのだ。豚肉を使った料理には、回鍋肉、とんかつ、カツ丼がある。

餃子の基本は豚肉だ。シンプルな料理を食べるには、ほぼ焼くだけの牛肉がいいかもしれない。豚肉はひと手間かける、加工することで比べられないものとなる。

豚肉はヘルシーだと言われている。さらに、イベリコ豚の脂肪は体にとても良いようだ。

牛肉と豚肉どっちがいい?となると、一人暮らしや自炊のはじめのうちは、牛肉が良い。シンプルに一人分、フライパンで焼肉をしたり、ステーキを焼いたりする。これは簡単で美味しい。

料理に慣れてきたら、豚肉が良いかもしれない。

豚肉でも簡単にできるのが、ボイルか焼くかのソーセージ。カリカリに焼くだけのベーコン。豚肉の味噌漬けもなかなかののものだ。パックに入っていて、軽く焼くだけ(味噌を少し落としてから)。おかずの主役(メイン)に、酒のあてにもいい。

豚肉は一工夫して様々な特徴ある味、好まれる味ができる。

黒豚極みロース一袋 200g 5枚セット


黒豚 上ロース 5枚セット
脂身(白身)の絶妙な入り具合。黒豚一頭から数枚しか取れない希少部位。黒豚の甘みと旨みを味わえる!ステーキ、とんかつがおすすめ。


豚肉はいろいろな料理に。牛肉はシンプルに。

私にとって、肉と言えば牛肉だった。豚肉は嫌いでもないし、食べてみればそれなりにおいしい。とんかつ、カツ丼、生姜焼き、角煮、しゃぶしゃぶは、とても美味しい。

我が家では肉となると豚肉の場合が多くなっている。20年近く前から、すき焼きの肉が豚になっていたことから始まり、醤油を使う芋煮の肉も豚肉になった。時々、牛肉のすき焼き、牛肉と醤油の芋煮もあるが。

牛肉の赤身だけを食べる食事法などは別として、現代の一般的な考え方では、豚肉の方が体に優しく健康的と言う傾向にあるから豚肉でも良い。牛肉にこだわる事はないのだから。しかし、たまには牛肉も良いものだ。焼肉、ステーキ、すき焼きには牛肉がいい。

肉は、豚肉と牛肉どっちがいい?

豚肉には、先に挙げたメニュー以外にも、回鍋肉、味噌味の芋煮、キムチに豚肉、ウインナーソーセージ、焼豚、ハムなど豚肉の美味しいものはたくさんある。料理も多彩だ。イベリコ豚の脂肪は特に美味しくて、栄養たっぷり。

牛肉は、すき焼き、焼肉、ステーキなど。焼くだけのシンプルな食べ方ならば牛肉だ。

いつもは豚肉をいろいろ工夫して食べる、たまに牛肉をシンプルな調理法で食べるのが良いのではないだろうか。

国産やまと豚 1.5g


国産やまと豚 切り落とし肉 1.5kg

プロの料理人が指名買いするほど美味しい豚肉やまと豚の特徴は、肉質が柔らかく脂肪に甘みがあり、風味が良くて、調理してもアクが出にくい。 国際味覚審査機構 三ツ星受賞など他にも受賞多数!1.5kgは300gずつ5パックに小分けしてある。しかも冷凍で届く。豚丼、肉じゃが、野菜炒め、焼きそば、肉うどんなどにおすすめ。


ソーセージは茹でるか、焼くか

ソーセージは茹でるか焼くかという選択があるが、私は学生の頃、おかずとして食べていたソーセージは茹でていた。かむとパリッとした皮からあふれ出る肉汁が美味しいのだ。

ボイルしたほうが、皮が割れないから旨味が封じ込められて、旨味を十分に堪能できる。そして、油分、脂肪分においてもボイルした方が健康的である。100%ソーセージそのものを美味しく食べる始まるという点においては、ボイルして食べるのが良いだろう。

ボイルしたソーセージに何かつけて食べたいのならマヨネーズだ。ソーセージ専用のマスタード、粒マスタード、薬味などもあるようだが、ほとんどが強すぎると思う。ボイルしたソーセージには何もつけないか、マヨネーズで食べるのが手軽で良い。

ソーセージとなれば、ケチャップとの相性もいいはずだが、それはソーセージを焼いた場合だ。(グリルしたソーセージは、マヨネーズでも美味しい)

ボイルした場合はマヨネーズが良いと思う。おろし生にんにくとマヨネーズを混ぜたものを時々作って、ソーセージをつけて食べたことがあったが、これは生ニンニクの辛さで少し辛かった。

マヨネーズをソーセージにつけて食べる場合、何本かは何もつけないで食べると決めていても、ちょっとマヨネーズをつけてしまうと、ほとんどのソーセージにマヨネーズをつけて食べてしまうことがよくある。

ボイルしたソーセージは温かいうちが最高だ。(それでも火傷しないぐらいに冷めてから。)冷めると美味しさが格段に落ちる。

グリルしたソーセージは、冷めてもうまい。香ばしさ、少し焦げている部分が上手い。また、焼いたソーセージにはケチャップがとてもよく合う。

最近では、ソーセージは茹でるよりオーブンで焼く場合が圧倒的に多い。お酒を飲む時に焼いて、少し割れた皮、少し焦がしたところなど、焼いたソーセージを食べるのがワイルドで良いのだ。

焼く際に油がソーセージの表面につく、焼いて燻された香りもする。

国産 ソーセージ おまかせ4種類 1kg


ウインナーソーセージ 4種 1kg

ご飯のおかずに、焼いたり茹でたり、サンドウィッチ、揚げ物の具、天ぷらにしても美味しい。4種類以上のウィンナーが50~60本入っている。様々な味わいのウインナーソーセージだから飽きない!


おかずにソーセージ つまみにはハム

ハムとソーセージは、ギフトの詰め合わせでもらったり、冷蔵庫に常備する人も多いだろう。

私は目玉焼きにベーコンは好きで、ベーコンがないときはハムを焼く。しかし、起きてすぐの食事でソーセージは食べたくない。お腹いっぱいになってしまう。

食事というよりお酒を飲むのがメインの場合は、ハム、焼豚、チャーシューがつまみにとても良い。少しの量でたくさん飲める。少しずつ飲んでも、ゴクゴク飲んでもハム、焼豚、チャーシューはお酒のつまみにちょうど良い。

ソーセージはご飯のおかずに合っている。ビールによく合うようなイメージがあるが、ソーセージはソーセージとして美味しくて、おかずとしてのソーセージの方が良い。ソーセージは、酒に合う味ではあるが、酒を飲むのが中心である時、ソーセージはすぐになくなってしまう。

おいしく食べられて、ちょっとあればいいようなつまみにおいて、私はハム、チャーシュー、焼豚の方が良いと考える。

時間を気にせずに飲むのであってもハムが少しあればいい。ハムがあれば飲むのが少しずつになる。時間はいつの間にか過ぎる。1本だけ、小1時間飲むのであれば十分に満足する。

焼き豚、チャーシューなどは、ラーメン、つけ麺にも合う。

私は、ソーセージは、おかずに向いていると言いたい。酒にソーセージは美味しいものだが、ソーセージが何本あっても足りなくなるからだ。

金メダル受賞ウインナー ベーコンなど4種詰合せ 約800g


オールスターお取り寄せセット
本場ドイツ国際食品品質コンテスト受賞メダル1000個以上、金賞・銘柄豚のハム・ウインナーの豚肉ハム専門店「牧場産直 サイボク」のお取り寄せセット。サイボクでは、国産オリジナル銘柄豚ゴールデンポーク100%使用。

オールスターお取り寄せセットは、金メダル受賞の4種

  1. ポークウインナー
  2. ベーコン
  3. ビアサラミ(豚と牛の粗挽き)
  4. 極あらフランクフルトの詰め合わせ

「サイボク」から直送で届く。


ステーキでお腹いっぱい!たっぷりステーキ

おいしい肉、たまに食べたい肉といえばステーキ!柔らかいヒレ、ロース、モモなど美味しい部分をレア、ミディアム、ウェルダンなど、お好みの焼き加減で焼いて食べる。ビールにもよく合う。ご飯も進む。きめの細かい脂肪がいっぱいの柔らかい霜降り肉も、たまにはいいだろう。

赤身肉は、脂肪が少なくて鉄分・亜鉛・タンパク質が豊富。

ステーキの作り方は、肉を包丁の背でたたいて、塩・コショウを振って焼くだけ。ソースはステーキ用の専用ソースをフライパンに残った肉汁に混ぜて温めてステーキにかける。

ステーキソース以外では、大根おろしと醤油、ポン酢、天然塩などで食べるのもオススメだ。誰でも家で簡単に料理できる。

ステーキ本来の旨さ 分厚いステーキ 450g (1枚)


ステーキ肉 1ポンドステーキ
牛肉の美味しさは赤身にある。赤身の美味しさが特徴の分厚いステーキ「1ポンドステーキ」。

カナダ AAA グレード100%のリブアイロール。さらに熟成させた「熟成ビーフ100%」
ロースの中でも肉汁がいっぱいで柔らかいのが、真ん中の部分「リブアイロール」。
たっぷりの肉汁を肉に含ませて食べるには、肉に厚みが必要になる。

極上の赤身肉のステーキが1ポンドの厚みで、さらに美味しいステーキに。