精肉・肉加工一覧

お取り寄せできるこだわりの牛肉、豚肉、鶏肉。美味しいお肉、ハム、ウインナー、タレに漬け込んだ肉なども人気ネットショップから選んで紹介している。新鮮なまま冷凍、冷蔵で届くから安心!

豚肉はいろいろな料理に 牛肉はシンプルに 2

豚肉は、料理、加工に向いている。牛肉はシンプルに料理して食べるのが良い。

美味しくて人気のある、誰もが知っている豚肉を使ったメニューが物語る。

豚肉といえば、とんかつ、カツ丼、カツサンド。とんかつの王道は、衣は薄くサクサク、肉は柔らかく厚く、そして火が通っている。とんかつは、肉の質から揚げ方、何をつけるかなど様々だ。かなりのバリエーションがある。カツ丼は、溶き卵と汁の美味しさ。これもカツ(とんかつ)の質、揚げ具合など多彩だろう。

カツサンドは、それらのバリエーション豊富なカツ(とんかつ)をキャベツとともに、ソースと辛子(マスタード)をつけて、パンに挟む。カツサンドにおいては、パンのしっとりさが必要だと感じている。カツの衣は薄めがいい。 

生姜焼きは、誰でも簡単に作りやすくて美味しいものだ。生姜とタレはたっぷりと用意したい。 

豚肉とキャベツで作る美味しい野菜炒めに回鍋肉がある。 甜麺醤(テンメンジャン)、豆板醤などを入れて作る。

牛肉か豚肉かとなった時、私の場合、回鍋肉だけで豚肉を選びそうになる。そして、とんかつ、カツ丼。そして、ウインナー、焼き豚、チャーシューなど。

焼肉、ステーキとなれば、牛肉を選ぶが、範囲を広げれば、豚には、ベーコン、ウインナー、ソーセージ、ハム(焼豚)があるのだ。豚肉を使った料理には、回鍋肉、とんかつ、カツ丼がある。

餃子の基本は豚肉だ。シンプルな料理を食べるには、ほぼ焼くだけの牛肉がいいかもしれない。豚肉はひと手間かける、加工することで比べられないものとなる。

豚肉はヘルシーだと言われている。さらに、イベリコ豚の脂肪は体にとても良いようだ。

牛肉と豚肉どっちがいい?となると、一人暮らしや自炊のはじめのうちは、牛肉が良い。シンプルに一人分、フライパンで焼肉をしたり、ステーキを焼いたりする。これは簡単で美味しい。

料理に慣れてきたら、豚肉が良いかもしれない。

豚肉でも簡単にできるのが、ボイルか焼くかのソーセージ。カリカリに焼くだけのベーコン。豚肉の味噌漬けもなかなかののものだ。パックに入っていて、軽く焼くだけ(味噌を少し落としてから)。おかずの主役(メイン)に、酒のあてにもいい。

豚肉は一工夫して様々な特徴ある味、好まれる味ができる。

黒豚極みロース一袋 200g 5枚セット


黒豚 上ロース 5枚セット
脂身(白身)の絶妙な入り具合。黒豚一頭から数枚しか取れない希少部位。黒豚の甘みと旨みを味わえる!ステーキ、とんかつがおすすめ。


牛肉といえば すき焼き、ステーキ、焼肉!

食べてすぐ寝ると牛になる、と昔から言われているが、食後はすぐに横になった方が体には優しい。身体が消化に集中できるからだ。しかし、食後は動いている方が太りにくい。アルコールの代謝も早い。酔いが冷めやすい。

だからと言って、動きすぎると酔いが回りやすくもあるから注意が必要だ。

歯を磨いたり、食器を片付けるなどして動くのがいいだろう。

我が家では肉と言えば牛肉だったのが、考えてみればここ十数年、豚肉になっている。

牛肉はたまに食べる。牛肉は贅沢という考えからすると、牛丼、牛めしは贅沢なものだ。

たまに食べる御馳走の牛肉といえば、すき焼き、ステーキ、焼肉が代表的だ。脂肪の少ない赤身肉だけを食べる身体作りもポピュラーだ。

牛肉はどう料理するか?

美味しいすき焼き、ステーキ、焼肉の作り方、食べ方!

すき焼きのタレの基本は、酒:砂糖:醤油を1:1:1の割合にすること。これだけだ。

すき焼きの鍋は、牛肉の脂を使って、タレを入れて牛肉を入れる。水は入れないで野菜、豆腐の水分だけ。すき焼きの具材を食べ終えたら、だし汁を入れて、うどんを入れる。すき焼きの味の付いたウドンを卵で食べる。

ステーキは、ステーキ用の牛肉を包丁の背を使って叩いて伸ばす。

ステーキの肉は叩くことでずいぶん薄くなる。身も柔らかく、ほぐれているようになる。塩、コショウで味付けをしてフライパンで焼く。鉄板焼き、炭火焼、バーベキューコンロなどでももちろん良い。焼き加減は好みで、火を軽く通した程度、しっかり焼いたり。

ステーキのソースのポイントは、ステーキを焼いた後、フライパンの中にあるステーキの肉汁とソースを合わせて作るということ。

付け合わせも簡単においしくできる。人参、ブロッコリーなどステーキを焼いた直後のフライパンで焼くだけ。

焼肉に至っては、ひんぱんにホットプレート、バーベキューコンロ、網などを自宅で用意するのは何かと大変だから、1~2人分であれば、フライパンで焼く。思いついた時、食べたい時にいつでも牛肉の焼肉が食べられる。

満足する焼肉の食事にするには、キムチを用意すると良い。冷麺もあると本格的だ。

黒毛和牛  霜降りクラシタロース 500g 2~3人前


クラシタロース スライス 500g
クラシタロースとは?肩ロースの一部で、昔、水牛に鞍をかけた部分からクラシタロース(鞍下ロース)と呼ばれている。

黒毛和牛A5等級の肩ロース(鞍下ロース)のやわらかくとろける食感と脂の甘みは、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどの鍋料理にオススメ!

黒毛和牛のA5等級とは?

黒毛和牛のA5等級について知っておこう。

A5等級の「A」(等級)は、肉、皮・骨・内臓の割合(比率)のこと。A~Cの段階に分類して、お肉の割合が最も高いのが「A」とされている。

A5等級の「5」(等級)は、霜降りの度合いのこと。1~5段階で表している。「5」は最も霜降り具合が高い。


焼き鳥のタレというのは、ありがたい

子供の頃、照り焼きローストチキンなどはよく食べたものだ。今でもご馳走だが、このところ食卓にあげるのは唐揚げが多い。

唐揚げは飽きない甘さで、そのままでも醤油をつけてもうまいものだ。唐揚げと言えば、ローソンのからあげクンはロングセラーだ。10個くらい買って、全部1人で食べたことがある。学生の頃、チリソースをかけた唐揚げとご飯大盛りの弁当が安くて旨くて評判の店に通っていたことがある。一人暮らしをしている頃、出来たての弁当の店には、よく通っていた。

焼き鳥などは、ねぎまが一番好きだ。ねぎまとは、鶏肉とネギが交互に串に刺してある焼き鳥のことだ。塩とタレ、どちらも美味しい。鶏肉の旨味、ネギの旨味が味わえる。つくねの人気はポピュラーだが、わたしにとっては少し意外だ。確かに美味しいのだが、この意外さは、つくねは焼き鳥のジャンルに入るのか?というところから来るものではないかと気が付いた。鶏肉のレバーなどもとても美味しい。

タレの焼き鳥はうまいが、毎日のように何本も食べたり、普段からよくタレの焼き鳥を食べる機会があると、塩の焼き鳥の方が良くなるということがある。

塩で食べる焼き鳥は、シンプルな味で楽しめるから良いのだろう。また、焼き鳥に塩の味付けは自分でもできるから、焼き鳥に塩がしばらく続くと(塩で焼き鳥を食べていると)、タレで食べる焼き鳥がありがたくなってくる。

タレの焼き鳥は、自分ですぐに美味しく作ることはできないからだ。(焼き鳥のタレは売っているかもしれないが)照り焼きローストチキンのタレもそうだが、焼き鳥のタレを塗った焼き鳥は有難いものなのだ。

水郷どり 人気鶏肉料理のお試しセット 5品


噂のトリ逃がすなセット
千葉にある「水郷のとりやさん」から、こだわりの鶏肉「水郷どり(国産)」を使ったグルメ大賞2005受賞の人気鶏肉料理の美味しいセット。

創業80余年の伝統とこだわり!

  1. 本格派やきとり丼
  2. 特上ももやき鳥
  3. もも揚げ鶏のねぎソース
  4. 自然卵たっぷりの衣。むね肉の唐揚げ
  5. 昔ながらの蒸し釜で蒸した水郷どり特選もも蒸し焼き

牛丼が食べたい!どこの牛丼にする?

牛丼には玉ねぎが入っていた方が良い。しかし、玉ねぎ嫌い、野菜嫌いの人にとっては玉ねぎは入っていない方が当然に良い。牛丼そのものの味が美味しくても、卵はあったほうがいいし、紅しょうがも少しだけあった方がいい。

業務用の牛丼の素(具)を食べることが多かった子供の頃、最初は美味しいが途中で食べたくなくなることがよくあったが、それは、つゆが多すぎるせいだった。つゆを最初からある程度捨てると、美味しい牛丼、好物の牛丼になった。袋の中のつゆを全部入れるのは、子供の頃の私にとっては多すぎたのだ。

吉野家の牛丼で、「つゆだく」と注文するブームがあった。私も「つゆだくで」と注文していたし、問題はなかった。

吉野家の牛丼は玉ねぎが少なめだ。すき家は、玉ねぎがしっかりと入っている。玉ねぎが目立つくらいだ。どちらも美味しい。

吉野家の牛丼は、安い・うまい・早いで評判となった。

このところ家で肉といえば、豚肉がメインになっている。牛肉を手軽に吉野家、すき家、松屋などで食べるのは、食を楽しむ上での幸せな気持ちになる。

牛肉が安い・うまい・早い。牛肉をたっぷりと美味しく、好きな時に一人でも気軽に食べられる松屋、吉野家、すき家だ。

この中でよく私が行っていたのは吉野家。すき家、松屋も人気がうなずける牛肉が食べられる店だ。牛肉を美味しく、早く、安く。

牛丼にしっかり玉ねぎがほしいのならば、すき家の牛丼。最もベーシックで定番のおいしさ、吉野家の牛丼。牛肉の定食ならば松屋の牛めし。

全国チェーンで評判の美味しい牛丼は、お店に行かないと食べられないはずが、何時でも温めるだけ、お店そのままの味でおいしく食べられる!

うちで好きな日、好きな時に食べたい。子どもから高齢の方まで、冷凍庫にあると便利なうまい牛丼が、うちで食べられる!牛丼の具!!

全国で有名なうまい牛丼の店の「牛丼の具」の出来たてを、急速冷凍。冷凍庫にストックしておけば、好きな時、いつでもご飯に乗せて、牛丼(牛めし)が食べられる!

「吉野家 牛丼の具」世界が認めた日本のおいしい牛丼 10袋セット


吉野家 冷凍牛丼の具  120g×10袋
吉野家 冷凍牛丼の具は、国際味覚審査機構で優秀味覚賞2ツ星を獲得している。

あなたが「美味しい」と思っているだけじゃない。世界が認めた「食べておいしい牛丼の具」なのだ。

「吉野家 冷凍牛丼の具」タレと牛肉がおいしい秘密

牛肉は熟成させると、甘みが出てきてまろやかで深みのある味になる。

牛肉は適正な温度で寝かせると、タンパク質がアミノ酸に変化する。さらにペプチドと言う成分が増える。

吉野家の秘伝のタレは、低温熟成。加熱しないで様々な材料時間をかけて熟成させている。ショウガを生ショウガに、ワインを増量するなどして、まろやかさと香りがアップして、さらに美味しくなった。

吉野家 冷凍牛丼の具は、牛丼以外にも料理の具材として使うのもオススメ。本格的なハッシュドビーフ、肉じゃが、ビーフサンドイッチ

吉野家のお店の味そのままに、うちで牛丼がおいしく食べられる。


豚肉はいろいろな料理に。牛肉はシンプルに。

私にとって、肉と言えば牛肉だった。豚肉は嫌いでもないし、食べてみればそれなりにおいしい。とんかつ、カツ丼、生姜焼き、角煮、しゃぶしゃぶは、とても美味しい。

我が家では肉となると豚肉の場合が多くなっている。20年近く前から、すき焼きの肉が豚になっていたことから始まり、醤油を使う芋煮の肉も豚肉になった。時々、牛肉のすき焼き、牛肉と醤油の芋煮もあるが。

牛肉の赤身だけを食べる食事法などは別として、現代の一般的な考え方では、豚肉の方が体に優しく健康的と言う傾向にあるから豚肉でも良い。牛肉にこだわる事はないのだから。しかし、たまには牛肉も良いものだ。焼肉、ステーキ、すき焼きには牛肉がいい。

肉は、豚肉と牛肉どっちがいい?

豚肉には、先に挙げたメニュー以外にも、回鍋肉、味噌味の芋煮、キムチに豚肉、ウインナーソーセージ、焼豚、ハムなど豚肉の美味しいものはたくさんある。料理も多彩だ。イベリコ豚の脂肪は特に美味しくて、栄養たっぷり。

牛肉は、すき焼き、焼肉、ステーキなど。焼くだけのシンプルな食べ方ならば牛肉だ。

いつもは豚肉をいろいろ工夫して食べる、たまに牛肉をシンプルな調理法で食べるのが良いのではないだろうか。

国産やまと豚 1.5g


国産やまと豚 切り落とし肉 1.5kg

プロの料理人が指名買いするほど美味しい豚肉やまと豚の特徴は、肉質が柔らかく脂肪に甘みがあり、風味が良くて、調理してもアクが出にくい。 国際味覚審査機構 三ツ星受賞など他にも受賞多数!1.5kgは300gずつ5パックに小分けしてある。しかも冷凍で届く。豚丼、肉じゃが、野菜炒め、焼きそば、肉うどんなどにおすすめ。