ビーフ一覧

牛丼が食べたい!どこの牛丼にする?

牛丼には玉ねぎが入っていた方が良い。しかし、玉ねぎ嫌い、野菜嫌いの人にとっては玉ねぎは入っていない方が当然に良い。牛丼そのものの味が美味しくても、卵はあったほうがいいし、紅しょうがも少しだけあった方がいい。

業務用の牛丼の素(具)を食べることが多かった子供の頃、最初は美味しいが途中で食べたくなくなることがよくあったが、それは、つゆが多すぎるせいだった。つゆを最初からある程度捨てると、美味しい牛丼、好物の牛丼になった。袋の中のつゆを全部入れるのは、子供の頃の私にとっては多すぎたのだ。

吉野家の牛丼で、「つゆだく」と注文するブームがあった。私も「つゆだくで」と注文していたし、問題はなかった。

吉野家の牛丼は玉ねぎが少なめだ。すき家は、玉ねぎがしっかりと入っている。玉ねぎが目立つくらいだ。どちらも美味しい。

吉野家の牛丼は、安い・うまい・早いで評判となった。

このところ家で肉といえば、豚肉がメインになっている。牛肉を手軽に吉野家、すき家、松屋などで食べるのは、食を楽しむ上での幸せな気持ちになる。

牛肉が安い・うまい・早い。牛肉をたっぷりと美味しく、好きな時に一人でも気軽に食べられる松屋、吉野家、すき家だ。

この中でよく私が行っていたのは吉野家。すき家、松屋も人気がうなずける牛肉が食べられる店だ。牛肉を美味しく、早く、安く。

牛丼にしっかり玉ねぎがほしいのならば、すき家の牛丼。最もベーシックで定番のおいしさ、吉野家の牛丼。牛肉の定食ならば松屋の牛めし。

全国チェーンで評判の美味しい牛丼は、お店に行かないと食べられないはずが、何時でも温めるだけ、お店そのままの味でおいしく食べられる!

うちで好きな日、好きな時に食べたい。子どもから高齢の方まで、冷凍庫にあると便利なうまい牛丼が、うちで食べられる!牛丼の具!!

全国で有名なうまい牛丼の店の「牛丼の具」の出来たてを、急速冷凍。冷凍庫にストックしておけば、好きな時、いつでもご飯に乗せて、牛丼(牛めし)が食べられる!

「吉野家 牛丼の具」世界が認めた日本のおいしい牛丼 10袋セット


吉野家 冷凍牛丼の具  120g×10袋
吉野家 冷凍牛丼の具は、国際味覚審査機構で優秀味覚賞2ツ星を獲得している。

あなたが「美味しい」と思っているだけじゃない。世界が認めた「食べておいしい牛丼の具」なのだ。

「吉野家 冷凍牛丼の具」タレと牛肉がおいしい秘密

牛肉は熟成させると、甘みが出てきてまろやかで深みのある味になる。

牛肉は適正な温度で寝かせると、タンパク質がアミノ酸に変化する。さらにペプチドと言う成分が増える。

吉野家の秘伝のタレは、低温熟成。加熱しないで様々な材料時間をかけて熟成させている。ショウガを生ショウガに、ワインを増量するなどして、まろやかさと香りがアップして、さらに美味しくなった。

吉野家 冷凍牛丼の具は、牛丼以外にも料理の具材として使うのもオススメ。本格的なハッシュドビーフ、肉じゃが、ビーフサンドイッチ

吉野家のお店の味そのままに、うちで牛丼がおいしく食べられる。


霜降りのとろけるロース 黒毛和牛 牛肉

自宅で気軽にネット通販「黒毛和牛(ブランド牛)」をお取り寄せ。

お中元、贈り物に。自宅用は賢く(訳あり)がおすすめ!

黒毛和牛のA5等級とは?

黒毛和牛のA5等級について知っておこう。

A5等級の「A」(等級)は、肉、皮・骨・内臓の割合(比率)のこと。A~Cの段階に分類して、お肉の割合が最も高いのが「A」とされている。

A5等級の「5」(等級)は、霜降りの度合いのこと。1~5段階で表している。「5」は最も霜降り具合が高い。

黒毛和牛  霜降りクラシタロース 500g 2~3人前


クラシタロース スライス 500g
クラシタロースとは?肩ロースの一部で、昔、水牛に鞍をかけた部分からクラシタロース(鞍下ロース)と呼ばれている。

黒毛和牛A5等級の肩ロース(鞍下ロース)のやわらかくとろける食感と脂の甘みは、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどの鍋料理にオススメ!


ステーキでお腹いっぱい!たっぷりステーキ

おいしい肉、たまに食べたい肉といえばステーキ!柔らかいヒレ、ロース、モモなど美味しい部分をレア、ミディアム、ウェルダンなど、お好みの焼き加減で焼いて食べる。ビールにもよく合う。ご飯も進む。きめの細かい脂肪がいっぱいの柔らかい霜降り肉も、たまにはいいだろう。

赤身肉は、脂肪が少なくて鉄分・亜鉛・タンパク質が豊富。

ステーキの作り方は、肉を包丁の背でたたいて、塩・コショウを振って焼くだけ。ソースはステーキ用の専用ソースをフライパンに残った肉汁に混ぜて温めてステーキにかける。

ステーキソース以外では、大根おろしと醤油、ポン酢、天然塩などで食べるのもオススメだ。誰でも家で簡単に料理できる。

ステーキ本来の旨さ 分厚いステーキ 450g (1枚)


ステーキ肉 1ポンドステーキ
牛肉の美味しさは赤身にある。赤身の美味しさが特徴の分厚いステーキ「1ポンドステーキ」。

カナダ AAA グレード100%のリブアイロール。さらに熟成させた「熟成ビーフ100%」
ロースの中でも肉汁がいっぱいで柔らかいのが、真ん中の部分「リブアイロール」。
たっぷりの肉汁を肉に含ませて食べるには、肉に厚みが必要になる。

極上の赤身肉のステーキが1ポンドの厚みで、さらに美味しいステーキに。


厚くてやわらか、コリっとする牛肉!牛タン

牛タンは牛の舌の部分。牛タンは居酒屋メニュー、酒のつまみとしても、おかずとしても満足する歯ごたえ、独特の食感、うまみがある。

家で食べるときの調理は、解凍して焼くだけだから簡単だ。

牛タンのネット通販のお取り寄せ商品には、様々な味付けがされている。味噌漬け、塩漬けなどいろいろある。

牛タンの部位にしても、切り落とし部分を集めたお得な商品、牛の舌の部分でも最も美味しいと言われている部分のみの商品など様々だ。

柔らかくて程よい歯ごたえのある独特の食感、牛タンにしかない厚みと味わいを楽しむのオススメ!

牛タンの魅力 厚切り サクッとする食感 500g


特上 厚切り8mm 牛タン500g
じっくり十日間以上、熟成させた牛タン厚さ8 mm。牛タンの部位のなかでも柔らかい「ボディ(特上)」部分のみ。焼くだけで本場の味!

解凍方法は、食べる前日に冷蔵庫にうつして自然解凍する。

※常温での自然解凍、湯せん、電子レンジ、冷水だと温度変化によって鮮度が落ちるから注意すること。